血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

血界の眷属(ブラッドブリード)

ヴァルクェル・ロッゾ・ヴァルクトヴォエル・ギリカ

CV:能登麻美子
「長老級(エルダー級)」と呼ばれる、高位の血界の眷属。眷属として転化させた元人間のトーニオと共に行動しており、彼からは「マスター・シニョリータ」と呼ばれている。スティーブンとK・Kが彼女と戦闘を行うも、軽々と圧倒されてしまう。だがその後、レオナルドが神々の義眼を用いて血界の眷属の唯一の弱点「諱名」を読み解いた為、クラウスの血法によって封印されることとなる。

トーニオ・アンドレッティ

CV:置鮎龍太郎
ギリカの眷属。元はマフィアのチンピラだった。ヘルサレムズ・ロッドの外にいたものの、ボスの付き人として、しかしその実、所属マフィアの人身御供として、この地にやってくることとなった。非常に明るく前向きな性格をしており、ギリカ曰く転化させる素材としては、この性格も含めて逸材であったとのこと。
転化後、まもなくライブラと戦闘。長老級のギリカの眷属とは言え、転化してあまり時間が経っていなかった為に実力が不足しており、クラウスの手によって仕留められる。現在はギリカを封印したライブラを恨みながら、身体を再生させているもよう。

オズマルド

CV:立木文彦
地下闘技場「e-den」のオーナー。元、地下闘技場の不倒チャンピオンで、通称「拳豪オズマルド」。しかし正体は、オズマルドの死体の中に入って「使っていた」血界の眷属である。
人類への敵意はなく、純粋に拳闘が好きなだけのもよう。オズマルドの死体を使ったのも、そうした体を用いて力を制限して戦わなければ、相手が死んでしまう為だという。なお、オズマルド自身を殺した相手も彼ではないとのこと。地下格闘技場でクラウスが見せた戦いぶりを称賛し、正体がバレてもクラウスを殺すことはなく、吹き飛ばしただけですぐに姿を消した。その後の行方は知れない。

エルルエル・ルカンド・ロゾ・ティエトカゥア・ギ・ムルムハヴァト

インド国軍グワーリヤル空軍基地を丸ごと滅ぼした眷属。
インドで裸獣汁外衛賤厳とツェッドと交戦し、上半身と下半身に分断されたが下半身だけでもライブラの面々と渡り合った程の上位存在。
下半身は空間連結術式でインドからHL(ヘルサレムズ・ロット)まで裸獣汁外衛賤厳ごと移動し、上半身はツェッドに航空機の先端に縛り付けられて空路でHL(ヘルサレムズ・ロット)まで移動させられた。
ザップとツェッドによるコンビネーションでダメージを受けた直後にクラウスに密封される。

ザメドル・ルル・ジアズ・ナザムサンドリガ

CV:鈴村健一
イヌの骨と食虫植物が合わさったような姿形をしている、異界の生物「食獣動植物」をペットにしている血界の眷属。傲慢な性格をしている。3年前のNY(ニューヨーク)大崩落事件の際に、ペットに食事をさせる為にブラッドベリ総合病院を襲撃。ルシアナ含め、病院内にいる人々を襲う。その際、病院に訪れていたクラウスとスティーブンと交戦するも、最中にニューヨークがヘルサレムズ・ロッドとして再構築され終えた為に手を引いた。
3年後、元にブラッドベリ総合病院である幻界病棟ライゼズに襲来。喰いかけの患者を食しに来たようだが、その場にいたクラウス達と再び交戦することに。しかし傲慢な性格が災いし、神々の義眼を持つレオナルドがその場に居ることに気づくのが遅れる。結果、諱名を読み解かれ、クラウスに密封される。
食獣動植物はその後、ルシアナが引き取り飼っているもよう。

アラン・フォスター

CV:てらそままさき
K・Kの息子ケインのクラスメイト、キャロライン・フォスターの父親。しかし実は人間ではなく、血界の眷属。訳があって、人間であるキャロラインを育てている。
用心棒稼業を行って暮らしていたが、麻薬取引現場の護衛任務中にライブラと戦うことになる。しかし実際に交戦をしたのは、首から下だけであり、首から上はキャロラインの授業参観に参加していた。が、同じくケインの為に授業参観に来ていたK・Kがその正体を見破る。K・Kは牙狩りとして彼を狩ろうとするもの、そこへ息子達が現れたことで戦意を失う。アランの命を奪わずにK・Kは息子と共に帰宅する。
その後、アランはキャロラインを守る為に、彼女と共にヘルサレムズ・ロッドから離れることにする。
なお、キャロラインは父の正体が血界の眷属だとは知らない。

タイクーンブラザーズ

ズールディーズオークション会場のボディーガードとして雇われた、2人の血界の眷属。「ブラザーズ」とつくように、兄弟の血界の眷属であるとされ、常に2人で行動をしているらしい。
その見た目は人間の青年となんら変わりないが強大な力をもっており、長老級の実力の持ち主として界隈に名を馳せている。ズールディーズオークション閉催後は行方知れずになったカロプス人蠱の中身の捜索を行うなかで、ライブラと交戦。圧倒的力で持ってその場を制しかけたが、レオナルドの神々の義眼にやられてしまう。しかし完全に倒されたわけではなく、その後もカロプス人蠱の中身を取り戻す為にライブラの面々を追いかけている。

その他の人々

ミシェーラ・ウォッチ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)とは、1997年3月4日生まれ東京都出身の人気ラップシンガー。ニコニコ動画で注目され、2012年高校生のときにインディーズレーベルから歌手デビューした。2015年にメジャーデビューし、2017年にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌となった、米津玄師とのコラボ曲「打上花火」が大ヒットした。国内外でライブを成功させている注目の若手である。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン、USG)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKENは日本の4人組ロックバンド。通称バンプ。 星や宇宙を題材にした曲やMVが多く、音楽性のスタイルはエモーショナル・ハードコアに分類され、デビュー以来一貫している。 抽象的で物語性のある歌詞も魅力で、独特の世界観を構築。その世界観はファンを虜にしてやまない。 デビュー時には若い世代を中心に人気を集め、今もそのファンたちは熱狂的なファンとして定着している。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

目次 - Contents