夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:青野武

友人帳に名前のある妖。
貴志の家の近くにある森「七つ森」にある祠に住んでいて、ニャンコ先生とは顔見知り。
偶然雨乞いの神になり、昔はとても信仰されていたため人間と同じサイズであったが、段々と信仰する人が減っていき小さなサイズになった。
現在露神を信仰しお参りするのは老婆のハナだけになった。
友人帳のページが妖・ススギと米でくっついてしまっていて、二人同時に名を返された。
その後ハナが亡くなった為、居合わせた貴志とニャンコ先生に見送られ消滅した。

ススギ

CV:安元洋貴

友人帳に名前のある妖。
「まいりました」と言いながら木陰を伝って移動する。
村人に残飯を貰う代わりにお皿洗いをする生活をしていた。
名前が判明するまでは「キューちゃん」と呼ばれていた。
露神と一緒に名を帰された。

時雨(しぐれ)

CV:土田大

友人帳に名前のある妖。
元々は幸福の神であったが、欲深い人間に監禁された悲しみから妖になった。
貴志の通う高校の旧校舎に住んでおり、笹田が旧校舎で失くしたお守りを拾ってあげた。
その際には頭にバケツを被っていて、笹田からはバケツ君と呼ばれる。
その後肝試しで笹田と再会し、笹田から「あなたは不浄じゃない」と言われ、感謝しながら消えていった。

さんと

CV:平井善之

アニメオリジナルキャラクター。
友人帳に名前がある妖。
かつてレイコと「霧ヶ沼に行く」という約束をし、既に廃線になった駅でずっとレイコを待っていた。
その後貴志に名を返された。

みくり

CV:柳原哲也

アニメオリジナルキャラクター。
さんとの友人。
さんとがレイコに名を預けた事に怒り、さんととは喧嘩したままになっていた。

燕(つばめ)

CV:柚木涼香

貴志の家から自転車でいける距離にある「二葉ダム」の水底で長い間眠っていたが、ダムの水位が下がった事で目覚めた妖。
元は燕の低級妖で、名前を持って居なかったが貴志に「燕」と名づけられる。
昔餌をくれた恩人の男性「谷尾崎」に会う為に、ダムを通りかかった貴志に取り憑く。
谷尾崎を見つける事は出来たが、妖が見えない谷尾崎とは触れ合うことは叶わなかった。
その後貴志は妖の祭り「ふたばの祭り」で行われるレースに参加して、景品の一晩だけ人間の姿になる事が出来る浴衣を勝ち取り燕に渡した。
浴衣を貰った燕は谷尾崎の元へ向かい、貴志はその後燕は会う事はなかったが、後日貴志は谷尾崎から浴衣姿の燕と写った写真を見せてもらった。

垂申(タルサル)

CV:高瀬右光

友人帳に名前のある妖。
燕と同じく二葉ダムの水底にある廃村で眠っていたが水位が下がった事で目覚め、貴志を訪ねて名を返してもらった。
貴志をふたば祭りに誘いそこで食おうとしていたがニャンコ先生に阻止され、その後食べるより面白そうだと気が変わりレースに参加しようとする貴志を手伝った。
その後またダムの廃村に戻り眠りについた。

ホタル/キヨ

CV:桑島法子

妖を見る事が出来た男性「章史」の友人で、蛍だった妖。
二人は惹かれあうが、章史は突然妖を見る事が出来なくなってしまう。
低級妖であるため名前はなかったが、章史から「ホタル」と呼ばれ、貴志からは「キヨ」と呼ばれる。

アサギ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents