デジモンアドベンチャー(DIGIMON ADVENTURE)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンアドベンチャー』とは、東映アニメーションが制作したデジモンアニメシリーズの第1作目で、ジャンルはSFや冒険といった、少年向けアニメ。本作を皮切りに、多数のデジモンアニメシリーズが生まれた。現実と異なる世界に迷い込んだ子供たちが、仲間やデジモンと関わり合う中で、出会いや別れを経て自分らしさを見つけて成長していく物語。主人公1人だけではなく、子供たち全員に等しく活躍のスポットが当たる群像劇でもある。子供たちの成長を、デジモンたちの進化という形で分かりやすく見ることができるのが魅力。

『デジモンアドベンチャー』の登場人物・キャラクター

選ばれし子供たち

八神 太一(やがみ たいち)

CV:藤田淑子
紋章 - 勇気
本作の主人公。11歳。頭にゴーグルをつけ、青いTシャツに半ズボン姿の男の子。パートナーデジモンはアグモン。
夏休みの子供キャンプに参加してたが、空から飛来してきたデジヴァイスによってデジタルワールドへ飛ばされてしまう。たどり着いた場所で太一をずっと待っていたと言うアグモンと出会う。デジタルワールドでは強いリーダーシップを発揮し、他のみんなを引っ張っていく。考えるよりも先に行動してしまう性格であり、未知のものには果敢に挑んでいくタイプ。しかし、それが原因でトラブルになってしまうこともある。特にヤマトとは意見が食い違ってしまい言い争いになることもしばしば。物語の序盤では、デジタルワールドがデータの世界であり、現実世界にいるであろう自分自身には影響はないと思い、蛮勇にも似た無茶な行動を繰り返していた。その一方で責任感が強く、ピンチや危機を自分がどうにかしないといけないという焦りから、ワクチン種であるグレイモンをウィルス種であるスカルグレイモンに誤って進化させ暴走させてしまう。さらに、自分の身の安全を疎かにしてしまいがちになっていたが、もしかしたら死んでしまうかもしれないと言われ、死の恐怖に怯えてしまい、仲間のピンチにも動けずにいた。しかし、ピッコロモンとの修行やこれまでの経験を経て、自分と向き合うことが出来、自分が持つ本当の勇気を身につけることが出来た。物語の中盤で、エテモンとの戦闘で生じた次元の歪みに飲み込まれて現実世界に戻ってしまった。しかし、見えるはずのないデジモンが現実世界でも見えること、世界各地で起きている異常気象がデジタルワールドに起きている問題と直結していると確信した太一は、再会した妹のヒカリを残し、またデジタルワールドへ戻った。
運が良いというか勘が鋭く、ヴァンデモンの城で現実世界に行くためのパズルを2分の1で当てたり、毒キノコを食べずに済んだり、ヴァンデモンが復活する時間を当てたりした。その一方で大雑把でもあり、光子郎のパソコンを叩いて直そうとしたりする。
妹のヒカリに対しては過保護である。幼い頃に、病み上がりのヒカリを連れ出し遊んでいたが、体調が悪化し救急搬送させてしまったことが要因となっている。
本人はある時まで忘れていたが、幼少期に、妹のヒカリと突然出現したデジタマを孵化させたことがある。そのデジモンもアグモン、グレイモンと進化していき、同じく現実世界に現れたパロットモン(腕が生えたオウムのような巨鳥型デジモン)と戦闘になり、爆発とともに2体とも姿を消した(1999年に放映された劇場版デジモンアドベンチャー)。後に光が丘爆発テロ事件と呼ばれ、この時に選ばれし子供たちの一人として選ばれた。

石田 ヤマト(いしだ やまと)

CV:風間勇刀
紋章 - 友情
11歳。緑色のハイネックノースリーブとジーパン姿の男の子。パートナーデジモンはガブモン。
夏休みの子供キャンプに弟のタケルと一緒に参加していたが、デジタルワールドに飛ばされてしまい、ガブモンと出会う。思慮深く慎重にことを進めていく為、突っ走りがちな太一と意見が食い違い、よくケンカをしている。物語の後半で、敵のジュレイモンに拐かされ、自分のライバルであり価値観が真反対である太一と戦ったこともある。太一とは、ケンカし時には殴り合うほど対立することもあったが、お互いのことを認め合うほど友情を深めた。
両親が離婚しており、タケルは母が引き取った為苗字が違う。タケルのことを大事にしているが、自分がいないと何も出来ないと過保護に扱う。そのため、タケルがデジタルワールドへ行きさまざまな経験を経て成長していくことに葛藤することになる。
クールに振る舞っているが、口下手を他人に知られたくない為であり、中身は熱い性格。ハーモニカを持ってきており、一人でハーモニカを吹いている場面もある。
光が丘爆発テロ事件の時に現場にいたが、その時のことをある出来事まで忘れていた。

武ノ内 空(たけのうち そら)

CV:水谷優子
紋章 - 愛情
11歳。青い帽子を被ったノースリーブでジーパン姿の女の子。パートナーデジモンはピヨモン。
小学校では男子に混じってサッカーをやっている活発な性格だが、思いやりを持ち仲間を気に掛けることもできる。突っ走りがちな太一に呆れながらも、仲間をフォローし、年下組であるミミ、タケル、ヒカリの面倒を見ている。しかし、太一が失踪したことを皮切りに、メンバーが分裂してしまったことに責任を感じてしまった。
花道の家元である母親とは折り合いが悪い。怪我をしてしまったため、母にサッカーの試合への参加を拒否された自分は愛されていないと思い込んでいたが、怪我を押してでも戦いに行こうとするピヨモンに、母と同じことをしていると気付き、嫌っているのではなく愛情があるからだったと気付くことができた。

泉 光子郎(いずみ こうしろう)

CV:天神有海
紋章 - 知識
10歳。赤い髪のオレンジ色のシャツを着た男の子。パートナーデジモンはテントモン。
丁寧な言葉遣いで礼儀正しい。基本的に敬語で話す。パソコンなどの知識や操作に明るく、それらを駆使し、デジタルワールドで使われる文字の解析や地図の表示などを行い冒険のサポートをする。しかし、自分の欲求に素直なところがあり、周囲の輪よりも自身の探究心を優先して不和を引き起こしたこともある。また、とある街のネットワークに接続したことで、それを敵に感知されてしまったこともある。
今の両親は本当の両親ではなく、そのことを幼い時に偶然聞いてしまった。そういった過去から、人と距離を置くようになってしまい話し方も敬語に変わった。また、パソコンなどに逃避するようになる。しかし、両親と本音で話すことができ、自分の気持ちを打ち明けることで心の痞えがとれ、良好な関係になることができた。

太刀川 ミミ(たちかわ みみ)

CV:前田愛
紋章 - 純真
10歳。マゼンダのカウガールルックスの女の子。パートナーデジモンはパルモン。
天真爛漫で喜怒哀楽が激しい。子供たちの中では年中だが、一番ワガママで子供っぽく泣き虫。デジタルワールドに来て住環境に不満をもっていたが、地面の上で寝るなど順応するのは早かった。歌がうまく、劇中で披露したこともある。ヌメモンやスカモンなどの汚物系デジモンに好かれるが、自身が苦手な為手ひどく振る。その為ウンチを投げられることも多いが、キレて投げ返したこともある。物語の後半、戦って大勢のデジモンが傷つき倒れていくことに悲しみ、戦うことに消極的な態度を取り戦線から離れるが、戦わなければ守れないものもあると気付き復帰した。

城戸 丈(きど じょう)

CV:菊池正美
紋章 - 誠実
12歳。メガネをかけた長身の男の子。生真面目で責任感が強いが、融通が効かず優柔不断。最年長であるためか、自分がしっかりしないといけないという強迫観念で焦っているが空回りしてしまいうまくいかない。太一とヤマトの対立に頭を悩ませ、仲裁しようとするがなかなかうまくいかずに悪化させてしまうこともある。デジタルワールドに来た当初は自分の常識が通用せずに唖然としていたが、冒険を通じて柔軟に広い視野を持てるようになった。
家が医者の家系であるため、医者にならなければと思い無理をしていたが、親の為などではなく、自分の為に医者を志すようになる。

高石 タケル(たかいし たける)

CV:小西寛子
紋章 - 希望
8歳。緑の帽子を被った金髪碧眼の男の子。パートナーデジモンはパタモン。
泣き虫だが、周りに迷惑を掛けないように良い子を演じていた。ヤマトは兄だが、両親が離婚してしまった為、離れて暮らしている。本人は、ヤマトが世話を焼いて特別扱いすることに不満を持っていた。強いリーダーシップを発揮する太一に憧れており、自分の兄になってくれないかと言うシーンがある。物語の途中でついにその不満をヤマトに打ち明けてしまい、ヤマトが単独行動してしまう要因をつくってしまう。冒険を通じてたくましく成長し、ピエモンに他の子供たちが人形に変えられてしまっても、諦めずにヒカリを守り、エンジェモンを完全体に進化させ、助け出すことに成功した。

八神 ヒカリ(やがみ ひかり)

endouami0628t7
endouami0628t7
@endouami0628t7

Related Articles関連記事

デジモンアドベンチャー02(DIGIMON ADVENTURE 02)のネタバレ解説・考察まとめ

デジモンアドベンチャー02(DIGIMON ADVENTURE 02)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンアドベンチャー02』とは、フジテレビ系列で放送された前作『デジモンアドベンチャー』と世界観が同じ続編であり、冒険、バトルアクションが詰め込まれた少年向けアニメ。全50話。原作は本郷あきよし。デジタルワールドに現れた、新たな敵デジモンカイザーに、新旧の選ばれし子供たちとそのデジモンたちが挑んでいく。今作は前作と比べて進化方法の多彩さなどが魅力。さらに、前作からの登場人物たちの成長した姿を見ることができる。

Read Article

デジモンフロンティア(DIGIMON FRONTIER)のネタバレ解説・考察まとめ

デジモンフロンティア(DIGIMON FRONTIER)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンフロンティア』(DIGIMON FRONTIER、デジフロ)とは、デジモン四部作と言われるシリーズの第四作目。 不思議なメールに導かれ、デジタルワールドに来てしまった神原拓也。そこで手に入れたディースキャナとスピリットによって、デジモンに変身してしまう。襲い掛かる多くの敵。拓也とその仲間たちは、デジモンに変身しながら、現実世界へ戻るためスピリットを探す旅を始める。

Read Article

デジモンテイマーズ(DIGIMON TAMERS)のネタバレ解説・考察まとめ

デジモンテイマーズ(DIGIMON TAMERS)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンテイマーズ』(DIGIMON TAMERS、テイマ、デジテイ)とは、2001年に放送されたデジモンシリーズ第三弾アニメ。デジモンがカードゲームとして流行している世界。そこに住むデジモン好きの少年、啓人の前にある日、思い描いた通りのデジモンが現れる。デジモンの実体化により、テイマーとなった子供たち。現実世界とデジモンワールドの二つの世界で、子供たちの冒険が始まる。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

ワンダースワン用ソフトの累計売上ランキングTOP20まとめ【FF、デジモンほか】

ワンダースワン用ソフトの累計売上ランキングTOP20まとめ【FF、デジモンほか】

「ワンダースワン」とは、バンダイから発売されていた携帯型ゲーム機である。モノクロタイプとカラータイプの二種類があり、シリーズ累計で約350万台を売り上げている。任天堂のゲームボーイなどと比較すると売り上げは少なめではあるが、バンダイの人気作品『スーパーロボット大戦』や『デジモン』のソフトが多く販売されている点が特徴的である。本記事ではワンダースワン用ソフトの類家売上ランキング、TOP20をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents