夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:寺崎裕香

アニメオリジナルキャラクター。
友人帳に名前のある妖。
レイコに名前を書いた紙を木の枝に結ばれてしまった。
50年後に貴志の元に現れ、一緒に名前の髪が結んである木を探した。

笹舟(ささふね)

CV:広橋涼

人魚の妖。
友人帳に名前のある妖。貴志に名を返してもらう。
人魚の血や肉を食べると不老不死になると言われており、仲間の多くは人間に狩られたため人間嫌い。傲慢な性格。
人間の少女「千津」と友達になりたかったが、千津は知り合いの病弱な男性を元気にするために人魚の血が欲しいと笹舟の血を求め、笹舟は千津に失望し葡萄汁をあげる。
千津は泣いて喜んだため笹舟は自己嫌悪し、血を分けてあげ無かった事を後悔していた。
千津の方は人魚の血を飲ませた男性はその後どうなったのかと心配し、もし本当に不老不死になっていたとしたら、なんて浅はかな事をしてしまったのだと後悔していた。

巳弥(みや)

CV:杉本ゆう

貴志がフリーマーケットで貰った絵を追って貴志の元に現れた妖。
その絵は自分の物で、絵の中には八坂という人間の男性が宿ってると話し、貴志から取り返そうとする。
しかし壁に飾った絵は何故か取り外せなくなっていた。
昔、満開の桜の木の上でお花見をしていた巳弥は気分が良くなり、近くに居た病弱な青年八坂に気まぐれに話しかけた。
仲良くなるにつれ自分が妖であることを知られるのが怖ろしくなり、桜で自分の姿が見えない季節だけ八坂の前に現れて語らった。
その関係が何年が続いたがある年から八坂は来なくなり、その後有名な妖怪絵師の絵の中に八坂が居るのを知り、巳弥はその絵と一緒に各地を旅していた。
しかし実際には八坂は絵に描かれただけで魂は宿っていなかった。
貴志の部屋に置いた妖怪絵師の絵は根を張り貴志の生気を吸っていた。
貴志を思い巳弥は絵を焼く決心をし、その前に巳弥と貴志とニャンコ先生は絵の周りの壁に桜を描いた。
絵を描き終わると貴志は気絶してしまい、巳弥と八坂が再会する夢を見た。

春地蔵(はるじぞう)

CV:太田哲治

強面な顔をしているが、人々の吉凶を占う無害な妖。
八坂の描かれた絵に生命力を吸われている貴志の前に現れ、注意するよう警告した。

カリメ

CV:千々和竜策

気に入った家に入り、家に住む人々に嫌がらせをして追い出し、家を自分の物にしてしまう妖。
凶悪な妖でコミュニケーションを取ることは不可能。
滋が小さいころの藤原家に進入し、レイコに退治された。
その後山で貴志とレイコを間違えて追い、再び藤原家に侵入しようとした。
滋の思い出話やカリメに食われそうになった時に見たレイコの記憶から、貴志もレイコと同じ呪術を使って藤原家からカリメを追い出した。

アオクチナシ

CV:京田尚子

山の社に祭られた神格。通称オババ。
過去にレイコと交流があり、良く分からないまま友人帳に名前を書いた。
レイコはオババを人間だと思っていて、オババに鏡を貸したが、オババの正体を知り友人帳に名前を書かせた後交流を絶った。
オババは鏡を返すためにレイコを探しており、妖の見える貴志を利用しようとするが、貴志はレイコの孫でありレイコは死んだと聞かされる。
強力な力を持っているが、人々からの信仰心が消えていくにつれ視力が衰えていき、今は僅かにしか見えない。
優しく上品そうな見た目をしているが、強引でせっかちな性格。

影茶碗(かげぢゃわん)

名匠に作られた茶碗が捨てられた後に妖になったもの。
家の軒下に住み、走り回って家の人に災厄を知らせ、自分が身代わりになることもある。
藤原家に住み着いていたが、妖怪に襲われ怪我をした貴志の代わりになって砕け散った。

カナワ

CV:星野貴紀

アニメオリジナルキャラクター。
友人帳に名前がある妖。
「浮春の郷」と呼ばれる妖の桃源郷のような場所出身で、妹と共に現世(貴志たちの居る世界)へやってきた。
しかし郷へ帰る扉が閉まって帰れなくなってしまい、帰る方法を探すうちに体が錆びていってしまう。
錆びた体からは低級妖怪を傷つける瘴気を発し、妹も衰弱して死んでしまったため、山奥で一人朽ち果てるのを待っていた。
そのときにレイコと出会い、叩いてかぶってジャンケンポンの勝負に負けて友人帳に名前を書いた。
人間嫌いのレイコを思い郷の扉が見つかったら一緒に来るかと誘うが、レイコは返事をせず悲しそうな顔をした。
その後扉を探して田沼の父が不在の隙に寺に侵入し、寺にある神楽堂跡地へ行く。
田沼は妖の気配を察知し、貴志は田沼から話を聞き心配して神楽堂跡地に行きカナワと出会い、名を返した。
カナワは浮春の郷から追放された妖・サグメに傷つけられ、流れた血により扉が出現し、郷へ帰って行った。

サグメ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents