チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)のネタバレ解説まとめ

2005年、ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビで公開された、アメリカの映画です。ファンタジー・コメディーに分類されます。しかし蓋を開ければ内部非公開の工場を見物できるというワクワク感とは裏腹のブラック・ジョーク、皮肉全開のミュージカル調のシーン、美しくも怪しい映像のセンスなどが監督ティム・バートンの世界観をよく表現しています。第78回アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート作。

独身で子供もおらず、自分の死後工場を任せられる人物(子供)を探すため、ゴールデンチケットのアイディアを思いついたのでした。チャーリーに「家族を捨てたら、君に工場をあげる」と言いますが、逆に断られます。そのショックからか一時売り上げが急落。変装をしてまでチャーリーに会いに行き、何故売り上げが落ちたのか尋ねると、返ってきた答えは「落ち込んでいるから、チョコの味も落ちている。落ち込んだ時慰めてくれるのは家族」。父との確執から「家族なんていらない、色々うるさいし、クリエイティブな発想の邪魔になる」と返しますが、うるさい程口出しするのは、息子を愛しているからだと聞き、頑なな考えを捨てチャーリーに同行してもらいながらも父と再会。和解に至ります。工場に移り住んだバケット一家とはうまくいっているようです。

【ウィルバー・ウォンカ】今作オリジナルキャラで、ウォンカの父。評判の歯科医で、お菓子を毒と称し、特にチョコはアレルギーの原因にもなるとして、もらった物さえ暖炉で燃やす人物。当然息子がチョコレート屋になることには反対し、「お前が戻って来たとき、この家はないと思え」と喧嘩別れ状態でした。終盤で登場した際、医院に息子に関する新聞記事の切り抜きを額に入れて飾っていた(誇りに思っていた)ことが判明。

ウンパ・ルンパ

ウォンカが雇ったチョコレート工場の従業員であり、小人のような部族。働き者である一方ウォンカ曰く「いたずら好き」とのこと。歌も披露してくれます。しかし歌の披露は、招待された子供たちが何かしらのひどい目にあってから行われるのでした。ウォンカは「即興」と言いましたが、練習したんじゃないかと疑念を持たれてもいます。通常はむっつりした顔で一言もしゃべらず(ウォンカに耳打ちをするシーンあり)、胸の前で腕をクロスすることで合意や了解と言った意思の疎通を図ります。ラストシーンで、実はナレーターであることが判明。

出典: matome.naver.jp

同じ役者さんがウンパ・ルンパ役を全員こなしています。

【工場で働くようになったわけ】ウォンカ曰く「エキゾチックなフレーバーを求めて」あるジャングルの奥地へ向かった際見つけた模様。危険な生物を避けて樹上で暮らしていた彼らの主食は「ものすごくまずい緑色のイモムシ」(ウォンカ談。粘液をすすっただけで、こみ上げる吐き気と戦わなくてはなりません)。少しでも味をよくするため別の物とマッシュしていましたが、最も欲していたのがチョコレートの原料であるカカオ豆でした。カカオ豆が食べ放題、給料もカカオ豆という契約をウォンカと交わし、工場に住み込みで働いているわけです。

チャーリー・バケット

主人公にして、最後の一枚を引き当てた少年。ナレーション曰く「特別な子ではない」とのこと。やたら傾いた家に両親、両祖父母と共に、貧しい暮らしを送っていました。誕生日にのみ買ってもらえるチョコや祖父のへそくりで買ったチョコでは当たりませんでしたが、たまたま拾ったお金で買ったチョコにゴールデンチケットが入っており、「このチケットにお金を出す人がいるから、売ろう」とまで言うのですが、後述の祖父の言葉に後押しされて、かつてチョコレート工場で働いていたという別の祖父と共に工場行きを決意。他の子から負け犬呼ばわりされたリ、チョコを分けてもらえなかったりの意地悪もありましたが、最終的に工場の経営権譲渡をウォンカから打診されるも、条件である家族を捨てる事を飲めずに辞退。その後町中で再会したウォンカと父の和解に一役買ったことで、家族全員工場に住むことを条件にウォンカと共同で工場を切り盛りすることが許されました。

出典: blog.goo.ne.jp

チャーリーの家族(バケット一家)

【バケット氏】歯磨き会社に勤めており、部品の不良品を土産として持ち帰るなど、優しい父親です。チャーリーはその部品でチョコレート工場やウィリー・ウォンカの人形を作っていました。しかしゴールデンチケット騒動でチョコレートの売り上げと同時に虫歯になる子も増えたため、勤務先では効率化のため機械を導入。職を失いますが、最終的にはその機械の修理技師として復職。結果として収入が以前よりも増えました。

【バケット夫人】チャーリーの母。貧乏であることに愚痴をこぼすこともなく、「キャベツのスープに合うのはキャベツ」と笑顔で言ってくれる前向きな良妻賢母。一家団らんを大事に思っているようで、「食事の時に仕事の話をしないこと」というルールをもうけています。復職した夫や工場経営者となったチャーリーに対しても、変わらず接していました。

【ジョーおじいちゃん】チャーリーの祖父の一人(原作では父方)。チョコレート工場での勤務経験がありますが、先述のスパイ関係の事件で解雇されたそうです。ファンからはよく「かわいい」と称されます。普段は寝たきり状態ですが、チャーリーがゴールデンチケットを当てた時は「わしはこんなに元気だぞ!」と踊ってみせるほど、工場行きを熱望していた模様。戻ってからも家じゅうを掃除するなど、工場見学が元で活気が戻ったようです。

【ジョージおじいちゃん】もう一人の祖父(原作では母方)。ゴールデンチケットを売ってお金に変えようとしたチャーリーに、「金なんか毎日印刷されてそこら中にある。でもそのチケットは一枚だけだ。そこらにある金の為にたった一枚のチケットを手放すのは愚か者のすることだ」と諭し、工場行きを自分の意思で決めさせました。含蓄のあることを言う半面口の悪い所もあり、チャーリーに聞かせられないような暴言(見ている側にも聞こえないという演出なので何を言ったかは不明)を吐いたこともあります。

【ジョゼフィーンおばあちゃん】原作では父方の祖母。オーガスタスを見て曰く「気持ちの悪い子」。

【ジョージーナおばあちゃん】原作では母方の祖母。耳が遠いのか、ウォンカたちが屋根を突き破っても「誰か戸をノックした?」と聞く描写があります。一方、ゴールデンチケットに関しチャーリーに「同じようにチャンスがある」と励ましもしました。

オーガスタス・グループ

1枚目のチケットを当てた少年。ジョージおじいちゃんが「最初に引き当てるのは、豚みたいに太った小僧」と言った通り、口の周りにチョコがべたつき、ゴールデンチケットに関する取材の際も新しい包みを破って食べるほど。かなりの食いしん坊で、初めはゴールデンチケットに気づかず端の方を少し食いちぎってしまい、「何か違う味がしたんで口から出したら、ゴールデンチケットだった」とのたまいました。チャーリーに板チョコを食べるか聞きつつ、「持ってくればよかったのに」とイヤミったらしく言ってのける意地の悪い一面も。

出典: matome.naver.jp

「チョコ大好き!」とウォンカにアピールしますが、「僕も好きだよ。君と共通点があるとは思わなかったよ」と皮肉っぽく言われました。工場内にある、あらゆるものが菓子類で出来ていて、チョコの滝が流れている部屋では持ち前の食欲が災いしてチョコの川に落ち、そのままパイプに吸い込まれます。このパイプはチョコレートを商品として加工するための物ですが、ウォンカがオーガスタスの救出を命じた理由は「オーガスタス入りのチョコなんてキモくて売れない」ため。最終的にチョコまみれで工場から出てきますが、手についたチョコをずっと舐め取っていました。家はドイツ、デュッセルドルフの肉屋。

出典: twisoku.ldblog.jp

【グループ夫人】オーガスタスの母。息子が最初にゴールデンチケットを当てた時、「この子はやると思っていました」と発言。お菓子の部屋ではこっそり室内のお菓子をバッグに詰め込むなど、息子に劣らず図々しい面も。しかし最後はチョコまみれになっても懲りない息子に「舐めるのはよしなさい!」と叱りました。

ベルーカ・ソルト

2枚目のチケットを当てた少女。イギリスはバッキンガムシャーにあるナッツ会社の社長令嬢で、かなりのワガママ娘。「買って」「欲しい」が口癖で、何でも金銭で解決しようとします。しかし無理と分かれば自分で強引な手段に出ることも。クルミの中身を取り出す訓練をされたリスを欲しがり、売ってくれないならと自らリスたちの仕事場へ降りて行きますが、リスの大群に抑えつけられます。その上額を叩かれて「頭の中身が駄目」と判断され焼却炉に通じるゴミ捨て場へ。ゴミを燃やす日でしたが焼却炉の故障により、三週間分の生ごみがクッションとなって一命を取り留めました。

出典: aliceboy2012.blog.fc2.com

ちなみにチケットを当てたといっても、父がウォンカバーを買い占めて従業員に包み紙をはがさせるという数打ちゃ当たる戦法の果てであり、彼女自身は労せずチケットをゲットというのが真相です。生ごみまみれで工場から出た時に、空飛ぶエレベーターを見て「あれ欲しい、買って」とまったく懲りていませんでした。

出典: www.youtube.com

ゴミ捨て場に落ちた後です。

【ソルト氏】ベルーカの父。ナッツの選別には機械を導入しているそうです。ウォンカに名刺を渡しましたが、速攻で捨てられました。娘を甘やかしてきたことをウンパ・ルンパたちの歌やダンス、生ごみへの落下で思い知らされて成長。空飛ぶエレベーターを欲しがる娘に「今日お前がもらえるのは風呂だけだ!」と初めて厳しい面を見せました。

バイオレット・ボーレガード

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ビッグ・フィッシュ(Big Fish)のネタバレ解説まとめ

『ビッグ・フィッシュ』とは2003年に公開されたアメリカ合衆国のファンタジー映画である。原作は『ビッグフィッシュ - 父と息子のものがたり』で、ティム・バートン監督による作品。病が悪化した父エドワードの看病をするために実家に妻とともに戻ったウィル。父はウィルが小さいころから自分の人生をおとぎ話のように語っており、ウィルは年を取るにつれその話を信じなくなり二人の間の関係は悪くなる。しかし、看病を通して時間を過ごすうちに二人の父子の関係は少しずつ変化していく。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画)のネタバレ解説まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドは、2007年5月25日に公開されたアメリカの冒険映画。 世界中の海賊は次々に処刑され、海賊の時代が終焉を迎えようとしていた。海賊たちは決起し、『伝説の海賊』と呼ばれる9名を招集する。クラーケンに飲み込まれた伝説の海賊の一人ジャック・スパロウを救うべく、ウィルとエリザベスらブラック・パール号は、蘇ったバルボッサを船長として世界の果てを目指す。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(映画)のネタバレ解説まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(The Curse of the Black Pearl)は、2003年7月9日に公開されたアメリカの冒険映画。 カリブの港町ポート・ロイヤルは、ある日バルボッサ率いる海賊たちから襲撃を受ける。思い人をさらわれたウィル・ターナーは、収監されていた海賊ジャック・スパロウと手を組み、彼女を救うための航海に出る。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(映画)のネタバレ解説まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(On Stranger Tides)とは、2011年5月20日に公開されたアメリカの冒険映画。大海賊ジャック・スパロウは、『見つけた者は永遠の生命を得ることができる』といわれる生命の泉を探していた。永遠の生命を求めて英国海軍とスペイン海軍に加え史上最凶の海賊・黒ひげ、そしてジャックたちが激しい争奪戦を繰り広げる。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(映画)のネタバレ解説まとめ

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、2006年7月7日に公開されたアメリカの冒険映画。 かつての恨みを果たそうとする幽霊船『フライング・ダッチマン号』に追われるジャックたち。幽霊船の船長ディヴィ・ジョーンズの弱点である心臓を収めた宝箱(デッドマンズ・チェスト)を探すため、彼らは追っ手から逃げつつ大海を冒険する。

Read Article

なぜセイウチなのか。人間がセイウチになる映画「Mr.タスク」が珍妙すぎる!

数ある動物の中からどうしてセイウチを選んだのでしょうか。人間がセイウチになるというワンアイデアのみで膨らませたような映画「Mr.タスク」ですが、好き嫌いが極端に分かれるようで、傑作と称賛する人もいれば、時間のもだと貶す人もいます。さて、あなたはどちらでしょうか。映画「Mr.タスク」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents