夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:本多知恵子(1・3・4期)川澄綾子(6期)

名取の式。
ニャンコ先生からは「ちりちり」と呼ばれ、仲が悪い。
貴志の事も気に入らず、名取を面倒ごとに巻き込む人間だと思っている。
柊が来てからは影が薄くなりがち。

瓜姫(うりひめ)

瓜姫(左)。

CV:樋口あかり

名取の式。
攻撃的な性格であるが、名取に対しては忠実。
笹後と同じく柊が来てからは影が薄め。

その他

リオウ(黒ニャンコ)

黒ニャンコ(右)。

本来の姿は、羽根があり人より少し大きい人型の姿。

CV:松風雅也

友人帳に名を書かれた妖。
長い間人によって封じられていて、貴志の前に黒い招き猫を寄り代にした「黒ニャンコ」の姿で現れた。
自分がきっかけで自分を慕う妖たちが人里を襲おうとしているのを阻止するために貴志を頼る。
猫の姿の時は喋らない。

石尾 カイ(いしお カイ)

CV:竹内順子

貴志が廃墟で出会った少年。
何かに追われている所を貴志が助け、以降貴志と怪我を手当てしてくれた多軌に懐く。
正体は人に化けられる程の強い力を持った妖で、山にある妖が封印された井戸の封印を解こうとしていた。
カイを追っていたのは名取で、名取と貴志が知り合いだったのを知り、貴志が自分を騙して近づいてきたのだと誤解し、貴志の前から消えてしまう。
貴志はカイと仲直りがしたいと思いカイを探し、井戸の妖に襲われるカイを庇って助けた。
原作版では多軌の作ったクッキーをカイが受け取る前にカイは元居た山に帰ってしまう。
アニメ版では貴志から多軌のクッキーを受け取り食べていた。

木の上の妖怪

CV:大浦冬華

幼少期の貴志が出会った妖。
木の上に住んでおり、一人ぼっちで退屈な毎日を過ごしていた。
ある日自分が見える少年・夏目貴志に出会い、嬉しくてついちょっかいを出してしまう。
しかしこのちょっかいが貴志の心を傷つけてしまう。
貴志が引っ越してしまってからはもう会うことは無いだろうと思いながらも気にかけていた。
そして現在、過去のつっかえている事を解消しようと思った貴志は、電車で木の上の妖怪に会いに行き、再会を果たす。
貴志は木の上の妖怪がいつも一人の自分の事を思ってちょっかいを出していた事に気づき、もう一度会いたいと思っていたのであった。
木の上の妖怪は大きくなった貴志を見て喜び抱きついた。
猫に化けることもできる。

かりかげ

CV:河本邦弘

原作では友人帳に名前のある妖で、貴志が名前を始めて返した妖。
アニメ版では友人帳に名前のない友人帳を狙う妖で、名前は「長耳の妖怪」という個人名なしの設定になった。

ひしがき

CV:藤貴美子

友人帳に名前がある妖怪。
作中で貴志が始めて名前を返した妖怪でもある。
レイコと饅頭を争って勝負する事になり、負けて名前を書く事になった。
レイコに名前を綺麗だと褒められ、レイコが呼んでくれるのをずっとまっていたが一度も呼ばれる事はなく、孤独を募らせる。
レイコが一人で寂しいのではないかと案じていたが、貴志の祖母はきっと一人じゃなかったという返答に満足しどこかへ消えていった。

露神(つゆかみ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents