夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:能登麻美子

高貴な妖が通う「磯月の森」で琴を弾いていた。
森を治めていた壬生神を慕っていたが、体が土のように乾いて崩れる病気に掛かり森を出て行った。
現在は瓢箪の中で眠っている。

アカガネ

CV:伊丸岡篤

「磯月の森」で壬生神の傘持ち兼用心棒をしていた妖。
アサギにもう一度琴を弾かせてやりたいと思い、アサギを貴志に憑依させる。
アサギはアカガネのためにもう一度琴を弾きたいと思っており、最後の力で琴を弾いた。
その後アサギは瓢箪の中で長い眠りにつき、アカガネはアサギを連れて里へ帰った。

玄(げん)

CV:吉野裕行

像に宿った森の守り神をしていた妖。
当初は貴志に取り憑こうとしたが近くにあった雪兎に入ってしまい、それを寄り代にする。
そのためか本来の姿になってもウサ耳が生えている。
悪霊になってしまった翠を止めようと、貴志と協力する。

翠(すい)

CV:高垣彩陽

玄と共に像に宿り人々を守っていたが、貧困にあえぐ人間に像を壊されてしまう。
その悲しみと憎しみにより悪霊となってしまった。

スミエ

CV:本田貴子

友人帳に名前のある妖。
温泉旅館の押入れの中にあった瓶に封印されていた。
貴志に名を返してもらうが、そのまま貴志を食おうとする。
ニャンコ先生から大物と言われるほど力の強い妖であったが、三つ目の妖怪に退治された。

三つ目の妖怪

CV:斧アツシ

スミエを対峙した妖。
貴志は何かを担いだ小さな妖怪たちが水溜りで進めなくなっているのを助け、その妖怪達が運んでいたのが三つ目の妖怪(この時は骨の姿)であった。
この恩に報い、貴志を襲うスミエを対峙し貴志を救った。
強い力をもつ大妖怪。

タマ

CV:あおきさやか

辰未(たつみ)という鳥と竜に近い妖。卵から生まれた。
藤原家に出来た鳥の巣に卵が残っており、貴志とニャンコ先生が拾い、ニャンコ先生が卵を温めて孵化させた。
初めて見た物の姿を真似するため、貴志に近い姿を取った。
タマという名前はニャンコ先生がつけた。
始めはすくすくと育っていたが、貴志との別れを嫌がり成長を嫌がるようになり、次第に衰弱していく。
タマを狙う妖「磯月のネズミ」に襲われ、貴志がそれを庇い怪我すると、それを見たタマは覚醒し大きな鳥のような姿になり暴れた。
貴志に宥められ、その後本来タマのいるべき所へと巣立って行った。

磯月のネズミ

CV:桐本琢也

食べると不老不死になるという辰未の雛を主に献上するため、卵を狙っていた妖。
僧侶の姿をして藤原家に現れた。
普段はネズミの姿をしている。

霧葉(きりのは)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents