攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX、S.A.C. 2nd GIG、Solid State Society(神山版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊S.A.C.』は2002年放送のTVアニメ及びそのシリーズ。AD2030年、内務省直轄独立攻性部隊・公安9課が「笑い男事件」を追うストーリー。
続編の『S.A.C. 2nd GIG』ではテロリスト「個別の11人」を追う事件、『Solid State Society』は主人公・草薙素子が失踪後に謎のハッカー「傀儡廻し」に関わる事件となっている。
神山健治監督版『攻殻機動隊』シリーズ。

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』について

あらすじ・ストーリーと概要

AD2030年、電脳が一般的に使われる時代になり多様化・複雑化する電脳・テロ犯罪に対抗する為、首相・内務省直轄の独立攻性部隊公安9課(通称攻殻機動隊)が発足する。様々な事件を解決していく中、「笑い男」を名乗る人物から警視総監の暗殺予告が行われ未然に犯人を確保するも、次から次からへと「笑い男」を名乗るテロリストが現れる。辛くも阻止する9課だが、犯人には共通点がなく、ウィルスに感染した形跡も、電脳をハッキングされた形跡も一切見当たらなかった――

「もし草薙素子が人形遣いと出会わず、公安9課に残っていたら」というパラレルワールドの物語。
士郎正宗の『攻殻機動隊』が原作だが、物語としてのオマージュもあるものの、完全なオリジナルストーリーとなっている。

2002年放送のTVアニメ。全26話。『攻殻機動隊 S.A.C.』『攻殻S.A.C.』と略称される。
Production I.G制作。監督は神山健治。原作は士郎正宗の『攻殻機動隊』

第2話の「暴走の証明 TESTATION」が平成14年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、
そして『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ全体が東京国際アニメフェア2003 公募・アニメ作品部門優秀作品賞をそれぞれ受賞。

本作の「笑い男事件」のみを160分にまとめた総集編『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』も制作されている。

本作の続編となる『S.A.C. 2nd GIG』も製作され、DVD/ビデオ累計出荷本数は合わせて150万枚/本以上。

主要登場人物・キャラクター

草薙素子(くさなぎもとこ)

CV:田中敦子
主人公。通称・少佐と呼ばれる、公安9課の実働面でのリーダー。脳と脊髄の一部以外を全身義体化している。世界屈指の義体使いであり、そのハッキング能力、統率力、実行力から、課長の荒巻からは“エスパーよりも貴重な才能”と言われている。

バトー

CV:大塚明夫
9課メンバー。ほぼ全身義体化している義眼の大男。戦闘だけではなく電脳戦にも強いが、本人は戦闘の方が生き生きとしている。趣味は筋トレだが義体なので意味がない。

トグサ

CV:山寺宏一
9課メンバー唯一の妻子持ち。電脳化している以外ほとんど生身。刑事あがりらしく、足を生かした地道な聞き込みや直感を生かした捜査で事件の真相に迫る。

荒巻大輔(あらまきだいすけ)

CV:阪脩
公安9課の課長。関係省庁に融通を利かせることができる、様々なパイプを持つ切れ者。バトー曰く“食えないタヌキオヤジ”。生き別れた双子の兄がおり、本編中に登場する。

イシカワ

CV:仲野裕
電脳戦を得意とする9課メンバー。副業でパチンコ店を経営しており、ハッキングを仕掛ける際には客の電脳を補助として利用する場合もある。

サイトー

CV:大川透
9課メンバー。片目が義眼で、眼帯で覆われている。戦闘、特にスナイピングが得意な9課メンバー。少佐と大戦中に出会い、少佐のポーカーフェイスに騙され負けたが、そのスナイピング能力を買われスカウトされる。

パズ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

攻殻機動隊シリーズ(原作漫画)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』は士郎正宗によるSF漫画。1巻は草薙素子こと少佐が公安9課で事件を追う中人形使いと出会い融合するまで、1.5巻『攻殻機動隊1.5 HUMAN-ERROR PROCESSER』は少佐が去った後の公安9課の活躍、2巻『攻殻機動隊2 MAN MACHINE INTERFACE』は荒巻素子がテロ事件を追う内に草薙素子と邂逅するまでを描いている。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

東のエデン(Eden of the East)のネタバレ解説まとめ

『東のエデン』とは、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」にて放送されたテレビアニメである。同枠初のオリジナルストーリーであり、原作・脚本・監督は神山健治、キャラクター原作は羽海野チカ。アニメーション制作はProductionI.G。記憶喪失の青年が謎の携帯電話によって、日本全国を賭けたゲームに巻き込まれるサスペンス・アクション。テレビアニメ放送後、映画化もされており、「ノイタミナ」初の映画化作品となる。

Read Article

攻殻機動隊ARISE、攻殻機動隊 新劇場版(黄瀬・冲方版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。 黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)のネタバレ解説まとめ

攻殻機動隊ARISE(Ghost in the Shell: Arise)とは、Production I.Gが制作を務める、士郎正宗の漫画「攻殻機動隊」を原作としたアニメ作品である。本作は主人公の草薙素子が公安9課を結成する前の物語に焦点が当てられており、バトーやトグサら9課の仲間たちがどのような形で素子と出会い、彼女と行動するようになったかが描かれているのが特徴となっている。

Read Article

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。 その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents