夏目友人帳(Natsume's Book of Friends)のネタバレ解説まとめ

『夏目友人帳』とは、「緑川ゆき」による漫画作品。2008年にアニメ第一期を放送し、2017年までに第六期まで放送。2018年に映画化された。妖の見える少年「夏目貴志」は、妖の「ニャンコ先生」と出会い、祖母の遺品で妖の名前が書かれた紙「友人帳」を手にすることとなった。貴志は多くの妖や人間と関わり、様々な葛藤をし自分の過去と向き合っていく。そして、多くの妖と出会いや別れを繰り返しながら、貴志は少しずつ人間として成長していく。

CV:小林美奈

オリジナルキャラクター。
花の枝を折った罪で浮春の郷を追放された妖。
郷へ帰る扉は郷の住人の血液に反応するが罪人の血では反応せず、カナワを探していた。
カナワの妹を名乗って貴志に近づき友人帳を奪おうとし、三篠に追い払われた。
その後カナワを後ろから襲撃してカナワの血で扉を開けるが、郷の番人らしき人物に自分が手折った枝の姿にさせられた。

村崎

CV:折笠富美子

藤の木の精。
木はすでに枯れかけており、人間を食べる事で長生きできると思い女子高生の姿をし、柴田をたぶらかした。
しかし本当に柴田の事が好きになってしまい、柴田を食べる事ができなくなった。
柴田は村崎が人では無い事に薄々気づいており、昔の好で貴志と村崎を引き会わせた。
村崎は柴田の前で力尽き消滅したが、柴田はまた会えるかもしれないと思いその後も村崎の居た林の近くで村崎を待っている。
この件から柴田は貴志に本当に人では無い物を見る力がある事を知る。

メナシの妖怪

CV:渕崎ゆり子

多軌の祖父・慎一郎を気に入っていた妖の一人。
熱心に妖の勉強をする慎一郎を面白がり、近くでずっと見守っていた。
慎一郎は妖を見る素質がなかったため周りにいる妖たちが見えていなかった。
慎一郎が病気になると、医者の真似事をしたり早く元気になれと声をかけ、最期まで側にいた。

カヤツボ

CV:遠藤綾

大きな壷に入った女の妖。
移動する時は壷ごと縦に転がる。
森の廃屋に住んでいて、近くのお屋敷に住む人間の少女が落とした人形を拾いとても気に入ってた。
しかしレイコがその少女に人形を返そうとし、カヤツボから人形を取り返した。
そのためレイコの事を泥棒と呼んでいる。
レイコの方は少女に人形を返そうと家を訪ねるが、レイコが盗んだものと思われ人形は受け取ってもらえなかった。
その後、カヤツボは貴志とレイコを間違え人形を返すように言い、貴志は野ざらしになった人形を見つける。
貴志は塔子に協力してもらって人形を直しカヤツボに返すと、カヤツボは嬉々として受け取り帰って行った。

どんぐり好きの妖怪

CV:藤原貴弘

友人帳に名前のある妖。
大きな体をしているがどんぐりばかり食べている妖で、心根は優しい。
森で迷った少女を探しているレイコに出会い、カヤツボから人形を取り返す協力をする事になる。
その後レイコとの勝負に負けて友人帳に名前を書く。
貴志とレイコを間違え貴志の体を掴んだ時に、自身の記憶が貴志に流れ込み、貴志はレイコとカヤツボが人形を取り合っていた事を知る。
貴志から名は返されたが直接名を返す場面はなく、名前は不明。

凶面(まがつめん)

CV:上田燿司

お面の姿をした妖の総称。
人の顔に取り憑いてその人間を操り、さらにそこから子体となる分身を飛ばす。
的場一門に恨みのある祓い屋が自分に取り憑かせ、的場の会合に出ていた。
取り憑かれた人間の見極めは難しく、祓い屋たちや的場本人も人間と取り憑かれた人間の区別がつかなかった。
貴志は些細な違和感から凶面を発見し、子体に取り憑かれた人間と自らを取り憑かせた祓い屋を特定した。

アワユキ

CV:伊東みやこ

多軌の家に迷い込んだ、旅ウサギの妖。
同じく旅ウサギの友人・タケミツと一緒に好奇心で多軌の家に入るが、多軌の家は妖にとっては迷路のようになっており出られなくなり、タケミツとも離れ離れになってしまう。
困っていたところを多軌の家に来た貴志に発見され、協力を頼んだ。
一見ネズミのように見え貴志もネズミだと勘違いしたが、「しっぽを見れば違いが判る」と丸い尻尾を見せてウサギである事を証明した。
自ら名乗らなかったため、貴志からはウサギ一号と呼ばれていた。

タケミツ

CV:金田アキ

多軌の家に迷い込んだ旅ウサギの妖。
アワユキと共に多軌の家に入り離れ離れになってしまい、二階にある納戸に閉じ込められてしまっていた。
救出後は、貴志たちに協力したモサモサした妖怪に連れられて多軌の家を出て行った。
タケミツ・アワユキの名前は再会時にお互いの名前を呼んだため判明。

モサモサした妖怪

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents