東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

あらすじ・ストーリー

ごく普通の女子中学生、桃宮いちごは念願の青山雅也とのデート中、謎の地震に遭遇する。それ以降、体が身軽になったり魚を見るとくわえてしまいそうになるなどの現象に見舞われる。そんな中、雅也に告白しようとしたいちごは巨大なネズミの怪物に遭遇。白金と名乗る青年の言われるがまま言葉を唱えると、猫耳に尻尾をつけた謎の戦士、「ミュウミュウ」に変身してしまう。しかし、そのせいかドキドキすると耳としっぽが出てしまうように。敵である「エイリアン」を全滅させなければ、告白が出来ないことを知ったいちごは仲間を集め、共に戦うことを決意する。エイリアンの刺客「キメラアニマ」を倒しながら、恋の成就のために奮闘するバトルヒロインアニメである。

用語解説

ミュウミュウ

白金稜、赤坂圭一郎が研究していた、キメラアニマに対抗するための手段。絶滅危惧種として登録されている動物の遺伝子と合体することで、変身することができる。地震が起きた際、偶然その場にいたいちごたちに誤って遺伝子が打ち込まれたため、ミュウミュウが生まれた。

キメラアニマ

敵であるエイリアンが作り出した怪物。パラサイトアニマと呼ばれる寄生生命体を動物に憑依させることで誕生する。たとえおとなしい動物であっても、憑依された時点で凶暴化してしまう。

ミュウミュウたち

桃宮いちご(CV中島沙樹)

いちごが変身し、ミュウイチゴとなった姿

主人公である中学一年生の女の子。同級生である青山雅也に恋をしている。天然ボケでドジっ子。しかし根は真面目。ミュウミュウとなってからは、ドキドキしたり、驚いたりすると耳や尻尾が出てきてしまい、そのことで悩むことも多かった。また、物語が進んでからは、ドキドキすると完全に猫の姿になってしまうこともあった。
イリオモテヤマネコの遺伝子が入った、ミュウイチゴに変身する。語尾に「にゃん」がつくのが特徴。

藍沢みんと(CVかかずゆみ)

みんとが変身し、ミュウミントとなった姿

中学一年生で、実家は財閥のお嬢様。口調がきつく、性格もかなり高飛車。しかし根は優しく仲間想い。それを素直に表に出せない、ツンデレ気質な一面がある。いちごの恋路に積極的に首を突っ込んでいくなど、少々野次馬根性が強い。特技はバレエで、戦闘中もかなり身軽。ざくろが登場してからは、ざくろのことを「おねえさま」と呼び慕っている。
ノドジロルリインコの遺伝子が入ったミュウミントに変身する。ジャンプ力が強く、背中にある羽で飛ぶことも可能。

翠川れたす(CV佐久間紅美)

れたすが変身し、ミュウレタスとなった姿

中学二年生。おどおどした言動が多く、引っ込み思案。しかし優しい性格で、芯の強い一面がある。キレると手に負えなくなる。仲間になる前は学校の人間にいじめられており、そのせいか情緒不安定な部分がある。裸眼の視力がかなり悪く、メガネなしではほとんどのものがぼやける。変身後はメガネがなくなるが、その時は一時的に視力が上がっている様子。水が苦手でカナヅチ。
スナメリの遺伝子が入ったミュウレタスに変身する。水中では下半身がスナメリに変形し、泳げるようになる。そのため水中戦も多い。

黄歩鈴(CV望月久代)

歩鈴が変身し、ミュウプリンとなった姿

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)の名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

NEW

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NEW

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

十二国記(The Twelve Kingdoms)とは

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。古代中国風の異世界を舞台に、権力とそれに伴う責任、コンプレックスなどを通して成長する人々を描くこの物語は、異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ。

Read Article

目次 - Contents