夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:喜多道枝

妖・露神の祠に小さい頃からお参りをしている老婆。
女学生の頃に一度だけ露神の姿を見た事がある。
現在祠にお参りをするのはハナ一人だけで、病気を患っていたハナが亡くなると、人からの信仰を失った露神も消滅した。

民子(たみこ)

CV:石毛佐和

ニャンコ先生が落っこちた穴の中で出会った少女。
始めはニャンコ先生を白豚だと思うが、その後ネコちゃんと呼ぶようになる。
親とピクニックへ行く予定であったがダメになり、一人で森に入り穴へ落ちてしまった。
ニャンコ先生は民子が眠ると斑の姿になって民子を交番へ届けた。
その後、夏祭りでニャンコ先生と再会。
原作では名前不詳で、アニメ版で「民子」という名前になった。

呪術師

CV:世戸さおり

自分の式を的場に殺され、的場に復讐しようとしていた呪術師。
的場を襲わすために強い妖を使役しようとするが失敗。
この時に的場はニャンコ先生と貴志を矢で怪我させ、ニャンコ先生が暴走し、ニャンコ先生を使役する貴志に目をつけた。

緒方 ユリコ(おがた ユリコ)

CV:伊藤静

貴志が中学の時の同級生。
赤点を取ると神社に行く習慣があったが、そこで神社で眠る貴志を発見する。
起きた貴志は驚いてユリコを蹴ってしまうが、ユリコはそれから貴志に興味を持つ。
ある日、教室で貴志の座る窓際の席に近い窓が突然割れ、教師はそれを貴志のせいであるとし保護者が呼び出される。
当時の貴志の保護者は、問題を起こす貴志の面倒は見られないと見捨て、貴志は別の家に引き取られ転校する事になってしまう。
ユリコは一人ガラスは内側に飛び散っていると主張し、何故誰も貴志をちゃんと見ないのか叫ぶが、聞いてもらえなかった。
ユリコは、貴志が何か人に見えていないものが見えているような気がしており、周りが貴志と距離を取る中、一人貴志に惹かれ、嫌っていなかった。
貴志の近くの窓が割れたのは、貴志に懐いた妖のせいであった。

双子の兄妹

兄CV:河城英之介
妹CV:秋枝一愛

OVA「ニャンコ先生とはじめてのおつかい」に登場。
商店・三つ森ストアにお使いに行こうとするが、森に迷い込んでしまう。
赤トンボを追って同じく森に迷い込んだニャンコ先生と出会い、ニャンコ先生は嫌々二人と一緒に三つ森ストアを目指すことになる。
二人はニャンコ先生大きい狸だと思っている。
三つ森ストアには無事到着し、お店では心配した母親が待っていた。

クロサキ ソウゴ

CV:郷田ほづみ

第五期2話に登場する妖「少女妖怪」にタオルをあげた男性。
本来妖を見る事が出来ない普通の人間であるが、ある雨の日たまたま少女妖怪を見る事が出来た。
バス停に居たずぶ濡れの少女妖怪をタオルで拭いてあげた。
ソウゴが少女妖怪を見たのはそれ一回っきり。
少女妖怪はバス停で何十年もの間ソウゴを見守っていたが、ソウゴが姿を見せなくなった事で不安になり貴志を頼る。
貴志の協力の結果、ソウゴは入院している事が分かり、貴志を通じて少女妖怪はソウゴにタオルを返した。
しかしソウゴはタオルを上げた事も少女と出会った事も覚えていなかった。
その後、貴志は新しいタオルをソウゴから貰い、それを少女妖怪にあげた。

クロサキ ナナコ

CV:清都ありさ

ソウゴの孫の女子高生。
貴志がソウゴの行方を探している時に、少女妖怪が通り縋ったナナコに対しソウゴと同じ匂いがすると言ったため貴志が声をかけた。
始めは貴志を不審者だと思い警戒して居たが、何度も貴志が尋ねてくるため心をうたれ、ソウゴが入院した事とその場所を話した。

『夏目友人帳』に登場する妖怪

夏目組・犬の会

貴志の事を慕い、貴志が何かに困っていたり貴志が呼んだら犬の如く駆けつけようと言う妖の集まった飲み会サークル。
事あるごとに宴会をしようとする。

ヒノエ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents