夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:岡村明美

呪詛使いの女の妖。
着物姿でキセルを愛用しているのが特徴。
姉御肌で面倒見がいい。
男嫌いだが、レイコのことを気に入っていたため顔が似ている貴志のことも気に入っている。
レイコに断られたため友人帳に名前は書いていないらしい。
しかし何度も貴志に協力してくれている。
ニャンコ先生とは旧知の仲らしく、よくケンカしている。

三篠(みすず)

CV:黒田崇矢

友人帳に名前があった妖。
かなりの巨体で右手は馬、左手は人間という姿。
貴志が現在の友人帳を持つ人間だと知り、ふさわしいか見極めるためあえて試すようなことをした。
その際、友人帳を持つにふさわしくはないと判断したが、人柄が気に入り名前をそのまま預けている。
ニャンコ先生、ヒノエ同様力の強い妖でプライドが高い。
貴志の命令には素直に従うため、何度か助けてもらっている。

中級妖怪(つるつる、牛)

つるつる(左)、牛(右)

つるつるCV:松山タカシ
牛CV:下崎紘史

一つ目のつるつると牛の中級妖怪コンビ。
貴志の事を「夏目様」「夏目の旦那」と呼んで慕い、「夏目組・犬の会」を作る。
呼び方は「夏目さまに恩をうる会」「夏目さまを偲ぶ会」など時々で変わる事もある。
ニャンコ先生に対しては「斑様」と呼んでいるが、飲み会などで迷惑を掛けられるため影ではブサネコと呼ぶ。
調子が良く少々いい加減であるが、本心から貴志を慕っている。

ちょび(ちょびひげ)

CV:チョー

多軌が各地に「姿写しの陣」を書いているのを見て、止めて欲しくて貴志を頼った妖怪。
以降度々登場するようになる。
人の子は可愛いが好きになれず、表情のある生き物は苦手。
ニャンコ先生とはよく口喧嘩をする。
本名は不明であるが、自分を高位の妖と名乗りニャンコ先生の張った結界を自力で抜けたこともある。
語尾は「~であります」。

紅峰(べにお)

CV:渡辺美佐

ニャンコ先生の古くからの知り合い。
ニャンコ先生を「斑様」、黒ニャンコこと「リオウ」を「主様」と呼び慕っている。
猫の姿のニャンコ先生と黒ニャンコをちんちくりんと称し、その美しくない姿に嘆く。
貴志に対してはニャンコ先生を通じて協力的で、貴志がリオウを救ってからは恩義を感じている。

子狐(こぎつね)

CV:矢島晶子

森に住む狐の妖怪。
母を亡くし墓標を母様と呼んでいる。
性別は不明で、原作では一人称は「私」、アニメでは「僕」になり、アニメ版では恐らく男の子として描かれている。
力が弱く、中級妖怪に苛められている所を貴志に助けられ、以降貴志を慕うようになる。
自力で人に化けられず、人に化ける薬を使っても耳や尻尾が出てしまう。
人に化ける薬を使って列車に乗って貴志に会いに行った。
犬の会の正式メンバーではなく、毎回登場するわけでは無いゲストキャラ扱い。
愛らしい見た目や守ってあげたくなるような健気さでファンから人気があり、フィギュア化された。

カッパ

CV:知桐京子

低級妖怪。
暑い所が苦手で、頭のお皿が乾いて倒れているところを貴志に助けてもらう。
それ以降貴志を「夏目親分」と呼び慕っている。
登場シーンは毎回熱さで干からびて倒れている。

名取の式

柊(ひいらぎ)

CV:雪野五月

名取の式。
元々は山守をしていたが、人間に捕らわれ蔵護りとして封じられ、蔵及び家に縛られてしまう。
幼少期の名取と出会っており、名取から傷の手当をして貰ったことがある。
大人になった名取が祓い屋になったと知ると、対峙されて名取の功績になろうとするが、名取の方は柊を倒す気がなかった。
名取と貴志は柊を蔵護りから開放し、柊は名取の式となった。
名取の事を「主様」と呼び慕い、貴志の事も何かと気にかけている。
性格は無口なストイックで、貴志やニャンコ先生には辛辣な事を言う。

笹後(ささご)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents