龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

胸が揺れる

「キャバつく」に登場するものも含めて、全てのキャバ嬢の胸が揺れるという、プレイヤーの視線をそそってくる演出がある。このキャバ嬢たちの胸は接客中やストーリー中のムービーやイベントでも揺れることがあり、さらにキャバ嬢のモデルはオーディションで厳選した美人揃いであるため、プレイヤーにとっては目の保養となること間違いないだろう。

桐生と谷村の不満

「キャバつく」でNo.1のキャバ嬢を育てていない状態で、桐生もしくは谷村でエリーゼに行くとフリー入店で下品なキャバ嬢(アッコ)、退屈なキャバ嬢(タカコ)、生理的に受け付けないキャバ嬢(ミユキ)が高い確率で接客に出てくる。これらのキャバ嬢の接客を受け、その彼女らの態度の悪さから桐生と谷村が不満を漏らす様子を見ることができる。

長時間放置で居眠り

「キャバつく」のドレスアップ選択画面で、何も操作しないで長時間放置していると、キャバ嬢が目を閉じて居眠りするようになる。こちらも胸が揺れるのと合わせてプレイヤーにとっても目の保養となること間違いないだろう。

遥とフルーツ盛り

本作のストーリークリア後に、メインストーリーの進行とは無関係で神室町を自由に探索できるモード「プレミアムアドベンチャー」があり、この「プレミアムアドベンチャー」では桐生が主人公の時、遥を連れて神室町を探索することができる。そして、遥を連れてエリーゼに行った際、遥はエリーゼも含めたキャバクラには入ることはできないため、彼女を外で待たせてから入店することになる。この場合、入店するとエリーゼの店内のテーブルにあるはずのないフルーツ盛りが置かれている。また、遥を最初から連れずにひとりで入店すると、画面の半分がフルーツで隠れて見えなくなるというバグのような現象が起きる。

主人公たちの煙草の扱い

アドベンチャーパート中に主人公を操作せずに長時間放置すると煙草を吸い始めるというアクションがあり、このアクションは4人に共通している。ちなみに主人公ごとに煙草を吸った後の火消しの動作が異なり、桐生と谷村は律儀に携帯灰皿を使って処分しているが、秋山は靴の裏で踏み潰し、冴島は手で握って消すという無作法な処分をしている。

階段で瞬間移動

ニューセレナ裏からスカイファイナンスへと繋がっている階段を、自販機のある側から壁に沿って上って行くと、ほんの一瞬となるが瞬間移動でもしたかのように少し浮くという現象が発生する。ちなみにこれはどの主人公でも発生させることができる。

消えた狭山の写真

前作「龍が如く3」で、あさがおの桐生の部屋には狭山の写真が飾られていたが、本作ではなぜかその写真がなくなっている。片付けられたのか、もしくは無くなったのか、その理由は未だわかっていない。

ナイールの好き嫌い

谷村のストーリー中に挑戦できるナイールとの修行イベントを全てクリアすると、ナイールがいなくなってしまうため他のキャラで彼女に話しかけることができなくなる。しかし、プレミアムアドベンチャーで再スタートすると、鳩と戯れるナイールが現れて、桐生、秋山、冴島でも話しかけることができる。ちなみに話しかけたのが桐生の場合だとナイールの反応は良いが、秋山と冴島の場合だとそれぞれ怒ったり泣いたりすることから反応が悪いということから、好き嫌いがあることが窺える。

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の主題歌・挿入歌

Zeebra:Butterfly City feat. RYO the SKYWALKER,Mummy-D & DOUBLE

作詞:Zeebra/DOUBLE/R.Yamagichi/Mummy-D
作曲:Zeebra/DOUBLE/R.Yamaguchi/DJ HASEBE/Mummy-D

本作の主題歌を担当する曲で、Zeebraの15枚目のシングルにもなり、2010年3月17日にアリオラジャパンから発売されている。そして、Zeebraがアリオラジャパンに移籍した後に出したシングル第1弾としても知られており、13枚目のシングル「Bushido」から約2年ぶりのリリース曲でもある。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)』のポイント解説。キャッチコピーは「その生き様に、男たちの血が騒ぐ」。遥が主人公になると話題を呼んだ本作は、シリーズ最大のボリュームを誇る傑作アクションゲームとなっています。球界と芸能界、さらには日本各地の極道組織を巻き込む大規模なストーリーと、それに負けない程の濃いサブストーリーが用意されています。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

目次 - Contents