ENHYPEN(エンハイプン)の徹底解説まとめ

ENHYPEN(エンハイプン)とは、韓国の芸能事務所CJ ENMとBig Hit Entertainmentが共同で立ち上げた超大型プロジェクト『I-LAND』で選出された7人で結成された韓国の男性アイドルグループだ。2020年11月30日にミニアルバム『BORDER:DAY ONE』でデビュー。デビューを果たすと、韓国の授賞式The Fact Music Awardsにて「ネクスト・リーダー」賞を受賞するなど、驚異の人気を誇っている。

ENHYPEN(エンハイプン)の概要

ENHYPEN(エンハイプン)とは、韓国の芸能事務所CJ ENMとBig Hit Entertainmentが共同で立ち上げた超大型プロジェクト『I-LAND』で選出されたメンバーで構成された韓国の男性アイドルグループだ。
メンバーはヒスン、ジェイ、ジェイク、ソンフン、ソヌ、ジョンウォン、ニキの7人だ。
キレのあるダンスと高い歌唱力で見る人を惹きつける。
韓国の芸能事務所CJ E&MとBig Hit Entertainmentが共同で設立したBELIFT LABに所属している。公式ファンクラブ名が「ENGENE」で、公式FCは「ENHYPEN GLOBAL OFFICIAL FANCLUB ENGENE MEMBERSHIP」である。
2020年11月4日には、デビューミニアルバムの予約注文がわずか2日で15万枚を突破したことが発表され、11月21日には、予約注文は30万枚を突破するなど、デビュー前から大勢の注目を集める。
そして2020年11月30日にミニアルバム『BORDER:DAY ONE』でデビュー。
このミニアルバムは12月5日付の韓国の音楽チャート「ガオンアルバムチャート」で1位を獲得、「ハントチャート」では、リリースした週に280,873枚を売り上げ、2020年にデビューしたK-POPグループの中で最高記録を更新することとなった。また、318,528枚を売り上げ韓国で、11月に発売されたアルバムの中で2番目に売れたアルバムとなった。
また、、韓国の授賞式The Fact Music Awardsにて「ネクスト・リーダー」賞を受賞するなど、国内での人気ぶりを証明した。
さらにデビューアルバムが日本でも12月4日のリリース日に音楽チャート「オリコンデイリーアルバムチャート」で1位を獲得。週間アルバムチャートでは2位を獲得。
その結果を得て、2021年には韓国内だけでなく、海外にも活動の域を広げていく。
3月29日には日本のラジオ局ニッポン放送の「オールナイトニッポンX」の月曜レギュラーパーソナリティに抜擢され、7月6日にはシングル『BORDER: 儚い』で日本デビューを果たす。

ENHYPEN(エンハイプン)の活動経歴

デビュー

デビュー時の写真

2020年11月30日にミニアルバム『BORDER:DAY ONE』でデビューを果たす。
このアルバムは予約注文開始からわずか2日で15万枚、11月21日には、予約注文30万枚を突破。
発売されると12月5日付の音楽チャート「ガオンアルバムチャート」で1位を獲得、ハントチャートでは、リリース初週に280,873枚を売り上げ、2020年にデビューしたK-POPグループの中で最高記録を更新した大ヒット作となった。

デビューショーケースを行う

デビューショーケースでの写真

11月30日、デビュー作品をCDとデジタルでリリースし、そのプロモーションとしてデビューショーケースを行った。
そのショーケースにて、デビューミニアルバム『BORDER : DAY ONE』についてヒスンは、「デビューアルバムの『BORDER : DAY ONE』は、タイトルの通り、それぞれ相反する世界の境界線に立たされた少年の物語の話です。準備生からアーティストに、そして個人からENHYPENという1つのチームに。境界線の上にいた僕たちが、いよいよ新しい世界へと足を踏み出すことになりました。とても複雑な感情を持っていますが、その中でも繋がり、成長して向き合う、いろいろな感情を表現したアルバムです」とコメント。
これからの活動とアルバムに向けての思いを語った。

2020年The Fact Music Awardsで「ネクスト・リーダー」賞を受賞

「The Fact Music Awards」に出演したときの写真

2020年の韓国の授賞式「The Fact Music Awards」で「ネクスト・リーダー」賞を受賞した。
受賞を受けてENHYPENは、「このように大きな賞をくださった関係者の方々と僕たちをいつも愛してくださり、応援してくださるENGENE(ファンクラブ名)の皆さんに感謝する」とコメント。また、彼らは「デビュー後初めて受賞した賞なので、普通の賞よりも一層特別に感じられる。この賞を受賞したので、かっこよく活動するENHYPENになれるようこれからも努力したい」と意気込みを語った。

日本の地上波で初めてパフォーマンスを披露

『2020 FNS歌謡祭』出演時の写真

12月2日に日本の音楽番組『2020 FNS歌謡祭』の第1夜に出演した。この出演は日本の地上波で初めてパフォーマンスだ。
ステージでは「Drunk-Dazed」を披露し、キレのあるパフォーマンスで観客を惹きつけた。

日本のラジオ出演

日本のラジオ出演が決まった時の写真

3月29日よりスタートしたニッポン放送の『オールナイトニッポンX』の月曜レギュラーパーソナリティに抜擢され、日本のラジオ番組に初めて出演した。
このラジオではメンバーたちの日々の癒しや休日の過ごし方など、普段耳にすることができないような裏話を聞くことができる。

日本デビュー

日本デビュー時の写真

以前から日本でも多くの人気を得ていたが、7月6日、正式にデビューシングル『BORDER: 儚い』で日本デビューを果たした。
このデビューシングルは初週売上20万枚を記録し、7月19日付のオリコン週間シングルランキングで初登場にもかからわず1位を獲得。
初の海外活動であったが、順調な滑り出しとなった。

アニメソングをリメイク

「Hey Tayo」のイメージ画像

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents