龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

CV:梅津秀行

錦栄町のダイニングバーの店長。
コーヒーなどのドリンク1杯の値段で朝食を食べさせるサービスを提供していることから、毎日のようにやってくる万年金欠の品田に呆れながら朝食を用意している。さらにツケで食べさせてやることもあって、品田にとっては恩人というに相応しい存在となっている。

商店街組合の会長もしていることから錦栄町の事情にも精通しており、野球賭博事件の真相を追う品田にとっては唯一の情報源としてあてにされている。しかし実は名古屋組の一員であり、事件の調査を進めるにつれて名古屋組の秘密に近づく品田に然りげ無い形で何度も警告するが、結局従わなかったためにみるく誘拐の狂言を仕組んで品田を捕らえた。
その後、口封じとして品田を殺そうとするが良心の呵責に苛まれて手を下せず、嗅ぎつけてきた高杉の乱入で失敗に終わる。そして良心の呵責に耐えきれなくなってみるくと共に組員を説得し、警察へ出頭することを決意した。

酒井篤志(さかい あつし)

CV:安井邦彦

錦栄町も含めた名古屋で働く土木作業員。元名古屋ワイバーンズの選手であり、品田のチームメンバー。
15年前の野球賭博事件の際にセカンドとして出場したが、冨士田の指示に従って代打出場の品田に交代し、ベンチに下がっていた。
引退後は土木作業員として働きながら名古屋組の一員として暗躍し、事件の真相を追うと共に名古屋組の秘密に近づいてくる品田に闇討ちを仕掛けた。

真鍋幹二(まなべ かんじ)

CV:青山穣

錦栄町の焼肉店の店長。元名古屋ワイバーンズの選手にして品田の先輩格に当たるチームメンバーで、四番打者として名を馳せていたことから彼から憧れの対象となっていた。
球界を引退した後は焼肉店の店長として成功を収め、順調に新たな人生を歩んでいるが、その裏で名古屋組の一員となって酒井や冨士田と暗躍している。そして、事件の真相を追うと共に名古屋組の秘密に近づく品田に、これ以上名古屋組に近づくなと警告する。

澤田有希(さわだ ゆうき)

CV:平井啓二

名古屋ワイバーンズのライバルチーム「東京ギガンツ」のエース。
通算197勝というトップクラスの成績を誇る名投手の中の名投手で、品田とは高校時代の甲子園の1回戦で鎬を削っており、その後に15年前の野球賭博事件が起きた試合で一騎討ちを繰り広げた。そして、その試合の一騎討ちで渾身のストレートを品田にホームランで打たれたことから、彼との再戦を待ち望んでいる。

久保田(くぼた)

CV:藤本たかひろ

錦栄町の警備会社・久保田警備の社長。
ヤクザのような顔つきが特徴的で、性格も悪辣かつ獰猛であり、自分の命令なしに勝手な真似をした部下の頬に制裁として万年筆を刺すこともある。そして、名古屋組の一員でもあり、事件の真相を探ると共に名古屋組の秘密に近づく品田の前にも敵として容赦なく立ち塞がる。

冨士田(ふじた)

CV:森田順平

名古屋ワイバーンズの元監督。
品田に野球選手としての才能を見抜き、直々に指導を施して主力バッターとして大活躍するほどに開花させたことから、品田にとっては恩師に他ならない存在である。さらに野球賭博事件が起きた際は騒動の責任をとって辞任せざるを得なくなったが、品田のことを最後まで守ろうとし続けた。

しかし実は彼こそが野球賭博事件の黒幕であり、15年前に賭博の利権を握って好き放題やっていた東城会と近江連合を名古屋から追放するべく、神戸黒羽組と手を組んで品田を生贄とする形で野球賭博事件を仕組んだ。
事件後は牛島ら地元の有志たちを集めて名古屋組を結成し、事件から15年の間名古屋の平和を陰から守り続けていたが、その15年後に東京ギガンツの新監督として復帰することを公表する。その矢先、品田が名古屋組の秘密に近づいていることを知り、名古屋の平和を守るべく非情にも組員たちに品田の口封じを命令する。

高知比呂志(たかち ひろし)

七代目近江連合若頭補佐・直参高知組組長。名前のみで登場する。
渡瀬や勝矢とは違って目立つ存在ではなかったものの、芹沢こと黒澤からも秘蔵っ子として重用されるほどの才能の持ち主である。
本作の序盤にて名古屋で起きた謎の事故に東城会の若頭補佐である安住と共に謎の事故に巻き込まれて既に死亡しているが、終盤での大吾の発言からその事故は黒澤の策略によるものだと判明した。

『龍が如く5 夢、叶えし者』の世界観・用語

永洲街(ながすがい)

桐生編の舞台となる福岡の街で、九州最大と名高い歓楽街。極道組織・山笠組の縄張りとなっている。

永洲タクシー(ながすたくしー)

福岡・永洲街の東側に事務所を構えるタクシー会社。当初福岡に移住するも行く宛てが全くなかった桐生も社長である中嶋に拾われ、運転手として働くことになった。ちなみに中嶋曰く他のタクシー会社との折り合いはあまり良くないが、永洲街の人々からの評判は悪くない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents