涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。
同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。
主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

この物語の主人公であり、アニメの語り手。
「キョン」というのはあだ名であるが、本名は不明となっている。
SOS団は、ハルヒが望んだ異能者が集められた集団だが、その中で唯一何の能力も持っていない人物。
常にハルヒに振り回されており、ハルヒと出会ってから非日常的な出来事に巻き込まれ続けている。

ハルヒとの関係は、SOS団で唯一の指摘や突込みをできる立場であり、しばしば暴走するハルヒのことを止めに入る。

各組織からは、涼宮ハルヒに選ばれた人間として重要視されており、ヒューマノイド・インターフェースである朝倉からは命を何度も狙われていた。

涼宮ハルヒ(すずみやはるひ / CV:平野綾)

このアニメのヒロイン。
容姿端麗・運動神経抜群・成績優秀なため、周りから一目置かれているが、代り映えのない日常に飽き飽きし、宇宙人・未来人・超能力者などの非日常を探し求めるような変わり者。
本人の自覚なしに、様々な現象を巻き起こす張本人でもあり、閉鎖空間を作りだしては、世界の均衡を揺るがすなどとんでもない力を持っている。
しかし、悲しいことに、本人の自覚がないため、いつも非日常の蚊帳の外にいる。

中学生1年生の時、夜の学校に忍び込んで校庭にミステリーサークルもどきを作成した際、キョンと出会っており、高校入学後に「前にどこかで会ったか」と尋ねている。
その際名前を尋ねられたキョンは”ジョン・スミス”と名乗り、北高に通っていると言った。
この時のキョンとの会話で、宇宙人・未来人・超能力者の存在を信じたハルヒは、北高に進学することを決意し、キョンとの出会いへとつながることになった。

朝比奈みくる(あさひなみくる / CV:後藤邑子)

キョンとハルヒの1学年先輩。
ロリなうえに巨乳な、SOS団のマスコット的存在。
メイドやバニーガールなどのコスプレをさせられるなど、常にハルヒに振り回されている。
しかしその正体は、未来からハルヒのことを監視するため、とある組織から派遣された未来人である。ただ、まだ見習いのため大した権限はなく、有事の際も慌てるばかりであまり頼りにはならないことが多い。
光線銃のような武器の携帯も組織から許されてはいない。
キョンから未来のことについていろいろと聞かれた際も「禁則事項です」というお決まりのセリフでかわしている。
未来人といっても、長門や古泉ほど特殊能力はなく、限定的な時空移動しかできず、しかも任意にできるものではないため、ほとんど普通の人と変わらない。
極度のドジであり、キョンとともに3年前にタイムスリップした際、TPDDというタイムマシーンもどきを失くしてしまう。その後、3年前の長門に助けられ事なきを得た。

長門有希(ながとゆき / CV:茅原実里)

元々文芸部に所属していた、無口なSOS団メンバー。
その正体は、情報統合思念体によって作られた、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースであり、一言でいうと宇宙人である。
情報統合思念体の中にもいくつか派閥が分かれており、その中でも主流派に属している。同じヒューマノイド・インターフェースである朝倉涼子は急進派に属している。
能力としては、環境構築や情報操作などを得意としており、破壊された教室を元通りにしたり、朝倉の消滅を急な父親の転勤として処理するなど、物語を進めていくうえで非常に重要な役割を担っている。

基本無口で感情を出さない長門であったが、SOS団の一員として過ごす中で、徐々に人間のような行動をとるようになった。例えば、自らの身を挺してキョンのピンチを助けたり、キョンにカーディガンをかけてあげるなどである。このように、物語が進むにつれハルヒの観察とは関係ない行動が見られるようになった。長門本人はこのことを「エラー」と呼んでいる。
このエラーが蓄積されたことで、長門自身が大規模な時空改変を巻き起こしてしまい、長門が恥ずかしがり屋の普通の女の子になってしまうということもあった。

古泉一樹(こいずみいつき / CV:小野大輔)

高校1年の5月に転校してきた、キョンとハルヒのクラスメート。
SOS団では、途中入団ながら副団長を任されている。
普段から物腰が柔らかくにこやかで、同級生に対しても敬語で対応している。

そんな彼の正体は超能力者で、3年前にハルヒの能力によって突然その能力が覚醒した。なぜ彼が選ばれたのか、理由は定かではないが、本人曰く「誰でもよかったのでしょう。」とのこと。
ハルヒの精神状態が不安定な時に発生する「閉鎖空間」に自由に出入りし、その中で街を破壊する「神人」と対峙する力をもち、同じ組織に属する他の超能力者とともに、日夜神人退治を行っている。
ただ、超能力といっても、上記のような能力しかないため、何もないときは普通の人である。

ハルヒとの関係においては、常に期限を損ねないよう細心の注意を払っており、基本的にはイエスマンである。
その理由としては、閉鎖空間の拡大を防ぐためであり、SOS団で野球大会に出場して負けそうになった時も、長門と共謀し見事チームを勝利へと導いた。

朝倉涼子(あさくらりょうこ / CV:桑谷夏子)

キョンとハルヒのクラスメート。
クラスのマドンナ的存在で、学級委員長でもある。常にクラスメートに気を配れる優等生で、クラスで浮いていたハルヒに対しても優しい言葉をかけるような存在であった。
しかし、その正体は長門有希と同じ、情報統合思念体によって作られた、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースであり、長門のバックアップとして派遣されていた。
ある日、なかなか変化のみられないハルヒに対し業を煮やした朝倉は、ハルヒに大きな刺激を与えるため、ハルヒにとって大切な存在であるキョンの殺害を企てる。
時空を操作した教室に閉じ込め、キョンを絶体絶命のピンチまで追い込んだが、最終的に長門に阻止され消滅した。
その後、長門の情報操作により、父親の都合で急遽転校したことにされた。

鶴屋さん(つるやさん / CV:松岡由貴)

朝比奈みくるの同級生で、キョンやハルヒの1学年先輩。
ノリがよくて明るい性格で、ハルヒとも気が合い、SOS団ともつかず離れずの関係を保っている。
実家は日本庭園付きの大豪邸であり、お嬢様育ち。
特殊能力はもっていないが、実家が古泉の所属する「機関」の間接的なスポンサーであり、鶴屋家と機関それぞれにて不可侵の取り決めが行われている。

キョンの妹(CV:あおきさやか)

小学5年生のキョンの妹。
本名は作中に出てきておらず不明。
兄であるキョンのことを、「キョンくん」と呼んでいるが、キョンというあだ名が定着する前までは普通に「お兄ちゃん」と呼んでいた。
小学5年生にしては幼く、キョン曰く「いまだに小学校低学年にみられることがある。」とのこと。
また、ピーマンがいまだに嫌いであったり、サンタクロースのことを信じていたりなど、内面も幼い点が多い。

谷口(たにぐち / CV:白石稔)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『中二病でも恋がしたい!』とは、KSエスマ文庫第一弾として刊行された虎虎のライトノベルおよびそれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 元中二病の主人公富樫勇太と現役中二病のヒロイン小鳥遊六花を中心に展開される愉快な日常や恋模様を描く。 中二病を活かした本作ならではのコメディパートや中二病モードと素の性格とのギャップを見せる魅力的なキャラクター、中二病による妄想世界と現実世界との折り合いがつけられず葛藤する六花とそこから展開される感動的なストーリーが本作の主な魅力である。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流によるライトノベル、及びそれを原作とするアニメ、漫画である。 エキセントリックで破天荒な性格の「ハルヒ」に、主人公の「キョン」が振り回されていく物語。「宇宙人や未来人や超能力者を探して一緒に遊ぶこと」を目的として設立された非公式部活で、キョンや他の部員たちが繰り広げる非日常ストーリーとなっている。作品の中で名言と呼ばれるものも数多く存在する。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説・考察まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説・考察まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『Free!』とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に、高校生になったキャラたちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿、三期では各々夢に向かって邁進し成長して行く姿がリアルに描かれた。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作映画。2019年に公開された『外伝-永遠と自動手記人形-』に続く最終章である。 孤児として生まれ戦争中に拾われ、幼い頃から兵士として戦い、人の感情が分からないまま育ったヴァイオレット。 そんな中人として育てられた少佐から最後にもらった「あいしてる」という言葉の意味を知るために、手紙を代筆する自動手記人形を通じて人の心と触れ合い、成長していく物語。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

《あなたの好みはどれ?》アニメに登場する女子(男子少し)キャラたちと制服まとめ(クイズもあるよ!)

アニメに登場する女子キャラたちの制服は、現実の飾らない制服よりも、遥かに華やかで特徴的で可愛らしいですよね。カラフルなものからファッションセンスにこだわったもの、シンプルだけどどこか趣があるものから、どれも印象的です。そしてもはや、その制服を見ただけで原作がなにかわかってしまうほどです。今回はそんなアニメに登場する女子たちの制服をあれこれまとめてみました。

Read Article

《声優ファン向け》各メモリーズオフの魅力まとめ

メモリーズオフシリーズ(制作・販売KID、5pb.)はプレイしたことありますか?ゲーム機離れ、スマホ世代、そして今の十代の方には馴染みがないかもしれませんが、恋愛ADVを語るならまずメモリーズオフと言ってもおかしくないくらいなのです!今だからこそどっぷりつかって、どっぷりプレイしてほしい!そんな想いをもとにまとめました。「メモリーズオフよ!永遠に!」

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

いとうのいぢさんの描くかわいいイラストまとめ

皆さんはイラストレーターの、いとうのいぢさんをご存知でしょうか?かつて「涼宮ハルヒの憂鬱」や「灼眼のシャナ」などで、類を見ない独特のタッチで大大大人気になった方です。特異となる素晴らしい点は、やはりその描く瞳にあると思われます。そんな、いとうのいぢさんのかわいいイラストを、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents