夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:高坂篤志

貴志のクラスメイトのクラス委員長。
貴志と仲が良く、貴志が転向して来た時から話しかけ親しくしていた。
原作では度々登場するが、アニメ版では文化祭の話で一度だけ登場。

祓い屋

名取 周一(なとり しゅういち)

CV:石田彰

人気俳優であり祓い屋。
美青年で芸能人特有のキラキラしたオーラを放っており、人目を集めては楽しんでいるような様子が多々見られる。
妖の見える人間にしか心を開かず、そういった点でも貴志のことを気に入っている様子。
妖に対しあまりいい印象を持っておらず、妖に感情移入する貴志に忠告することもしばしば。
「ヤモリの形の痣」の妖が体に住み着いている。
全身を動き回っているが、その様子は普通の人間には見ることができない。
また、左足にだけは決して移動しないため本人は不気味に感じ、同業者からは左足がいずれ失われる所だからと揶揄される。
全身を動き回るだけで健康などに影響はない様子。なお、正体やなぜ住み着いているかの理由は不明である。
祓い屋の仕事をするために「柊」「笹後」「瓜姫」の三体の式を使役している。
一度貴志が妖に名前を返しているところを見ており、友人帳の存在は知っている。
貴志本人に詮索はしないが式を使って友人帳について調べており、後に貴志から直接話をされると「そんな危険なもの焼いてしまえばいいのに」と口にした。
本来は力でねじ伏せ妖怪を封印していたが、貴志と出会ったことで心境に変化が訪れたのか、強引なやり方を躊躇するようになった。
名取の家は妖祓いをする家系であったが廃業になり、名取の家の人々は妖に関わる事を恐れるようになった。
そのため祓い屋をまた始めた周一を名取家は良く思っておらず、折り合いも悪い。
高校生の周一は祓い屋「タクマ」と出会い、タクマを師として強く影響を受けている。
祓い屋の「的場静司」より一つ年上で、的場からは「使える人物」と思われ、何を仕出かすか分からない的場の事を危険視している。

的場 静司(まとば せいじ)

CV:諏訪部順一

的場一門の現当主。アニメでは三期から登場。
的場一門とは祓い屋をまとめる大家で、一家から能力者が出なかった家系などを妖から守る互助組織。
情報共有して妖を封じたり、仕事を与えたり、会社組織の在り方に近い。そのため個人事業の同業者たちからは煙たがられている。
的場の先祖に仕事を手伝ったら右目を食わせるという契約で妖を使役し約束を破ったものがおり、代々当主の右目が狙われるようになった。
そのため静司も常に右目に模様の入った眼帯をつけている。当主になる前の静司は眼帯をつけていない。
眼帯の下は醜い傷があるらしいが、詳細は不明。
一つ年上の名取を上から目線であるが一方的に慕っており、名取と一緒に妖を封じその手柄で当主になった。
貴志の事は始めは名取の連れ程度にしか思わなかったが、貴志が素手で自分の式を振り払ったことや大妖怪の斑(ニャンコ先生)を連れていることなどで興味を持つ。
後に夏目レイコの孫だと知りさらに興味を持ち、的場一門に勧誘する。
貴志は勧誘を断るが、的場は貴志が藤原家に住んでいることや夫妻が貴志の能力について知らない事などを上げ脅している。
また、貴志に対して手紙を送ったが偶然貴志が読む前に名取の手に渡り、名取の手で破り捨てられた。書いてあったことなどの詳細は不明。
一度貴志を捕らえた時に友人帳に触れているが、友人帳に書いてある文字を落書きと思い特に興味を持たなかった。
人に対しても妖に対しても使えるか使えないかの価値観で物事を計る合理的な性格で、力で妖を従わせたり他人の式を潰すなど非情さを持つ。
弓が得意で呪符をつけた破魔矢で大妖怪を一撃で倒したり、ニャンコ先生とも互角に渡り合える程の実力を持つ。
しかしそれでも妖力はレイコや貴志の方が高い様子。

七瀬(ななせ)

CV:土井美加

的場一門の秘書。
妖を危険な存在とし、使役している妖を乱暴に扱ったり妖に対して非情。
名取とは折り合いが悪いが、的場の会合などで度々顔が合う。
小さい頃は祓い屋の家の子供として妖とどう接するべきかという事に悩み、貴志やレイコのように一般人から気味悪がられていた。
この頃に祓い屋たちの間で噂になっていた夏目レイコに会いに行こうとするが、結局会えず仕舞いであった。

その他

慎一郎(しんいちろう)

CV:波田野由衣(幼少期)

多軌の祖父。
妖にとても興味を持っており、妖の研究をしていた。
ニャンコ先生曰く素質は持っていたが、感覚の波長が合わずに妖が見えなかったのではないかとのこと。
多軌が幼い頃に他界している。
多軌の家の蔵には妖に関する資料や護符など大量の遺品が残っている。
また家の中は未完成の護符などが貼られ、妖にとっては多軌の家は迷路のようになっている。
慎一郎本人は見えなかったが、妖たちは慎一郎を変わり者として面白がり家に遊びに来ていた。
慎一郎が病気になると医者の真似事をし、早く良くなれ、自分達を見たいのだろうと励ましていた。
多軌が使った「姿写しの陣」は慎一郎が生前に作ったものであった。

田沼の父

CV:松本保典

田沼の父親で住職。
田沼と同じく妖は見えないが、修行によって強力な法力を持っている。
背中には神格レベルの妖がついており、貴志など妖が見えるものには後光が差して見える。
この妖が守るのは田沼の父のみ。田沼の父に妖が憑いてる自覚は無い。

タクマ

CV:山路和弘

元祓い屋。
名取にとっては師匠のような存在。
段々と妖が見えなくなっていき、ある日完全に見えなくなってしまう。
「銀露」「ジンベ」「紅紐」の三体の妖を式にしていたが、契約解除をする前に能力を失くしてしまった為、式達はタクマが亡くなるまで契約状態が続くことになってしまう。
その後、タクマの家には妖のものと思われる不穏な出来事が多発するようになった。
タクマは式たちが自分を殺して契約を解除するつもりなのだと思うが、真相はタクマの娘「月子」が家の中のあちこちに護符を貼ったため外に締め出されたジンベと紅紐が、タクマに捨てられたと勘違いしたための行動であった。
タクマがピンチになればまた自分達を頼るはず、という物騒ではあるが健気な行動なのであった。
ジンベと紅紐は貴志と名取によってタクマはもう妖が見えないことを説明され貴志の力で解約の儀をし、タクマの元から離れた。
銀露はそのままタクマの元に残ることを選んだ。
タクマは祓い屋であるが使役する妖に対して相棒として優しく接し、休日に一緒に映画を見に行くなど、式との信頼関係があった。

ハナ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents