龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

スタートメニューの「人物」では、これまでに出会ったキャラクターの情報などが自動的に記録される仕組みとなっており、具体的な例として、狭山薫の紹介文は以下のように変化していく。

一章:警視庁に新設される部署に教育係として配属予定。
二章:最近ようやく左ハンドルの車の運転に慣れてきた。
三章:食生活の変化のおかげで、最近体重が増えてきたことを気にしている。
四章〜七章:現地警察の金髪美男子に食事に誘われ、返答に困っている。
八章〜九章:現地警察の金髪美男子に食事に誘われたので、急いで洋服を買いに走っている。
十章〜十一章:現地警察の金髪美男子に食事に誘われ、高級レストランで食事中。
十二章:警視庁に新設された部署で教育係としてアメリカで実地訓練を行っている。

このようにストーリーを進めるごとに記録が変わっていくキャラクターがいるが、中には記録が変化しなくそのままとなるキャラクターもいる。

回復アイテムとして登場した「ザ・プレミアム・モルツ」

本作でも回復アイテムとして登場する、サントリーが販売するビール商品のひとつ「ザ・プレミアム・モルツ」は、「最高金賞のうまさ」というキャッチコピーと、説明文でこう絶賛されるほどの美味しさで有名となっている。

「世界的なコンテストで日本初の最高金賞を3年連続受賞した…日本を、いや、世界を代表するプレミアムビールです。徹底した素材へのこだわりと、長きに渡って磨かれてきたサントリーの卓越した製造技術がこの奇跡の美味しさを生み出したのでしょう。これを飲みながら、刺身をつついたり…休日の午後に自宅でブルーレイを見ながらとか…うーん、贅沢ですね」

ちなみに本作の主題歌を担当している矢沢永吉もこのビールのTVCMにも出演しており、さらに彼をデザインに採用した数量限定のカジュアルギフトのデザイン感も販売されている。

『龍が如く3』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):矢沢永吉「Loser」

作詞:高橋研
作曲:矢沢永吉

本作のオープニングテーマと主題歌を担当する曲。CDジャケットは本作とのコラボによって、ジャケットがディスク版のパッケージデザインとなっている。

挿入歌:矢沢永吉「時間よ止まれ」

作詞:山川啓介
作曲:矢沢永吉

本作の挿入歌を担当する曲。矢沢永吉の5枚目のシングルで、本作の他にも資生堂のCMソングに採用されている。

ED(エンディング):矢沢永吉「想いがあふれたら」

作詞:高橋研
作曲:矢沢永吉

本作のエンディングテーマを担当する曲。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

龍が如く7 光と闇の行方(Yakuza: Like a Dragon)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如くシリーズ」の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、龍が如くの主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼がどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents