血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

同じく、原作・アニメ第1話「魔封街結社」でのクラウスの台詞。
周囲を包囲する警察に、己の決闘術を使って道を切り開いたクラウス。その直後に、レオナルドとザップに向けて放った台詞となっている。
「世界の均衡」を守る為に暗躍するライブラのリーダーらしい台詞でありながら、血界戦線という物語のあらましを一言で表した台詞という印象も受け取ることができる。ただ単純に「世界を救う」ではなく、「手始めに」といった予想外の言葉がついていることから、この作品が他の世界を救済することを目的としたタイプの物語とは一線を画した、独特な世界観をもつことが感じられるだろう。その為か、アニメ『血界戦線』の公開時の宣伝では、キャッチコピーの一つとしても扱われることとなった。

スティーブン「それでいいんだよ、化け物のお嬢さん 千年かかろうが千五百年かかろうが 人類は必ず君達に追いつく 不死者を死なせるという矛盾を御する日がきっと来る そう、これは大いなる時間稼ぎだ」

原作ストーリー『BLOOD LINE FEVER』、アニメ『血界戦線』第3話『世界と世界のゲーム』でのセリフ。

血界の眷属のギリカとの戦闘中にスティーブンが口にした台詞。
「長老級」と呼ばれる、眷属の中でも高位の存在にあたるギリカとの戦闘は、ライブラ主要構成員であるスティーブンの力をもってしても互角に戦うことが難しく苦戦を強いられる。あまりの力量差にボロボロになった彼とその仲間達の姿を前に、己達人間を侮るような物言いを始めたギリカに対してスティーブンが口にしたのがこの言葉である。
普段は何事にも飄々としているスティーブンであるが、自分達が彼女を倒せる程の力がないことを自覚した上で、それでもなお、倒せるべきいつかの時の為に死力を尽くすさまは、彼もまたクラウス率いるライブラメンバーの1人であることを再認識させるものとなっている。彼の胸の中に宿る、ライブラメンバーとしての強い信念を垣間見れる瞬間だ。

クラウス「目を凝らすのだスティーブン 光はある 諦めて引き返すにはもう半歩ある たった半歩だっと思うか? 違う 我々が全身全霊を賭ける半歩だ」

原作・アニメ『血界戦線 & BEYOND』第2話『幻界病棟ライゼズ』でのクラウスの台詞。
このストーリーはヘルサレムズ・ロッドが生まれた大きなきっかけである、NY(ニューヨーク)大崩落に纏わる話をしている回である。3年前に起きた大崩落。共にNYにいたクラウスとスティーブンは大崩落に巻き込まれてしまう。その際、2人が避難したブラッドベリ総合病院が血界の眷属に襲われてしまう。
病院を見捨てて逃げるか、それとも眷属と戦い病院を守るかの選択を迫られる2人。スティーブンは前者を取るが、クラウスは後者を取る。スティーブンの実力を信じ、己が血界の眷属と戦える限界である100秒という時間の中で病院を救い出すようにと指示をする。その案に渋るスティーブンにクラウスが告げた言葉が、この台詞となっている。
血界の眷属という絶対的な力を持った敵を前に、それでも人々を助けることを優先し、そして小さな可能性にも全身全力で挑み掴もうとするクラウス。その姿勢にはスティーブンだけではなく、読者の胸にも響くものがあるはずだ。

ザップ「だから何だ 相手によって怒り方を変えんのかてめぇらは」

原作・アニメ『血界戦線 & BEYOND』第7話『鰓呼吸ブルース』での、ザップ・レンフロの台詞。
ツェッドが地上で生きる為に必要な呼吸器「エアギルス」が奪われてしまった事件を描く『鰓呼吸ブルース』。エアギルスはツェッドが地上で生きる為に必要な呼吸器。半魚人である彼は他の人々や異界の存在とは違い、鰓で呼吸をしている。「エアギルス」はそんな彼が地上でも呼吸ができるようにと開発された呼吸器だ。しかしそれをレアなヘッドフォンと勘違いした、軍需産業「ヴァルハラ・ダイナミクス」の総帥ミラが奪い取ってしまう。
この台詞は奪われたエアギルスを取り戻す為に、レオナルド、チェイン、ザップの3人がヴァルハラ・ダイナミクスに乗り込む際にザップが口にしたものである。「エアギルス」を取り戻そうにも、相手はいわゆる戦争事のプロ。レオナルド達3人の内2人は非戦闘要員の為、どのように乗り込もうかと算段をしている内にザップが一人正面突破で乗り込もうとする。慌ててそれを止めるレオナルドとチェインにザップが返したものが、この台詞となっている。
直感と本能で動くザップらしい台詞であると同時に、日々、ツェッドと文句悪口言い争いばかりな関係でありながらも兄弟子として、一ライブラメンバーとして仲間である彼のことを大事に思う側面があることがわかる台詞ともいえる。

ミシェーラ「知ってますか? 亀はその構造上後ろに下がる事が出来ないんだそうです。昔これを聞いた時真っ先に兄を思い浮かべました 足がすくんで動けなかったり 途方に暮れて立ち尽くしてもこの人は絶対に逃げない うずくまってじっと耐えていつかまた歩き出す 私の亀の騎士」

原作・アニメ第2期『血界戦線 & BEYOND』第12話、第13話にあたる『妖眼幻視行』でのミシェーラの台詞。
結婚報告を兼ねて、自分と自分の婚約者に取り憑いていたDr.ガミモヅの存在をレオナルドに伝える為、ヘルサレムズ・ロッドにやってきたミシェーラ。そんなミシェーラをDr.ガミモヅから命がけで守った結果、ボロボロになったレオナルドは幻界病棟ライゼズに運ばれる。これはそんな彼が治療を受けてベッドで静かに眠っているその時、ミシェーラがクラウスとした会話の一端である。ミシェーラにとってのレオナルドという人物への印象、思い、そしてウォッチ兄妹の強い絆の一端を感じ取れる台詞となっている。
またアニメ第1期放送時には、原作内に実在する「亀の騎士(トータスナイト)」であるレオナルドを描いた落書きが、ED内の映像として使用されている。第1期にミシェーラが深く関わることはないが、ウォッチ兄妹の境遇と似たものがあるマクベス兄妹を助ける為に身体をはりボロボロになるレオナルドの姿は、正しくこの「亀の騎士」像を彷彿とさせるものがある。レオナルドというキャラクターの真髄を語るに相応しい、妹の言葉である。

『血界戦線』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

スティーブン、ツェッド、チェインのモデルとなった人物達がいる

『血界戦線』には、実は幾人か、モデルとなった人物がいることが作者の口から明かされている。
たとえば秘密結社ライブラの副官的ポジションであるスティーブンは、人気俳優の堺雅人がモデルであることが明かされている。劇場映画版『クライマーズ・ハイ』にて佐山達哉役を務めた時の彼をモデルに、その容姿が作られたという。
さらに、容姿がモデルとされているのは人類キャラだけではない。同じく秘密結社ライブラの構成員であり、半魚人であるツェッドにも、モデルがいたという。アメリカの漫画家マイク・ミニョーラの作品『ヘルボーイ』のキャラクター、エイブラハム・サピエンその設定からデザインが似せられている。と言っても、作者曰く、このことに気づいたのは後の出来事であり、無意識の内に手本にしていたもようだ。
無論男キャラクターだけではなく、同じく秘密結社ライブラの構成員である女性キャラクターのチェイン・皇にもモデルが存在している。ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』に出演していた女優、真木よう子がそのモデルだという。曰く「真木よう子であれば、(作業中の)モチベーションが下がらない」と、モチベーションあげのためのキャラクターだったようである。

『拳客のエデン』はアメリカ映画『アリーナ』を元ネタとしている

元ネタとなるモデルがあるのは、何もキャラクター達に限った話ではない。原作コミック『血界戦線 4巻』のサブタイトル兼収録話であり、アニメ『血界戦線』では第7話の『拳客のエデン』には、元ネタとなった作品があることが作者のTwitterにより明かされている。
元ネタはアメリカ映画の『アリーナ』。1990年に放映された映画であり、宇宙にある格闘技場で繰り広げられる、異種格闘技戦、つまりは様々な宇宙人が入り乱れているボクシング大会に臨むことになった、一人の地球人の話となっている。様々な敵と、次々試合を行っていく展開となっており、『拳客のエデン』にてもクラウスが地下闘技場を舞台に様々な選手達と試合を行うシーンが描かれている。細かい人物描写は少なめに、ただひたすらにSF的な小道具を用いて試合を見せていくことに面白さを賭けている『アリーナ』に通ずる展開であり、地下闘技場という限られた空間、異界生物達というヘルサレムズ・ロッドならではの混沌な敵達もまた、この映画に通ずるものがあるといえるだろう。

ナイジェリアの格闘技「ダンベ」は、クラウスの戦闘スタイルに似ている

血法「ブレングリード流血闘術」の使い手であるクラウス。拳に徹した独特なスタイルでもって戦う彼だが、実は現実にも彼の戦闘スタイルに非常に似通った格闘技があるという。
それが「ダンベ」。ナイジェリアに住まうハウサ人の間に伝わるに打撃系格闘技だ。左手を「盾」とした防御とし、右手を「槍」として攻撃を繰り出す格闘技だという。1試合3ラウンド方式での試合であり、1ラウンドに時間制限は存在しない。選手の体が地面に触れるか、どちらかが動けなくなるまで、または審判が中止宣言をしたとき、ラウンドが終了する。
元は村の作物の収穫期に行われる祭りの一環だった。現在は賞金も出る興業的な試合も行われているもよう。

アニメ『血界戦線』に起きた事件、4ヵ月の放送延期を行った最終回

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKENは日本の4人組ロックバンド。通称バンプ。 星や宇宙を題材にした曲やMVが多く、音楽性のスタイルはエモーショナル・ハードコアに分類され、デビュー以来一貫している。 抽象的で物語性のある歌詞も魅力で、独特の世界観を構築。その世界観はファンを虜にしてやまない。 デビュー時には若い世代を中心に人気を集め、今もそのファンたちは熱狂的なファンとして定着している。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)とは、1997年3月4日生まれ東京都出身の人気ラップシンガー。ニコニコ動画で注目され、2012年高校生のときにインディーズレーベルから歌手デビューした。2015年にメジャーデビューし、2017年にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌となった、米津玄師とのコラボ曲「打上花火」が大ヒットした。国内外でライブを成功させている注目の若手である。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

【血界戦線】両作品に登場する声優まとめ【銀魂】

『血界戦線』とは、異界と人界が交わる街「ヘルサレムズ・ロット」で、様々な超常的事件に挑む秘密結社ライブラの活躍を描いた内藤泰弘の漫画作品である。 2015年にアニメの放送が開始され、その高いクオリティと声優陣の熱演が話題となった。特に声優陣は人気と実績のある者たちばかりで、アニメ版『銀魂』にも参加している者が多い。両作品で演技を披露している声優を紹介する。

Read Article

【あつ森】Fate/Grand Order絶対魔獣戦線バビロニアの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気スマホゲーム『Fate/Grand Order』のストーリー『絶対魔獣戦線バビロニア』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents