けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。
音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。
劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

CV:米澤円

唯の妹で桜が丘高校の一年生。過剰なほど姉思いである。
軽音部のメンバーが唯の家を訪れた際は、あまりにも出来たもてなしをしたため「どっちが姉かわからない」とまで言われた。
しかし姉譲りの不思議な感性を持っており、梓に唯の愚痴を言われた際「お姉ちゃんってあったかくて気持ちいいよね」といった旨の発言をした。
顔も唯にそっくりで、風邪でダウンした姉の替え玉として髪型を変えてライブへ出演しようとしてもさわ子以外には全く見破られなかった程である。

真鍋 和(まなべ のどか)

CV:藤東知夏

唯の幼馴染。桜が丘高校の生徒会役員を務め、後に生徒会長となる。
幼稚園時代より唯から頼られており、高校生になってからも提出物についてなど度々世話をしている。しかし甘やかすわけではなく適度に軽くあしらう様には澪を感心させた。
2年生になってクラス替えが行われてからはクラス内で澪が唯一会話のできる人物として彼女からも頼りにされた。
生真面目ではあるが意外とノリもよく、空気を読んでボケに乗っかることもよくある。

鈴木 純(すずき じゅん)

CV:永田依子

憂や梓と同じ一年生でジャズ研の部員。
澪に強いあこがれを抱いている。憂とは中学からの同級生。
軽音部を見学した時にはいまいち芳しくない反応を示していたが、ライブを見てからは尊敬の眼差しを向けるようになる。
「かっこいい」かどうかを物事の良し悪しの判断基準としている。

『けいおん!』の名シーン・名場面

夏合宿の締めくくり

演奏技術向上のためにと軽音部の四人は合宿を行う。紬の両親が持っていた海沿いの別荘を借りるのだが、普段からあまり練習をしたがらない部員たち(主に唯と律)は遊ぶことばかり考えてしまう。澪はそんな彼女等に本来の目的を説くが、なんとなく流されて全員で一旦ビーチで遊んでから練習するという話に落ち着く。
ひとしきり遊びつくすと、当然ながら疲れてしまい練習する気力などもう誰も残っていない様子だった。こんなことでは駄目だと焦る澪。落ち込み始めた彼女を、唯達三人が突然外へ呼び出す。何が始まるのか全く聞かされていなかった澪の前で、唯は花火を背に演奏を始める。しばらくの間、歌い、ギターをかき鳴らす唯。だがすぐに花火は終わってしまう。予算の都合上、あまりたくさん用意できなかったのだ。
個性のバラバラな部を何とかまとめようといつもがんばってくれている澪へのサプライズとして、三人は合宿の前にこの計画を練っていた。夢のような光景を見て、日頃だらけがちではあるが、皆素敵なメンバー達であることを再確認する澪。「めざせ武道館」という目的を改めて全員で共有し、合宿を終えた軽音部であった。

初ライブ

軽音部はついに学園祭で初めてのライブを行うことになる。しかし、さわ子による猛烈な特訓のせいでメインボーカルである唯がまともに歌えないほど喉を傷めてしまう。せっかく練習してきたというのにこのままではとてもライブなど出来ないと落ち込む四人。苦肉の策として澪にメインで歌ってもらうよう提案するが、恥ずかしがり屋の彼女は絶対に無理だと拒否する。律が代わりにやればいいと勧め、何ならドラムとベースを同時に演奏するから、と無茶な話を持ち出す始末。
そこにさわ子が現れ、特にアドバイスをする訳でもなく自前の奇抜な衣装の数々を持ってきて軽音部にはこの中のどれかを着て演奏するよう指示する。ナース服やスクール水着などありえない種類のものまで含まれたラインナップの中で妥協点としてゴスロリ風の服を選んで着る澪。普段なら絶対に着ないような恥ずかしい服装に身を包んだことで自分の中の何かが吹っ切れたようで、澪はライブへ臨む決意を固める。
いよいよ本番。しかしやはり実際に大勢の観客を前にすると怯えてしまった澪を唯達は励ます。一人こっそりと歌の練習をしていたことを知っていた唯は「絶対大丈夫だよ!」と明るく背中を押す。
幕が開き、照れながらも必死に演奏する澪、そして枯れた声を振り絞ってコーラスする唯、しっかりと土台を支える律と紬。四人のアンバランスながらキラキラとした奇跡のような演奏に会場である講堂は歓声に包まれる。充実感とともに舞台をあとにしようとした澪だったが、なんとベースのケーブルに引っかかって見事にずっこけてしまう。スカートの中をステージの上で盛大に披露してしまった彼女は、その後ファンクラブが出来るなど学校の人気者になってしまったのだった。

4人のグルーヴ

憧れの先輩たちとバンド活動が出来ると期待を抱いて入部した梓だったが、練習を始めても長続きせずいつもだらけてばかりいる四人、そして他の生徒たちの前とは別人のように気の抜けた態度を見せる顧問のさわ子に衝撃を受ける。思わず梓は本気で怒り、軽音部の問題点を羅列してしまう。後輩の言葉に澪達も反省した様子を見せる。翌日、先輩に対して酷いことを言ってしまったことを気にしながら気まずい思いで梓は部室を訪れるが、四人の様子は全く変わっていなかった。前日の梓の怒りを気にしていないばかりか、練習をすると言ったことすら忘れているかのようなのほほんとした空気に、梓は呆れながらも徐々に慣れ始めてもいた。
しかしやはりこのままでは軽音部に入った意味が無いと、梓は決心して夜のライブハウスに足を運ぶ。軽音部とは別のバンドを組むべく様々なバンドのライブを見るのだが、何故かどの出演者の演奏を見ても軽音部の四人の演奏を見た時のような感動は得られなかった。
それから一週間、梓は部室へ顔を見せなくなる。心配する唯達の前へようやく姿を見せた梓は、どうして自分が軽音部に入ったのか、何故四人の演奏に感動したのか分からなくなったと素直な思いを涙ながらに打ち明ける。
演奏することで悩みを解決するためのヒントがつかめるかもしれないと四人は梓の前で曲を披露する。ちぐはぐな四人だが、四人揃って演奏するとどうしてこんなにいい曲になるのかと聴きながら不思議に思っていた梓に「このメンバーとバンドをするのが楽しい。きっとみんなもそうで、だからいい演奏になるんだ」と澪は言う。その言葉に納得した梓は改めて四人と一緒に演奏したいという気持ちを強めた。

ある冬の日

ある冬の日の朝。律の家の郵便受けに差出人不明の手紙が届く。「切りそろえた前髪がかわいい、でも髪を下ろした君も見てみたい」といったような、明らかにラブレターだと思われる内容に、律はドギマギする。鏡の前でカチューシャを外しワックスを付けて髪を整えてみるも「おかしーし」と一人ごちてすぐにやめてしまう。
その後弟と映画を観に行くことになり、手紙のことが心に引っかかりながらも鑑賞を終えた帰り道、弟は友達とどこかへ行ってしまって律は一人になる。それによって手紙のことがまたも頭をもたげ始めたその時、唯からメールが入る。他のメンバーにもそれは一斉送信されていたらしく、ファーストフード店へ一同は集合する。
皆それぞれ休日をどう過ごしていたか語り合ったのち、澪が律にこの間郵便受けに入れておいた歌詞はどうだったかと訊く。最初は何のことか分からなかった律だが、あの手紙のことだと気づくとただの歌詞を勘違いしてしまったことへの照れ隠しに澪へ当たり散らしてしまったのだった。

『けいおん!』の裏話・トリビア・小ネタ

登場人物・キャラクター名の由来

軽音部の5人の名字は全て「P-MODEL」というかつて実在した先鋭的テクノポップバンドのメンバー名から取られたものとなっている。P-MODELは何度もメンバーが入れ替わっているのだが、その中でも有名なメンバーが平沢進、田井中貞利、秋山勝彦、ことぶき光、中野テルヲの5人であることからそのことがわかる。楽器のパートに関しても中野以外はP-MODELと作中のキャラクターは同様である。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

1960年代イギリスの若者達を描いたカルト映画「さらば青春の光」

「さらば青春の光」(原題「QUADROPHONIA=「四重人格」)は、1960年代のイギリスの若者達、「モッズ」と「ロッカーズ」の間で実際に起きた暴動事件をもとに、ある一人の青年の心の軌跡を描いた作品です。 映画内に登場するモッズファッションや音楽は未だに人気が高く、この作品は一種のカルト映画となっています。

Read Article

「漫画の殿堂」芳文社からアニメ化された作品まとめ

かつてはほとんど知られていませんでしたが、今では知らない人が少なくてってきたほど、大ブームを巻き起こしている出版社が芳文社です。形式は4コマ漫画が主体。その漫画雑誌のタイトルは「まんがタイムきらら」で、「けいおん!!」や「ひだまりスケッチ」など数多くの名作を世界に轟かせてきました。そんな芳文社の過去から現在に至るまでを、アニメ化された経緯とともに、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents