平沢進(ステルスメジャー)の徹底解説まとめ

最新曲「灰よ」で再注目される音楽家・平沢進は、ミュージシャン、プロデューサー、音楽提供者として、TV番組やインターネットなどの様々な媒体の第一線で活躍している。

ベルセルク 平沢進 - 「舵をとれ」

音楽を「BERSERK ~Forces~」から「舵をとれ」に入れ替えてみました。足りない部分は適当に付け足したので、後半はいいがげんです。追記:sm7427995のうp主様、これの海外の反応ありがとうございます。

第3位 夢の島思念公園

TVアニメ「妄想代理人」のOP曲&アレンジが加えられた挿入歌の『夢の島思念公園』。
大地の力強さに似た物を感じさせる曲は、美しい旋律と類を見ない独創的な歌詞が織り成すヒラサワワールド全開の一曲である。

第2位 パレード

今敏が監督を務めるアニメ映画「パプリカ」で使用された『パレード』。
心地よくも不安定なメロディーは、カオスな世界を連想させる。
言うなれば、無人で回るメリーゴーランドのようでもあり、迷路のようでもあり…。
まるで異世界に迷い込んだような、不思議な気分になる。

第1位 白虎野の娘

こちらもアニメ映画「パプリカ」のED曲で使用された『白虎野の娘』。
ほかの曲に比べると自己主張も強くなく、爽やかな印象を受ける一曲。
平沢進の高く透き通る歌声が、ゆったりとした曲調の魅力を倍増させる。

平沢ファンの間でも人気が高い「ベルセルク」の厳選曲をご紹介

娯楽作品『ベルセルク』におけるヒラサワ楽曲の魅力は、重厚な世界感と世紀末感にある。
2016年9月14日には最新CD「Ash Crow - 平沢進 ベルセルク サウンドトラック集」が発売。
Amazonの「音楽 ダンス・エレクトロニカ」部門で売上1位を記録し、「音楽 アニメ・ゲーム」でも売上10位以内を記録した。

www.amazon.co.jp

Sign

PlayStation2「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章」のOP曲『Sign』。
平沢進による創作語で構築されており、歌詞の公式発表はされていない。
巷に出回っている歌詞は、受け取り手が聞こえたままに書き起こした、いわばニセ歌詞である。

Aria

Aria-空耳日本語歌詞-

滑り込み投稿。10/13の深夜から寝ないで作った。うp主はがんばった。ヒラサワいっぱい描いた。◆空耳歌詞は「原曲の発音とかけ離れない程度に日本語にしつつ」「ヒラサワ曲にありそうな言い回しで」「ベルセルクの世界観を表す」という感じで考えました。◆コメント・提供ありがとうございます!◆11/23 まさかの認定祭選出…!?ありがとう、そして…すまぬ…すまぬ…。本当はもっとベルセルクキャラとか登場させたかったけどいろいろ限界だった。

アニメ映画「ベルセルク 3部作」のテーマ曲で使用された『Aria』。
こちらも歌詞が非公開のため、受け取り手が空耳歌詞を付け足していた。
しかしそれが平沢氏に目に留まってしまい、後日、ニコ生放送にて「Aria歌詞ネットスタンダード認定祭」なる祭りが執り行われた。

灰よ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

千年女優(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

千年女優とは今敏監督によるオリジナルアニメーション映画で、2002年9月14日に劇場公開された。 主人公である藤原千代子は小さい頃から女優業を続けていた大ベテラン。お世話になっていた映画会社「銀映」の撮影所が老朽化によって壊されることになり、それに際して映像制作会社の立花源也と井田恭二からインタビューを受けることになる。

Read Article

パプリカ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パプリカとは今敏監督によるアニメ映画である。原作は筒井康隆作の小説「パプリカ」。2006年11月25日に劇場公開された。 千葉敦子は夢を共有できる装置DCミニの中で別人格「パプリカ」となって活躍するサイコセラピスト。ある日、研究所からDCミニが奪われてしまい悪用される事件が起こる。なんとか解決策を模索する敦子と研究所の仲間たちだが、事件の影響により夢が現実世界にも影響を及ぼし始める。

Read Article

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妄想代理人』とはマッドハウス製作の今敏監督によるテレビアニメ作品で2004年2月2日からWOWOWにて全13話放送された。癒し系マスコットキャラクター・マロミを生み出した事で一躍脚光を浴びたクリエイターの鷺月子は、次のヒットキャラクターを期待する周囲にプレッシャーをかけられていた。ある日月子が通り魔・少年バットに襲われ、その後も次々と被害者が出る。少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で被害者が他人に言えない秘密や心の闇を抱えているという共通項に気付く。

Read Article

ベルセルク(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

1989年より三浦建太郎がヤングアニマル(前・月刊アニマルハウス)で連載している漫画およびそれらを原作としたアニメ、ゲーム作品。舞台は中世ヨーロッパを彷彿とさせる「剣と魔法の世界」。身の丈を超える大剣“竜殺し”を携えた剣士・ガッツが、超人的な強さを武器に、愛憎劇を経て復讐に燃える様を描く。

Read Article

ベルセルクのゴッドハンド・使徒まとめ

『ベルセルク』とは、三浦建太郎による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・映画などのメディアミックス作品である。 身の丈を超えるほどの剣を持って旅するガッツは、『使徒』という人ならざる存在を殺害して回っていた。それは、自身とその仲間を裏切ったグリフィス、そして仲間を喰った使徒へ復讐するためだった。 超常の力を持つのが『使徒』、そしてその王たる存在が『ゴッドハンド』である。

Read Article

目次 - Contents