夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:田中美央

北にあった古木に住んでいた妖。
木が切られてしまったため、南の古木に移ろうとし、近道で多軌の家を横切る。
しかし多軌の家は色々な場所に護符が貼られていたため迷路のようになっており、家の中から出られなくなってしまう。
多軌は妖の気配を感じ、何かあったのかもと思い姿写しの陣を使うと姿を見せて多軌に助けを求めた。
多軌のお陰で家から出る事はできたが、多軌に離れがたい想いを抱いてしまう。
多軌へ対する思いの丈を貴志のクラスの黒板に認めるが、それを貴志に見られてしまい口止めした。
結局多軌への気持ちは隠したまま、本名を名乗らずに去って行った。

少女妖怪

CV:久保ユリカ

少女の姿をした妖。
妖であるため、普通の人間からは見る事が出来ない。
昔、バス停の近くで雨の中はしゃいでいたら、その時だけ偶然少女の姿を見る事が出来た人間「ソウゴ」にタオルを貸してもらう。
後日タオルを返そうとするが、もうソウゴは少女を見ることはできなかった。
タオルはソウゴとの思い出と共に50年間ずっと大事に持っていて、毎日バスに乗るソウゴを見守っていた。
しかしある日からソウゴは現れなくなり、心配になって貴志を訪ねてきた。
貴志はソウゴがどうなったのか捜索し、老人となって病院に入院している事を知る。
少女は貴志を通じてタオルをソウゴに返したが、やはりソウゴは少女を見る事はできなかったし、タオルの事も覚えていなかった。
しかし貴志の計らいで、少女はソウゴから新しいタオルを貰うのであった。

毛むくじゃらの妖怪

CV:こぶしのぶゆき、高野慎平、赤澤涼太

隣町に住む毛むくじゃらの妖たち。
友人帳を狙って貴志を襲い、声の出なくなる「声封じの術」をかけた。
通りかかった妖・ひだかによって貴志は助けられる。
その後集団で貴志の部屋を襲撃し、本来の姿になったニャンコ先生に追い払われた。

ひだか

CV:新谷真弓

友人帳に名前のある妖。
「音無しの谷」という昔は賑わっていたが現在はひだかしか住む者の居ない場所に住んでいる。
賑やかなのが好きなため寂しがっていたが、レイコが訪れて喜び、一緒にゲームをして遊び負けたため友人帳に名前を書いた。
その後レイコがまた来ると思って待っていたところ、近くの森で毛むくじゃらの妖に襲われる貴志をレイコを間違え救出。
貴志は声が出ずひだかは人間の字が読めないため、お互いに意思疎通が出来なかったが、ひだかはレイコが来てくれた事に大喜びしていた。
駆けつけてきたニャンコ先生により貴志はレイコの孫であることと、レイコの死を知る。
もうレイコが来ないならば旅に出ると決意し、貴志の部屋を訪れ名を返してもらい、賑やかな場所を求めて旅に出て行った。
天然でのんびりした性格。「とう!」という掛け声と共に空を飛ぶ。

イト

CV:沢田敏子

田沼の親戚が経営する民宿の近くに住んでいる老婆。田沼からはイトさんと呼ばれる。
正体は近くにある神社に仕え、山の祭りを守っている妖。
祭りに使うお面が民宿の客として紛れ込んだ妖に盗まれてしまい、探しているところを貴志に発見され正体がバレる。
貴志の協力でお面を発見し無事祭りを終わらせた後は、他人に正体がバレしまったからと別の姿で別の場所に移り祭りと神社を守り続ける。
貴志は他人に絶対に言わないからこのまま居たいと思うだけここに居て欲しいとイトに頼み、田沼にも正体を黙っていた。
個人に特別な情を掛けないと本人は言うが、イトは田沼を小さい頃から見守っており、田沼はイトに何か特別な雰囲気を感じてはいたが妖だとは気づいていなかった。

三ツ皿(みつざら)

CV:菊池こころ

小さなキノコの妖。傘を被っており、傘を脱いでも傘を被っている時と同じ顔をしている。
獣に食べられそうになったところを「朱遠」という妖に助けられ、それから度々会うようになり一緒に釣りなどをして過ごした。
しかし朱遠は仙術の修行を行う身で、また修行に出るために三ツ皿の元から去って行った。
三ツ皿は後に朱遠が徳の高い妖だと知り、自分も仙術の修行一行に入れて貰おうと思い朱遠を探す。
そこで妖に追われていた貴志に踏まれてしまい、傘に傷がついた事から貴志を子分にし、修行一行に入れて貰おうと見た目を美しく着飾った。
朱遠と再会するも、朱遠の修行同行者の妖からは厳しくされ、朱遠には厳しい修行だから同行させられないと断られてしまう。
その後もっと自分を高めて同行者にして貰おうと決心すると、戻ってきた修行同行者に「覚悟があるならこなして来い」と言われ修行に関する分厚い書物を貰った。
三ツ皿は憧れの朱遠と一緒にいるために、修行に励む事を決意した。

朱遠(しゅおん)

CV:清川元夢

仙術の修行を行う妖で、複数の妖が同行者として付き添っている。
ひと時の休息をしている時に獣に襲われる三ツ皿に出会い、妖を食べてはいけないと獣を説得して三ツ皿を助けた。
その後しばしの間三ツ皿と共に過ごし、三ツ皿を友と呼ぶが、再び修行が始まり三ツ皿の元から立ち去った。
修行の一行を追って来た三ツ皿に対し、情をかけてすまなかったと詫び、厳しい修行には耐えられないからと三ツ皿の申し出を断る。
しかし最後まで三ツ皿を友と呼んでいた。

オオツノ

CV:岩崎征実

中級妖怪からオオツノ様と呼ばれ恐れ慕われている妖。
妖に効く熱さましの薬草を持っている。
中級妖怪のつるつると牛は、風邪を引いた貴志に飲ませるためにオオツノから薬草を貰おうとする。
しかしオオツノは山中の石灯籠が倒れて機嫌が悪く、二人に石灯籠を直したら薬草をあげると言う。
石灯篭は一つ一つが大きくて重く且つ途方もない数あり、二人は貴志のために日夜努力を続け石灯篭を直し、オオツノから薬草を貰った。
薬草を飲んだ貴志は元気になり二人に感謝したが、実は人間には効果のないものであった。

ヒヅチ、ハツナ

夫・ヒヅチ(左)、妻・ハツナ(右)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents