デジモンアドベンチャー02(DIGIMON ADVENTURE 02、デジモン02)のネタバレ解説まとめ

Img 4772

前作「デジモンアドベンチャー」から三年。デジタルワールドはデジモンカイザーによって支配されていた。デジタルワールドを救うため、新たな選ばれし子供たちが立ち上がる。前作の続編となるデジモンシリーズ第二弾。

あらすじ・ストーリー

前作、デジモンアドベンチャーから三年。デジタルワールドでは、「デジモンカイザー」と名乗る人物がデジモンたちを支配していた。通常進化ができずピンチに陥る太一とアグモン。そこに新たな選ばれし子供たちが誕生する。デジヴァイス「D-3」を手にした彼らは、太一たちの意思を受け継ぎデジモンカイザーに立ち向かう。前作では登場しなかったパートナーデジモンたちに加え、新たな進化、要素の増えたデジモンシリーズ第二作目。

前作との相違点

デジタルワールド

デジタルワールドと現実世界の時間の流れが一定になっている。またデジタルワールドを自由に行き来できる。そのため、ひと夏をデジタルワールドで過ごした前作と違い、主な活動は放課後か休日となっている。

デジヴァイス

Fullsizerender  6

画像左、D-3。画像右、D-ターミナル

前作のデジヴァイスと区別するため、通称「D-3」と呼ばれる。パソコンやゲートポイント(前作のサマーキャンプ場や光が丘などデジモンが現れた場所)にかざすと、デジタルワールドへのゲートを開くことができる。また、他のD-3や前作デジヴァイスを探知する機能もついている。

デジメンタル

新たな進化「アーマー進化」をさせることができる。友情や勇気など、前作の紋章で使われていた力を使う。自身の所有していた紋章しか使えなかった前作と違い、専用のアイテムではない。新たに登場したアイテム、D-ターミナルにその情報を保存している。

新たな進化。アーマー進化

古代のデジタルワールドで、デジモンが使っていた進化方法。デジタルカイザーの作り出したダークタワーにより、通常進化ができなくなったためデジメンタルと共に復活した。古代種のデジモン、または古代種のデータを持つデジモンであれば進化可能。

今作の選ばれし子供たち

本宮大輔(CV木内レイコ)

Fullsizerender  2

大輔とブイモン

今作の主人公で小学五年生。パートナーデジモンはブイモン。サッカー部所属。考えるよりも先に行動する熱血タイプ。先輩である太一を尊敬している。勇気と友情のデジメンタルを手にする。
姉がいるが仲が悪い。ヒカリに好意を寄せており、ヒカリと仲の良いタケルをライバル視している。

ブイモン(CV野田順子)

勇気のデジメンタルから生まれた、大輔のパートナーデジモン。大輔と同じく猪突猛進。チョコが大好物。テイルモンに好意を抱いている。
必殺技は硬い頭を使って頭突きを繰り出す「ブイモンヘッド」。

井ノ上京(CV夏樹リオ)

Fullsizerender  5

ホークモンと京

今作のメインヒロインで小学六年生。パートナーデジモンはホークモン。パソコン部所属で光子郎の後輩。愛情と純真のデジメンタルを手にする。明るくてお調子者。ドジでおっちょこちょいな部分もある。
パソコンに関する知識が豊富で、光子郎のサポート役に回る。

ホークモン(CV遠近孝一)

愛情のデジメンタルから生まれた、京のパートナーデジモン。真面目で礼儀正しい。和食が好物。
必殺技は頭部の飾りをブーメランのように使う「フェザースラッシュ」。

火田伊織(CV浦和めぐみ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

デジモンフロンティア(DIGIMON FRONTIER)のネタバレ解説まとめ

不思議なメールに導かれ、デジタルワールドに来てしまった神原拓也。そこで手に入れたディースキャナとスピリットによって、デジモンに変身してしまう。襲い掛かる多くの敵。拓也とその仲間たちは、デジモンに変身しながら、現実世界へ戻るためスピリットを探す旅を始める。 デジモン四部作と言われるシリーズの第四作目。

Read Article

デジモンテイマーズ(DIGIMON TAMERS、テイマ、デジテイ)のネタバレ解説まとめ

デジモンがカードゲームとして流行している世界。そこに住むデジモン好きの少年、啓人の前にある日、思い描いた通りのデジモンが現れる。デジモンの実体化により、テイマーとなった子供たち。現実世界とデジモンワールドの二つの世界で、子供たちの冒険が始まる。 2001年に放送されたデジモンシリーズ第三弾。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents