夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

「よくやってくれたぞ小僧。ああ、外へ出られる」

第一話で、ニャンコ先生が初登場した際のセリフ。
貴志は妖に追いかけられ逃げている最中に祠にあった綱を誤って切ってしまう。
それは妖怪「斑」を封印したものであり、貴志はその封印を解いてしまったのであった。
斑は招き猫を寄り代に封印されていたためそれに似た太った猫の姿で現れ、これが貴志とニャンコ先生の出会いとなった。

「レイコもういいのかい?もう一人でも平気かい?」

第一話、初めて貴志が名前を返した妖怪「ひしがき」のセリフ。
ひしがきはお腹が空いてお供え物の饅頭を食べようとするがレイコに取られてしまう。
レイコは勝負をして自分が負けたら饅頭を渡すが、勝ったら友人帳に名前を書くように言う。
ひしがきは負けてしまい名前を記すと、レイコはひしがきの名前を綺麗だと褒めた。
そしてひしがきはレイコが呼んだら飛んでくると約束し、レイコに呼ばれる日をずっと待っていた。
しかしレイコはひしがきを一度も呼ぶ事はなく、話し相手が居なかったひしがきはレイコという友人を持った上でもう一度一人にされ孤独感を募らせて行った。
名前を呼ばないなら名前を返して欲しいと思い、レイコに会いに来て襲い掛かるが、それは孫の夏目貴志なのであった。
ひしがきとレイコの思い出を見た貴志に、ひしがきは「レイコもういいのかい?もう一人でも平気かい?」と語りかけ、貴志はレイコはきっと一人じゃなかったよとお礼を言った。
するとひしがきは満足そうに貴志の前から消えていくのであった。
第一話且つ、貴志が始めて名前を返した妖であり、ひしがきとレイコの思い出やレイコへの気持ちなど、本作の方向性が良く分かる物語である。

「やっぱり…夏目が困るのは嫌だなぁ」

貴志が偶然であった少年「カイ」のセリフ。
貴志はある廃墟に偶然入り、そこで少年・カイに出会う。
カイは何者かに追われている様子で、貴志と多軌はカイを助けた。
以降カイは貴志と多軌に懐くが、実はカイは人に化けられる程の強い力を持った妖怪であった。
カイを追っていたのは祓い屋の名取であり、その名取と貴志が一緒に居る所見て、カイは貴志が自分を騙して近づいてきた敵だと誤解してしまう。
カイは仲間を求め山の井戸に封印された妖怪の封印を解こうとしていたが、封印を解いた途端封印された妖怪たちはカイを食べようとする。
貴志はカイを庇って攻撃を受け気絶してしまい、貴志を傷つけられて怒ったカイは妖怪たちを自分の力で倒す。
貴志の友人帳を見たカイは、貴志が夏目レイコの孫だと気づき、自分を騙した仕返しにこの友人帳を隠して困らせてやろうとする。
しかし「やっぱり…夏目が困るのは嫌だなぁ…」とその場で泣き出してしまう。
貴志が目を覚ますと既にカイの姿はなく、友人帳はそのまま置いてあった。
貴志は多軌にカイの正体を話し、二人でカイが住んでいたあたりを探すがカイは見つからない。
二人はカイが元から住んでいた山を探すことにし、二人でカイに会いに行こうと約束するのであった。

「本当…だったらいいな。本当だったら早く戻りたいな」

貴志はツボに頭がハマってしまった妖を助けると、そのお礼に子供にされてしまう。
妖の正体は「つきひぐい」で、名前の通り人や妖を若返らせることが出来る妖であった。
つきひぐいはあくまでお礼として貴志を若返らせたのだが、貴志は記憶と性格までも幼少期の頃に戻ってしまったのであった。
その場に居合わせた田沼と多軌が貴志を保護し、ニャンコ先生はつきひぐいを探しに行った。
田沼の家で貴志は何故自分が妖怪と仲良くしているのか、何故自分が妖が見える事を田沼と多軌は知っているのか疑問に思う。
田沼たちは現在の貴志の話を幼少期貴志にしてあげると、貴志は将来自分は友人が出来る事を知って嬉しがり「本当だったら早く戻りたいな」と顔をほころばせた。
幼少期の貴志は妖にとても怯え人間とも少し距離を取っていて、田沼と多軌は貴志の過去を垣間見て、より貴志を大切に思うようになった。

「契約はしていません。約束したんです。」

貴志は的場に呼ばれ、的場の問題ごとを解決するのに付き合わされてしまう。
的場は元から妖力の高い貴志に目をつけており、的場一門に入らないかと何度も貴志を誘う。
しかし貴志は何もしてない妖怪を傷つけたり、妖怪を力で支配したり、人間の争いに付き合わせる事を不愉快に思っていた。
的場は妖を道具としか思っておらず、貴志は的場を危険な男だと感じ取っていた。
貴志といつも一緒に居るニャンコ先生の妖力の高さを的場も分かっており、どうやってそんな凄い妖怪と契約したのかと貴志に問う。
貴志は「契約はしていません。約束したんです」と言い返した。
ニャンコ先生と貴志は、貴志が死んだら友人帳を譲るという条件で貴志の用心棒をしてもらっているのである。
これは使役関係ではなく、信頼関係からなるものなのであった。

「タクマ、タクマ。役に立てたら、またそばにきてもいいでしょう?」

祓い屋をしていたタクマは、年々妖力が衰えついに妖が見えなくなってしまう。
そして自分と契約していた式を解放する前に力を失くしてしまった為、式はタクマに縛られたままとなっていた。
祓い屋を辞めたタクマは娘と二人で暮らしていたが、家では不穏な事件が多発する。
家には不幸が起こる呪詛が施され、それはタクマが使役していた式たちの仕業であるようだった。
タクマの家はタクマの娘・月子が見よう見真似で張った護符の結界により、式たちが家の中に入れないようになっていた。
タクマの式は「銀露」「ジンベ」「紅紐」の三人で、うち銀露は家の中で家政婦のように振舞っていた。しかしタクマと月子には見えていない。
貴志は家の中にいた式・銀露から事情を聞きだし、ジンベと紅紐は護符で家の外に追い出されてしまったため、タクマに捨てられたと思い込んでいると聞く。
貴志の妖力があればタクマを解さず解約の儀を行うことができるため、貴志たちは二人の式をおびき出して庭へ出る。
ジンベは家に呪詛を施したことをタクマに話し、これからこの家は大変な事になると脅かし、その上で「自分ならこの災厄からタクマを守れる、だからまた側にいてもいいでしょう」と言う。
しかしタクマにはもう言葉は届かず、姿も見えていないのであった。
ジンベと紅紐は貴志の説得に応じ、タクマと話せないのなら一緒にいても寂しいだけだと言って貴志によって式を解かれた。
銀露はタクマが命つきるまで側に居ることを選んだ。
的場のように式を道具としか思って居ない祓い屋も居る一方で、式と心を通わせ、見えなくなった後も式に慕われている祓い屋もいるのであった。
妖が見えなくなってしまったタクマに、式が自分をアピールする姿は物悲しいものであった。

「それはきっと美しく白く光って見えにくいのね」

まだ貴志が藤原夫妻の元へ来る前の頃、塔子と滋の間に子供はなく現在の家で二人で暮らしていた。
ある日塔子は庭で一羽のカラスを助け、その後そのカラスを度々見かけるようになる。
その話を滋にすると、カラスは同じ相手と一生添い遂げるため、一羽で居る場合はまだ番を見つけていないか番を失ってしまったのではないかと滋は言う。
塔子は滋と二人きりで暮らすことは幸せであるが、いつか滋が死んでしまった時自分は一人で生きていけるのか、自分が先に死んでしまったら滋は一人で生きていけるのかと不安に思う。
そんな時、滋は遠い親戚の葬式で出会った少年・夏目貴志をうちで引き取りたいと塔子に話す。
滋が見た貴志は孤独でボロボロの少年で、あまり良い扱いをされていないと言う噂も聞いており、自分の所で引き取りたいと思ったのである。
話を聞いた塔子は滋の優しさに泣き、良く考えた上で二人は貴志を引き取る事にした。
貴志は不思議と怪我が多く、初めの内は心を閉ざしていたが、滋と塔子は貴志を守ってあげたいと強く思っていた。
いつか打ち解けわがままを言う様な本当の家族になってくれたらいいと、塔子は思う。
そして現在、貴志はすっかり藤原夫妻に心を開き、家族になっていた。
相変わらずカラスは1羽で行動していた。
塔子がカラスを見ていると、貴志がやってきて何を見ているのか尋ね、塔子はカラスを友人だと紹介する。
すると貴志はカラスを見るなり2羽いると言い、もう一羽は白いカラスだと言う。
塔子の目には白いカラスの姿は見えなかったが、その白いカラスは貴志にははっきり見えているようで、塔子は「それはきっと美しく白く光って見えにくいのね」と飛んでいく2羽のカラスを見送った。

黒いニャンコ先生

黒いニャンコ先生は、第二期一話「奪われた友人帳」で登場する。
本当の名前は「リオウ」と言い、レイコと勝負して友人帳に名を書いた妖であった。
その後人間によって封印されてしまい、偶然封印が解けた後に黒い招き猫を寄り代にし、黒いニャンコ先生の見た目になった。
ニャンコ先生は喋るが黒いニャンコ先生は喋らない。
貴志はニャンコ先生が汚れているのだと思いこみ、別人だとはしばらく気づかなかった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents