デジモンアドベンチャー(DIGIMON ADVENTURE)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンアドベンチャー』とは、東映アニメーションが制作したデジモンアニメシリーズの第1作目で、ジャンルはSFや冒険といった、少年向けアニメ。本作を皮切りに、多数のデジモンアニメシリーズが生まれた。現実と異なる世界に迷い込んだ子供たちが、仲間やデジモンと関わり合う中で、出会いや別れを経て自分らしさを見つけて成長していく物語。主人公1人だけではなく、子供たち全員に等しく活躍のスポットが当たる群像劇でもある。子供たちの成長を、デジモンたちの進化という形で分かりやすく見ることができるのが魅力。

デジタルワールド

物語上では、現実世界のコンピュータ・ネットワーク上の情報、データを元に成り立っている。しかし、電脳空間というわけではなく、現実世界から流れ込んだ情報やデータが物体として実体化した異世界である。現実世界の情報が流れ込んでいるため、電車や電話ボックス、電信柱などがある。しかし、なんらかの情報が欠落している為、電話の時報はいい加減で通話もできない。
デジタルワールド内では、ファイル島やサーバ大陸など、コンピュータ関係の名前がつけられている。
デジタルワールドと現実世界の時間の流れは違っており、デジタルワールドで数日過ごしても現実世界では数分しか経っていないが、現実世界で数日過ごすと、デジタルワールドでは数ヶ月も経過している。アポカリモンとの戦闘後は、時間の流れが同じになった。

デジモン

デジタルモンスター。通称デジモン。デジモンは全てデジタマから誕生し、幼年期→成長期→成熟期→完全体→究極体と進化する。全てのデジモンが究極体まで進化するわけではない。寿命が来ると、デジタマに戻り基本的にはじまりの町に帰る。しかし、一度力を使い果たしデジタマに戻ったパタモンはその場に残った。また、現実世界で死んだデジモンがはじまりの町に戻るのか、そもそもデジタマに戻るのかは不明。一度死んでデジタマに戻ったデジモンもすぐに戻るわけではなく、いつになるかは分からず記憶が残っているかも不明である。
デジモンは、ワクチン、データ、ウイルスの3つの属性のどれかを持つ。物語では、主にウイルス種が敵として立ちはだかっているが、ウイルス種以外がいないというわけでもない。3つの属性に良い悪いはなく、進化する際もどの属性に進化するのが正解というわけでもない。
作中で、テントモンがデジタルワールドにはデジモン以外いないという発言をする。ゲンナイやデジタルワールドの安定を望む者など、デジモンではない者も存在する。同じデータとしての存在という意味では同じだが、ゲンナイは上記の属性を持たず、さらに、デジタルワールドの安定を望む者は実体を持たない。

アポカリモンの宇宙

アポカリモンが作り出したというより、アポカリモンの本体であり進化の過程で消えていったものたちの悲しみという本質。闇に覆われており、この闇に終わりはない。この空間は現実世界でも空に映り見ることができた。

データの世界

アポカリモンによってデータに分解された子供たちとデジモンたちが飛ばされた世界。一面真っ白で、二進法の0と1だけの世界。

亜空間

ホーリーエンジェモンの必殺技、ヘブンズゲートで開けられた穴から通じている世界。

暗黒の世界

エテモンが、メタルグレイモンとの戦闘で飛ばされた世界。

アイテム

デジヴァイス

聖なるデヴァイス。物語の序盤に、ヒカリを除く子供たちに落ちてきた。自分のパートナーデジモンを自分の特性に合わせて進化させる為の機械。完全体への超進化、究極体へのワープ進化時に紋章と同じ色に光る。
他のデジヴァイスを表示する機能の他、デジタル時計としても使用ができる。

タグ

紋章をはめ込むことができる。デジモンを超進化させる為のアイテム。デジヴァイスと同じく、元はパートナーデジモンのデジタマと同じところにあったが、保管場所にピエモンが襲撃し強奪。その後の経緯は不明だが、デビモンによって地下洞窟に隠される。

紋章

サーバ大陸の各地に散らばっている。もとは、選ばれし子供たちの最もすばらしい個性をもとに作られた。パートナーデジモンを完全体以上に進化させることができる。しかし、それぞれの紋章の特性を発揮できなければ進化できない。ヴァンデモンは、それを見越してピコデビモンを使い、子供たちの紋章が機能しないように暗躍していた。

黒い歯車

デビモンが作り出す暗黒の力の象徴。黒い歯車を埋め込まれたデジモンは暴走、凶暴化し、埋め込まれた数が多ければ巨大化する場合もある。また、デビモンは黒い歯車を埋め込まれたデジモンを操ることもできる。格上の完全体デジモンにも有効。

デジモンカード

ヴァンデモンが現実世界へ侵攻する為に使用したカード。現実世界への扉を開けるために、3×3のマスに正しくカードを置かなければならず、組み合わせによって違う世界へ通じてしまう。

黒いケーブル

endouami0628t7
endouami0628t7
@endouami0628t7

Related Articles関連記事

デジモンアドベンチャー02(DIGIMON ADVENTURE 02)のネタバレ解説・考察まとめ

デジモンアドベンチャー02(DIGIMON ADVENTURE 02)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンアドベンチャー02』とは、フジテレビ系列で放送された前作『デジモンアドベンチャー』と世界観が同じ続編であり、冒険、バトルアクションが詰め込まれた少年向けアニメ。全50話。原作は本郷あきよし。デジタルワールドに現れた、新たな敵デジモンカイザーに、新旧の選ばれし子供たちとそのデジモンたちが挑んでいく。今作は前作と比べて進化方法の多彩さなどが魅力。さらに、前作からの登場人物たちの成長した姿を見ることができる。

Read Article

デジモンフロンティア(DIGIMON FRONTIER)のネタバレ解説・考察まとめ

デジモンフロンティア(DIGIMON FRONTIER)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンフロンティア』(DIGIMON FRONTIER、デジフロ)とは、デジモン四部作と言われるシリーズの第四作目。 不思議なメールに導かれ、デジタルワールドに来てしまった神原拓也。そこで手に入れたディースキャナとスピリットによって、デジモンに変身してしまう。襲い掛かる多くの敵。拓也とその仲間たちは、デジモンに変身しながら、現実世界へ戻るためスピリットを探す旅を始める。

Read Article

デジモンテイマーズ(DIGIMON TAMERS)のネタバレ解説・考察まとめ

デジモンテイマーズ(DIGIMON TAMERS)のネタバレ解説・考察まとめ

『デジモンテイマーズ』(DIGIMON TAMERS、テイマ、デジテイ)とは、2001年に放送されたデジモンシリーズ第三弾アニメ。デジモンがカードゲームとして流行している世界。そこに住むデジモン好きの少年、啓人の前にある日、思い描いた通りのデジモンが現れる。デジモンの実体化により、テイマーとなった子供たち。現実世界とデジモンワールドの二つの世界で、子供たちの冒険が始まる。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

ワンダースワン用ソフトの累計売上ランキングTOP20まとめ【FF、デジモンほか】

ワンダースワン用ソフトの累計売上ランキングTOP20まとめ【FF、デジモンほか】

「ワンダースワン」とは、バンダイから発売されていた携帯型ゲーム機である。モノクロタイプとカラータイプの二種類があり、シリーズ累計で約350万台を売り上げている。任天堂のゲームボーイなどと比較すると売り上げは少なめではあるが、バンダイの人気作品『スーパーロボット大戦』や『デジモン』のソフトが多く販売されている点が特徴的である。本記事ではワンダースワン用ソフトの類家売上ランキング、TOP20をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents