夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

2013年に音楽朗読劇「SOUND THEATRE x 夏目友人帳~集い 音劇の章~」が東京国際フォーラムで開催。
各地の映画館でライブビューイングを実施。
本作の声優たちが、「儚い光」「偽り神」「守り犬」のエピソードをその場で演技し披露した。

www.animate-onlineshop.jp

コラボレーション

本作の舞台となっている熊本県人吉市では2011年に人吉温泉とのコラボをし、ニャンコ先生のポスター・探訪マップ・グッズなどが作られ、人吉花火大会のPRキャラクターにも起用された。
また熊本県人吉市では町をあげて本作を推し、ファンによる聖地巡礼なども盛ん。
2012年には「アニプレックス 春の乙女祭り in ナムコ・ナンジャタウン」で本作が扱われ、ニャンコ先生などをモチーフにしたメニューが注文できた。
2013年には原作10周年を記念誌、ビームスの「MANGART BEAMS T」とコラボ。
ファミリーマート、大手天丼チェーン・てんやなどでコラボ商品が売られた。
他にもアサヒ飲料、熊本県のくま川鉄道、トレーディングカードゲーム『プリズムコネクト』、明治のチョコレート菓子ガルボミニ、Earth music&ecologyなどともコラボしている。

劇場アニメ

2017年に劇場化が発表。
2018年9月に「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」が公開。

『夏目友人帳』の主題歌

第一期

オープニングテーマ「一斉の声」:喜多修平

作詞:椎名慶治
作曲:TAKUYA
編曲:TAKUYA、h-wonder
歌:喜多修平

エンディングテーマ「夏夕空」: 中孝介

作詞・作曲:江崎とし子
編曲:羽毛田丈史
歌:中孝介

第二期

オープニングテーマ「あの日タイムマシン」: LONG SHOT PARTY

作詞:sasaji
作曲・編曲・歌:LONG SHOT PARTY

エンディングテーマ「愛してる」:高鈴

作詞・作曲:高鈴
編曲:伊藤ゴロー
歌:高鈴

第三期

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents