血界戦線(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『血界戦線』は、内藤泰弘の読み切り漫画を基に生まれた、SF伝奇アクション漫画である。2010年から『ジャンプSQ』で連載を開始。その後、幾度もの連載先の移動を繰り返しながらも連載を続けている。舞台は異界と人界が入り混じった元NYの「ヘルサレムズ・ロッド」。そこで世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社「ライブラ」の日々を描く物語となっている。「技名を叫んでから殴る漫画」というコンセプトに加え、無法地帯なんでもアリな突飛な世界観と色濃い性別年齢人種豊かなキャラクター達に、多くの反響が寄せられている。

HLで暗躍する超人秘密結社。世界の均衡を保つことを目的に、ヘルサレムズ・ロットを中心に起きる様々な超常現象、異界犯罪などの問題を秘密裏に解決する活動をしている。
その正体は、「牙狩り」と呼ばれる組織の派生組織。世界規模で展開する大型の組織であり、血界の眷属(ブラックブリード)達吸血鬼狩りを行っている。「牙狩り」としての特殊能力を持つメンバーに加え一般人のメンバーもおり、表向きは別の仕事についている者もいたり、さらには各個人ごとに独自の組織や人脈などを持つ者もおり、その全貌を把握している者は誰一人としていない。そんな不特定要素を持つ構成での活動なこともあり、あらゆる方面から恨まれている面があり、時としては利益目的で構成員から離反者が出る場合もある。
尚、このような活動目的でありながらも、公式には非合法組織の扱いであるらしい。警察からの協力要請が出る場合もあるが、ダニエル・ロウ警部補からは「逮捕したいのは山々」と言われたりもしている。

血界の眷属(ブラッドブリード)

人間のDNAに直接術式を書き込み改造する形で作りあげられた、異界の住人。誰がなんのためにそんなことをしたのかは不明。人智を越えた何かしらの存在が関与していることだけが推測されている。
外見は人間と全く変わらない。しかし鏡やカメラといった光学機器などに、その姿が写ることはない。にんにくや銀、日光を嫌い、心臓に杭を打たねば死なないなど、吸血鬼に近しい伝承も存在している。緋色の羽のような光をまとっているという伝承もあり、実際にレオナルドが神々の義眼を通してその光景を目にしている。
ヘルサレムズ・ロッドができる以前から存在している。だが異界と人界の間に締結された条約の全てを無視しており、昔から人界に対し、害を為し続けている。
戦闘能力は非常に高く、特に「長老級(エルダー級)」と呼ばれる高位の眷属は、人外レベルの力を持つライブラの面々をはるかに上回るものとなっている。さらに高い再生能力をもっており、その能力故に不死身の存在となっている。血法のような、対血界の眷属用の特殊な戦闘術でなければまともなダメージも与えられないが、それでも完全に倒すことは不可能である。変身能力も持っており、蝙蝠や怪物といったものに姿形を変えられる他、他人の死体に入り操ることもできる。
ただし弱点がないわけではなく、諱名を知られることで力が弱まるといった点を持っている。また血法の中でも、ブレングリード流血闘術だけは彼らを封印することが可能となっている。

神々の義眼

異界の存在リガ=エルが、レオナルド・ウォッチに移植した眼。通常の生き物の目よりも、動体視力に優れている上、見破ることの難しいハイレベルの幻影を見破ったり、他人の視覚の支配、他人の過去に目で見た記憶を引き出すなど、様々な能力を持っている。ただし、使い過ぎると目が熱くなり、目まわりのやけどに加え、目自体にヒビが入る場合もある。
さらには血界の眷属のオーラ、弱点である諱名を見ることも可能であり、血界の眷属にとっては強敵な存在といえよう。

ブレングリード流血闘術

クラウスが使う格闘技、体術。拳による打撃を主な基本戦術としており、その他に血で巨大な剣や盾を作り、攻撃や防御に使用する。武具として左手にナックルガードをつけている。右手にはグローブが装着されており、こちらからは十字架型の小盾を空中に大量展開することが可能となっている。しかし、その戦闘方法から多くの血液を消費してしまう為、長時間の戦闘では貧血、場合によっては失血死すらもすることがあるという。
十字盾の強度は本作内で一番と言っても過言ではない。唯一破壊することができたのは、時間の超加速を行うことであらゆるものを一瞬で風化させるという神製兵器の適合者キュリアスのみである。キュリアスいわく、クラウスの技は時間操作に関わる力、「時に手をかける」能力ではないかという分析がなされている。
また、クラウス自身の戦闘スタイルは、片腕を「盾」に、もう片腕を「槍」に見立てた、重装歩兵ような構えとなっている。これは、拳以外の近接格闘における攻撃手段を廃したスタイルとなっており、通常の人間には決して真似できない、鍛錬の極み故のスタイルとなっている。

斗流血法

斗流血法・カグツチ

裸獣汁外衛賤厳が創始した「斗流血法」の一つ。ザップが用いている血法であり、己の血液に「火」の属性を付加し、対象を燃やすことが可能となっている。
戦闘時は、血液を様々な形に変化させ操る斗流血法の特色を用いて、「刃身」と呼ばれる武器を作りあげ戦う。ザップの場合は、主に日本刀の形を模した武器を生み出し戦っている。刃身自体の形は自由に変化可能な為、大剣に変化する倍もある。
その他にも、血液そのものを糸状にして、人を縛り上げたり、移動物に付着させることで追跡を行ったりなど、様々な使い道がある。

斗流血法・シナトベ

斗流血法・カグツチ同様に、裸獣汁外衛賤厳が創始した「斗流血法」の一つ。ツェッドが用いる。己の血液に「風」の属性を付加して戦う。対象を燃やすことができる斗流血法・カグツチとは別に、相手を吹き飛ばしたりすることが可能となっている。
ツェッド自身の刃身は、三叉槍。刃身自体で対象を突き刺す他、対象に投げつけた後、苦衷で「空斬糸」と呼ばれる糸に変形させるといった技も可能となっている。チャクラといった武器を使用することもあり、やはり斗流血法・カグツチ同様に、血液を自在に操れる斗流血法の特色が大いに生かされた戦闘術となっている。

エスメラルダ式血凍道

スティーブンが用いる血法。「血凍」の名からもわかるように、己の血を用いて氷を発生させる血法である。
基本戦術は蹴りであり、受けた相手を氷漬けにすることができる。足には専用の靴が履かれており、出血を促し、その血を底から放出する仕組みが施されている。それ故、蹴り以外にも、防壁代わりの氷を作り出したり、氷そのものを敵に向けて打ち出しての攻撃、地面ごと周囲の敵を凍りつけ一掃するなど、様々な攻撃方法が可能となっている。

血弾格闘技(954ブラッドバレットアーツ)

銃撃と格闘技がメインの血法。K・Kが使用している。己の血を使い、銃弾に電撃を付加することができる血法である。付加方法に関する詳細は不明。K・Kの基本スタイルとしては、近接戦ではハンドガンの二挺拳銃を用いり、遠距離の場合はスナイパーライフルが使用されている。
なお、銃弾は使わずとも電撃での攻撃は可能となっている模様。漫画では「ブラッドバレットアーツ」の名を省略して「BBA」と呼ばれている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

ボールルームへようこそ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイバニ)のネタバレ解説・考察まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)の徹底解説まとめ

BUMP OF CHICKENは日本の4人組ロックバンド。通称バンプ。 星や宇宙を題材にした曲やMVが多く、音楽性のスタイルはエモーショナル・ハードコアに分類され、デビュー以来一貫している。 抽象的で物語性のある歌詞も魅力で、独特の世界観を構築。その世界観はファンを虜にしてやまない。 デビュー時には若い世代を中心に人気を集め、今もそのファンたちは熱狂的なファンとして定着している。

Read Article

UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)の徹底解説まとめ

3ピースロックバンド・UNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)は、アニメ『TIGER & BUNNY』のテーマ曲でアニメ好きの間で有名となり、結成10年を超えた今ではミュージックステーションに出演するなど、一般的な知名度も高くなってきた。 2013年からは毎年オリジナルアルバムをリリースするなど精力的に活動している。

Read Article

DAOKO(だをこ)の徹底解説まとめ

DAOKO(だをこ)とは、1997年3月4日生まれ東京都出身の人気ラップシンガー。ニコニコ動画で注目され、2012年高校生のときにインディーズレーベルから歌手デビューした。2015年にメジャーデビューし、2017年にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌となった、米津玄師とのコラボ曲「打上花火」が大ヒットした。国内外でライブを成功させている注目の若手である。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

【カラオケ】一般人の前でもOK!アニソンっぽくないアニメソング【ドライブソング】

「急にカラオケに行くことになったけれど何を歌えばいいか分からない!」「普段アニソンしか歌わないから、オタクじゃない人の前で歌える曲がない」「ドライブなど数人で共有できる音楽ってどんなのがあるの?」という人へ……アニメを知らない人とも盛り上がれる、アニメ色のないアニソンをまとめてみました。

Read Article

【血界戦線】両作品に登場する声優まとめ【銀魂】

『血界戦線』とは、異界と人界が交わる街「ヘルサレムズ・ロット」で、様々な超常的事件に挑む秘密結社ライブラの活躍を描いた内藤泰弘の漫画作品である。 2015年にアニメの放送が開始され、その高いクオリティと声優陣の熱演が話題となった。特に声優陣は人気と実績のある者たちばかりで、アニメ版『銀魂』にも参加している者が多い。両作品で演技を披露している声優を紹介する。

Read Article

【あつ森】Fate/Grand Order絶対魔獣戦線バビロニアの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気スマホゲーム『Fate/Grand Order』のストーリー『絶対魔獣戦線バビロニア』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents