デジモンテイマーズ(DIGIMON TAMERS、テイマ、デジテイ)のネタバレ解説まとめ

Fullsizerender  10

デジモンがカードゲームとして流行している世界。そこに住むデジモン好きの少年、啓人の前にある日、思い描いた通りのデジモンが現れる。デジモンの実体化により、テイマーとなった子供たち。現実世界とデジモンワールドの二つの世界で、子供たちの冒険が始まる。
2001年に放送されたデジモンシリーズ第三弾。

あらすじ

デジモンが大好きでテイマーに憧れる小学五年生、松田啓人。不思議なカードを手に入れたことがきっかけで、啓人の前に思い描いた通りのデジモン、ギルモンが現れる。デジモンが実体化したことで喜ぶ啓人。そんな中、テイマーとデジモンを消滅させようと謎の組織が動き始める。啓人とギルモンそして仲間たちとの、冒険の物語。

新しい要素

テイマー

デジモンを育成し、戦わせる人間のこと。テイマーはディーアークにカードをスラッシュすることで、デジモンの強化や能力を加えることができる。テイマーの精神状況次第では、デジモンの力をさらに高めることもできる。

ディーアーク

Fullsizerender  13

今作に登場する新しいデジヴァイス。側面にカードリーダーがついており、その部分にカードを通す(カードスラッシュ)することでデジモンの強化などを行うことができる。持っていたカードリーダーがデジヴァイスに変形するか、どこからともなく現れることで、テイマーはディーアークを入手する。

デジモンカード

Fullsizerender  12

中央にあるのが「ブルーカード」。カードリーダーをディーアークに変形させることができる。

現実世界で人気のカードゲーム。カードには様々なデジモンが描かれており、専用のカードリーダーを使って遊ぶ。ディーアークにこのカードをスラッシュすることで、パートナーデジモンに力を付与することができる。

登場するテイマーたち

松田啓人(CV津村まこと)

Fullsizerender  9

啓人とギルモン

気弱で泣き虫な小学五年生。仲間思いで心優しい一面もある。デジモンが大好きで友人とカードゲームで遊んだり、自らデジモンのデザインをしたりしている。持っていたカードリーダーがディーアークに変化したことで、テイマーとなる。パートナーデジモンは自身がデザインしていたギルモン。
実家がベーカリーを営んでおりその手伝いをしているためか、パンの焼き方を心得ている。

ギルモン(CV野沢雅子)

啓人のパートナーデジモンで、啓人のデザインが実体化したもの。好奇心が旺盛。誕生したばかりの頃は、赤ん坊そのもので、啓人をだいぶ困らせた。
必殺技は強力な火炎弾を吐き出す「ファイヤーボール」。

李健良(CV山口眞弓)

Fullsizerender  8

テリアモンと健良

啓人と同じ小学五年生。父が香港出身で、名前の読みは広東語で「リージェンリャ」。愛称は「ジェン」。大人びていて冷静沈着。しかし何事も一人で抱え込んでしまう一面がある。ゲーム内のキャラ、テリアモンが実体化したことでテイマーとなる。
コンピュータ関連に強い。また、中国拳法を習っているため、よほど強いデジモンでなければ一人で倒すことができる。

テリアモン(CV多田葵)

ジェンのパートナーデジモン。マイペースで楽観的な性格。口癖は「無問題」。普段は家族にバレないよう、ぬいぐるみのフリをしている。
必殺技は両耳をプロペラのようにして小さな竜巻を起こす「プチツイスター」。

牧野留姫(CV折笠富美子)

Fullsizerender  11

留姫とレナモン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

デジモンフロンティア(DIGIMON FRONTIER)のネタバレ解説まとめ

不思議なメールに導かれ、デジタルワールドに来てしまった神原拓也。そこで手に入れたディースキャナとスピリットによって、デジモンに変身してしまう。襲い掛かる多くの敵。拓也とその仲間たちは、デジモンに変身しながら、現実世界へ戻るためスピリットを探す旅を始める。 デジモン四部作と言われるシリーズの第四作目。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

Contents