夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:伊藤美紀

貴志を引き取った藤原家の住人。滋の妻。
滋とはおしどり夫婦そのもので、非常に仲良し。
滋との間に子供はなく、二人きりの生活に満足しているが、もしどちらかが先に死んでしまっらと考えて悲観していた。
そんな時に滋から遠い親戚の少年(貴志)を引き取りたいと相談を受け、その提案を自分なりに良く考えた上で賛成した。
貴志は現在も夏目の姓を名乗っており、養子縁組したわけではなくあくまで引き取ったのみ。
貴志への第一印象は「良い子」で、とても気に入っていた。
家に着てからは貴志と本当の家族になりたいと思い、貴志に優しく接する。
料理が得意で、毎日手料理を作っている。
買い物が好きで、買い溜めしてしまう癖がある。花も好き。
いつも一羽でいるカラスを気にし、見かけるたびに声を掛けて貴志にカラスを友達だと紹介した。
貴志を「貴志くん」、滋を「滋さん」、ニャンコ先生を「ニャンキチ君」「ネコちゃん」と呼ぶ。
貴志からは「塔子さん」と呼ばれる。

藤原 滋(ふじわらしげる)

CV:伊藤栄次

貴志を引き取った藤原家の住人。塔子の夫。
貴志とは父方の遠い親戚で、殆ど他人に近い程遠い親戚の葬式に出た際に貴志と始めて対面する。
貴志の境遇を知り自分達で引き取りたいと思い、塔子に相談の上貴志を藤原家に招いた。
親戚を盥回しにされていた貴志を引き取るという行為から、親族からは奇特な人間と囁かれた。
貴志の事を「貴志」と呼び、父親として接している。
落ち着いた穏やかな性格で、貴志に何か隠し事(妖がらみの事)があることを何となく察しているようであるが、詮索しないで居る。
小さな頃はわんぱくな性格で、現在の藤原家に住んでおり、その頃夏目レイコと出会っている。
滋はもうレイコの顔や名前を覚えておらず、レイコと貴志が祖母と孫の関係である事も知らない。
貴志の事を「貴志」、ニャンコ先生の事を「ニャンゴロー」と呼ぶ。
貴志からは「滋さん」と呼ばれる。

貴志の友人

田沼 要(たぬま かなめ)

CV:堀江一眞

貴志の友人で、貴志の秘密とニャンコ先生の秘密を知る人物の一人。
妖の姿をはっきりと見ることはできないが、気配を感じたりその影を見ることができる。
貴志が引っ越してきた後に廃寺に引っ越してきた。
住職である父親も田沼と同等の能力を持っている。
物静かで友達思いな性格で、妖に関することを周り特に藤原夫妻には知られたくないという貴志の気持ちを理解している。
そのため、妖絡みの事件では手を貸したりフォロー役に回ることが多い。
なんでも一人で抱え込んでしまう貴志に対し、自分の出来ることで少しでも貴志の力になりたいと考えている。
しかし妖の気に当たると体調を崩してしまうため、貴志は妖絡みの事件に巻き込まれていると田沼を避けることがあり、自分では貴志の力になれないのではないかと悩む部分も見られる。
現在は積極的に貴志に手を貸し、貴志に自分を頼って欲しいと話し、貴志も段々田沼に頼ることが多くなった。
貴志の友人・北本と西村とも友人になり、貴志の秘密を知る友人繋がりで多軌とも仲が良くなる。
クラスは北本と同じ1組。
ニャンコ先生の事を「ニャンニャン先生」「ポン太」など毎回違う名前で呼ぶ。

多軌 透(たき とおる)

CV:佐藤利奈

貴志の友人で、貴志の秘密とニャンコ先生の秘密を知る人物の一人。通称「タキ」。
亡き祖父が陰陽師のような事をしていたため、妖怪に関する資料や護符などが家の蔵に沢山ある。
多軌の祖父「慎一郎」は「姿写しの陣」という、多少の霊感があるなど素質のあるものは陣の上に乗った妖を見る事が出来る陣を作った。
多軌は祖父の遺したその陣を地面に書いてみたところ不運にも「額に傷のある妖」という悪質な妖に出遭い、多軌が名を呼んだ人間を祟るという呪いを掛けられてしまう。
一人ではどうにも出来ない状態にあったところを貴志に救われ、以降貴志と友人になった。
その際に貴志やニャンコ先生の秘密も知ることとなった。
後に姿写しの陣は禁術であると発覚し、貴志から忠告を受け他人に口外しない事を約束した。
祟られていた頃はその内容から無口であったため、男子生徒たちからは「無口でおしとやか」と言われ、西村から片想いされていた。
性格は好奇心旺盛で責任感が強く、妖が相手でも優く接する。
可愛い物が大好きで、作中で唯一のニャンコ先生の大ファン。
ニャンコ先生を見ると毎回抱きつき撫でまわすため、ニャンコ先生をブサイクだと思っている他のキャラクター達から驚かれ、ニャンコ先生本人からも驚かれる。
ニャンコ先生の本来の姿とレイコ似の姿も見た事がある。
貴志の秘密を知る者同士として田沼とも友人になり、西村・北本たちとも一緒にいたり、アニメ版では貴志のクラスメイト「笹田純」とも仲が良さげ。
家は旧家でとても広く、祖父の遺した護符や妖の資料がある蔵は多軌が管理している。
家の中は祖父の護符が色々な場所に貼ってあるため、妖にとっては迷路のようになっている。

西村 悟(にしむら さとる)

CV:木村良平

貴志の友人。北本の親友。
転校してきた貴志に最初に声を掛け、貴志にとって初めて友人になった人でもある。
貴志の能力の事やニャンコ先生の事などは知らない。
貴志が転校してきた頃、道端で貴志が倒れていたのを見つけ声をかけ家に招いた。
しかしこの頃西村の家は兄の受験でピリピリしており、その兄と北本・貴志は鉢合わせする。
そもそも貴志は妖に追われて倒れていて、その妖が貴志を追ってきて北本たちに害を与えてしまうと思い思わずその場から逃げてしまうが、北本は家族の居ない貴志を家に招き無自覚に傷つけたのではないかと誤解してしまう。
以降二人は少し距離を取るようになるが、貴志が鶴の折り方を調べていたのを見てどうして自分に聞かないのかと責めてしまう。
西村は自分から出た心無い言動に驚きその場から逃げ、黒い重いものにのしかかられているような感覚になる。
西村は貴志を追っていた妖に憑かれてしまっており、貴志とニャンコ先生がそれを祓った。
西村本人は突然道端で倒れ、それを貴志が助けたという認識で居る。自分の身に起こった不思議な出来事については夢だと思っている。
その後西村は親友の北下に貴志を紹介し、三人で一緒に居ることが多くなる。
性格はミーハーで惚れっぽく、女の子の話を良くしている。
多軌の事が好きで始めは名前も知らなかったが、多軌と貴志が仲良くしているのを見て勝手に貴志の彼女だと誤解していた。
貴志に対しては大人っぽい雰囲気をしているが、内面は子供っぽいと思っている。

北本 篤史(きたもと あつし)

CV:菅沼久義

貴志の友人。西村の親友。
貴志やニャンコ先生の秘密を知らない。
当初転校してきた貴志に特に興味を持って居なかったが、西村から紹介される。
そしてある日、一人で教室に貴志に声を掛けると顔をガン見される。
貴志は新しい土地では人か妖か分かりにくいため北本を妖かと疑いガン見していたのであるが、後日西村はガン見した事を貴志に謝られる。
この時に貴志から「優しい奴(西本)には優しい友人(北村)ができるんだな」と言われ、こんな恥ずかしいセリフ普通言わないのにそれが分からないほど貴志には人付き合いが無かった事に気がつく。
その後、何に対しても新鮮な反応をする貴志の反応を面白がり、西本と三人であちこちに出かけた。
妖と揉めている貴志に出くわし、不思議な光景を見たこともあるが追求はしていない。
家族は両親と妹の4人暮らし。
父親が病気で早退しがち、母は留守にしがちで、妹にお弁当を作ってもらっている。
父の病気を心配し、貴志のように突然家族を失ってしまうこともあるのだと思い公務員になろうとするが、先生には本当にやりたい事は何なのかと言われ進路に悩んでいる。
性格は思慮深く、人を見る目がある。
原作では田沼と同じ1組で、アニメ版では貴志・西村と同じ2組であるが三期から田沼と同じクラスになった。
連載当初は西村・北本はモブキャラであったが、段々と出番が増え、アニメ版六期で西村と北本が貴志と出会った頃の話がピックアップされた。

笹田 純(ささだ じゅん)

CV:沢城みゆき

貴志のクラスメイト。委員長。
原作では途中で引っ越してしまうが、アニメでは引っ越さない。
貴志に霊感があるのではないかと勘ぐっており、何かと貴志に興味を持ち干渉する。
しかしその度に貴志にははぐらかされ、更なる追求は北本・西村、田沼・多軌などに止められる。
貴志にもし霊感があるのであれば、それは素晴らしいものだと思っている。
貴志・北本・西村・田沼・多軌・笹田のメンバーで行動が多くなっていく。

柴田克己(しばた かつみ)

CV:細谷佳正

小学校の頃の貴志の同級生。
霊感のある貴志を嘘つき呼ばわりし苛めていた。
しかし高校生になってから、山藤の精「村崎」と知り合い恋をし、村崎が人間では無いのではと思うようになる。
真相を知るために貴志を尋ね、貴志と村崎を会わせた。
この件から貴志が本当に妖が見えることを知り、貴志が自分と村崎のために努力してくれた事もあり、改めて貴志と友人になった。
貴志に対しては「昔信じないでいじめてた奴」と友人に話し、過去の行いをとても後悔している。
後に貴志を通じて田沼とも知り合いになり、田沼の家に貴志と三人で泊まったこともある。
貴志が妖怪を見える事を知ってから、貴志がいつも大変な思いをしていると気がつき、貴志が何か妖怪絡みの事件に巻き込まれていると知ると力になろうとする。
イケメンで女の子にモテ、他人の事をあまり考えずぐいぐい行くタイプで、貴志かはら若干苦手視されているが貴志も柴田を友人だと思っている。
不良っぽいタイプではあるが基本的には良い奴であり、貴志の力になりたい田沼の背中を押した。
ニャンコ先生の不注意で、ニャンコ先生が喋っているのを目撃してしまう。

辻(つじ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents