テニスの王子様(テニプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

許斐剛によって1999年から2008年まで週刊少年ジャンプにて連載された漫画及びアニメ、映画、ゲーム作品。ミュージカル化もされている。さらに2009年から第2シリーズとして『新テニスの王子様』としてジャンプスクエアにて連載再開された。中学校の部活動テニスを題材にした作品。テニスの名門校に入学した越前リョーマはテニス部に入部し様々なタイプの選手と対戦しながら団体戦での全国大会優勝を目指す。

青春学園中等部テニス部レギュラー。中学三年生。

ダブルスプレイヤーで、同じく青学の大石秀一郎とダブルスを組んでおり、黄金ペアと呼ばれている。
身体が柔らかく柔軟性があり、さらに並外れた動体視力によりどんな無理な姿勢でもアクロバティックにボールを打ち返すことができる。

明るく人懐っこい性格で天真爛漫。右頬の絆創膏が特徴。

出典: dic.pixiv.net

[オーストラリアン・フォーメーション]
サーブと同時に大石と菊丸が左右に動くことによって相手を混乱させる。

[同調(シンクロ)]
ダブルスの奇跡とも評されている。ピンチ時に発動するとも言われ、サインなしでお互いに次の行動がわかる。全国大会で大石とともに覚醒。

[菊丸印のステップ]
高速で左右にステップすることで分身したかのように見える。シングルスではこれを応用し一人でダブルスをしてみせた。

[菊丸ビーム]
打球が速いジャンピングボレー。

[菊丸バズーカ]
シングルスで見せたパワーショット。

などの得意技を持っている。

乾貞治(いぬいさだはる)

青春学園中等部テニス部レギュラー。中学3年生。

レギュラー陣の中では手塚・不二に次ぐ実力の持ち主で、対戦相手やテニスに関して集めた情報を元にしたデーターテニスが基本戦術。しかし、地区予選大会前の校内ランキング戦で1年の越前リョーマ、2年の海堂薫に敗れレギュラー落ちしてしまう。部内ではマネージャー・参謀的な役割を担っており部員の特訓メニューを考案したり、他校のデータを集めたりと多忙。その陰で自身は部員以上のトレーニングを積み、関東大会前には見事レギューラーに返り咲く。
自作のドリンク、通称「乾汁」は味のひどさから罰ゲーム的なアイテムとなっている。

長身を生かした高速サーブを得意としており、『ウォーターフォール』最速212km/hの超高速サーブを打つ。

河村隆(かわむらたかし)

青春学園中等部テニス部レギュラー。中学3年生。

青学レギュラーメンバーからは、「タカさん」と呼ばれている。現3年レギュラーで、唯一3年からレギュラーになった人物。
普段は温厚で優しく控えめだが、ラケットを持つと一変、攻撃的な「バーニング状態」になる。人格が変った際には、テンションが高くなり「バーニング!」など英単語交じりで喋る。

他のメンバーに比べて特別な才能やテクニックがあるわけでもないため、他校の選手から「青学のお荷物」と揶揄された事もあり、本人もその事を意識しているのか、そう言われた時も否定しようとせず、試合においては「みんなの足手まといにならないように」と無茶をする事も少なくなかった。
実家は寿司屋(かわむらすし)。その為、実家の手伝いをしてから朝練に行く。高校に進学したら家業の寿司屋を継ぐために修行を始めるつもりなので、テニスは中3の今年が最後ということになっている。

出典: ja.wikipedia.org

バーニングサーブ、波動球、両手波動球、ダッシュ波動球、漢玉(おとこだま)等パワー系の得意技を持つ。

桃城武(ももしろたけし)

青春学園中等部テニス部レギュラー。中学2年生。

抜群の身体能力を武器に豪快かつ繊細さを持ち合わせたテニスを得意とする。口癖は「(〜しちゃ)いけね〜な、いけね〜よ」や「ど〜ん」。熱血漢であると同時に、上下関係にこだわらない人懐っこい性格の持ち主で、後輩には「桃ちゃん先輩」と呼ばれている(リョーマは「桃先輩」)。手塚も認める「青学一のクセ者」で、乾曰く「誰よりも冷静に周りを見ることの出来る洞察力を持つ」。この洞察力と判断力で菊丸や河村、海堂といった個性豊かな選手とのダブルスで何度となく危機を救った。ただし、自分勝手なプレーが目立つリョーマとのダブルスだけは苦手な様子。
パワー系の技が多いが、所々にドロップショットを織り交ぜ囮にしたり、「ダンクスマッシュ」と見せ掛けた「ドロップボレー」など、テクニカル面も持ち合わせている。

出典: ja.wikipedia.org

[弾丸サーブ]
威力とスピードを併せた強力なサーブ。

[ダンクスマッシュ]
驚異の跳躍力で高打点からの強力なスマッシュ。

[ジャックナイフ]
右足一本で飛び、振り子の要領で威力を高めて体の軸を中心に打ち込むバックハンド。

等の得意技を持つ。

海堂薫(かいどうかおる)

青春学園中等部テニス部レギュラー。中学2年生。

通称は「マムシ」。(だが実際にそう呼ぶ人は数人程度で、その他に「バンダナ君」や「薫ちゃん」などと呼ばれるときもある。)
得意技は長いリーチを活かした「スネイク」、応用技の「ブーメランスネイク」「トルネードスネイク」、「リバーススネイク」等。
鋭い目付きとやや短気な性格で誤解をされがちなところがあるが、実際は礼儀正しく大変な努力家で正義感が強い人物。
「スネイク」をはじめとした相手を左右に揺さぶる打ち筋で、相手を走らせながら追い詰めていく持久戦を得意とする。『マムシ』の異名も、このじわじわと相手を追い詰めていくプレイスタイルが、蛇が獲物を絞め上げていく様に見えることに由来する。

出典: dic.pixiv.net

鋭い角度の変化を見せるバギーホイップショットである[スネイク]。この技で相手を左右に走らせることで、じわじわと体力を奪っていく。このスネイクの横回転を利用したポール回し『ブーメランスネイク』は強力なスピンをかけることにより、ボールがネットのポール脇を通り相手コートに入る技。

堀尾聡史(ほりおさとし)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テニスの王子様(テニプリ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『テニスの王子様』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた許斐剛によるスポーツ漫画である。中学テニスを題材とした漫画で、主人公が所属する青春学園こと青学のテニス部が全国大会での優勝を目指すお話だ。主人公のリョーマの決めセリフである「まだまだだね。」をはじめとした真似をしたくなるようなセリフや、試合や部活中のシーンなどで友情やテニスへの思いが現れた熱いセリフが登場し、大勢の読者たちに好評を博した。

Read Article

NEW

丸井ブン太(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

丸井ブン太とは『テニスの王子様』の登場人物で、作中1の強豪校、立海大付属中学校の3年レギュラー。 プレイに絶対の自信を持ち、自ら「天才」と称す。甘いモノ好きのお調子者で、チームのムードメーカー。プレイスタイルはサーブ&ボレーヤーで、「ボレーのスペシャリスト」と呼ばれる前衛プレーヤー。試合には同校3年ジャッカル桑原(じゃっかる くわはら)とダブルスで出場することが多い。役割に徹する冷静さがあり、試合中は守備はジャッカルに任せ、自らは得意のボレー技術を活かし攻めに特化したプレーをする。

Read Article

「新テニスの王子様」の漫画がいろいろヤバすぎる

「新テニスの王子様」といえば、もちろん我らがジャンプの大人気テニス漫画ですよね。連載当初から人気が高くも、アニメの放送によってさらに拍車がかかり、今となっては出演声優は数知れず、実写版舞台・ミュージカルも満員御礼という、まさに破竹の勢いそのものです。しかし、ふと原作である漫画に戻ってみると、そこにはいろいろヤバい描写が山ほどありました。

Read Article

【あつ森】テニスの王子様の世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大ヒット漫画『テニスの王子様』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

目次 - Contents