Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

『Paradise Kiss』とは1999年より矢沢あいが女性ファッション雑誌『Zipper』に連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ、映画作品である。母親の期待に応えるため受験勉強に明け暮れていた早坂紫が、矢澤芸術学院服飾科のジョージ、美和子、嵐、イザベラたちパラダイス・キスのメンバーと出会い、モデルを目指す物語。恋愛と将来の夢、家族との関わりを通して、成長していく姿と作中のオシャレな服が魅力的。ジャンルは少女漫画。矢沢あいの作品「ご近所物語」の続編作品である。

『Paradise Kiss』の概要

『Paradise Kiss』とは矢沢あいが1999年から2003年に描いた漫画作品。
受験勉強に明け暮れる早坂紫は矢澤芸術学院服飾科のジョージたちに、文化祭のショーのモデルを頼まれる。

紫はジョージ、嵐、実和子、イザベラたちパラダイス・キスのメンバーと親しくなるにつれて、
自分も彼らのように、夢中になれるものがあればいいのにと、これまでの人生を見つめなおす。
ヒステリックな母親の期待に応えるためだけに、受験勉強を頑張っていた紫は、ファッションモデルの道を志すようになる。

恋と将来の仕事、親子愛を描いた、オシャレでエロチシズムな少女漫画である。
『ご近所物語』(集英社)の続編にあたり、
本作の登場人物の一部は、『ご近所物語』から継続して登場している。

作者矢沢あいの描く、オシャレなアパレルと個性豊かなキャラクターたちは魅力的で日本国内だけでなく、欧米でも高い人気を得ている。
2005年10月から12月までアニメ版がフジテレビの「ノイタミナ」枠で放送されていた。
2011年6月4日全国東急系にて実写版映画公開されている。

『Paradise Kiss』のあらすじ・ストーリー

早坂紫と「パラダイス・キス」との出会い

モデルをすることになった紫の歓迎会。上のコマ左から、嵐、実和子、紫、ジョージ、イザベラ。

高校3年生の早坂紫(はやさか ゆかり)は、教育熱心な母親の言われるがままに勉強の日々を過ごしていた。

ある日紫は、顔に安全ピンをつけているパンクファッションの男・永瀬嵐(ながせ あらし)に突然声をかけられた。紫を見て、「美人だ」、「身長が高い」と値踏みをする嵐が怖くなった紫はその場を逃げ出す。しかし逃げる途中で嵐の仲間であるイザベラ/山本大助(やまもと だいすけ)に捕まり、紫はアトリエに連れて行かれる。連れて行かれたアトリエには、ピンク色の髪をした小柄な少女、櫻田実和子(さくらだ みわこ)がいた。

嵐達は紫に声をかけた経緯を説明する。嵐達は、矢澤芸術学院、通称ヤザガクの服飾科の3年生であり、毎年11月に行われる文化祭のファッションショーで紫にモデルをしてほしくて声をかけたとのことだった。ヤザガクに良いイメージがなかった紫は、受験勉強で忙しいからと嵐達の申し出を断り、続けて「あんたたちの遊びにつきあっている程ヒマじゃない!」と言ってしまう。嵐はその言葉に激怒した。ヤザガクはたしかに頭の良い生徒が通うような学校ではないが、服飾関係の夢に向かって突き進む生徒がたくさんいる。勉強しかしてこなかった紫は、嵐が怒ったのを見て、人それぞれに価値観があることに気がついた。

居たたまれなくなった紫は、実和子の「気が向いたらまた来てね」という言葉を無視してその場所を去る。二度と会うことはないだろうと思う紫だったが、その時その場所に生徒手帳を落としてしまっていた。そして紫が去った後、小泉譲一(こいずみ じょうじ)/ジョージがアトリエにやってきて紫が落とした生徒手帳を見る。紫の写真を見て、紫のことを気に入ったジョージは、ぜひともモデルをやってほしいと思った。

ジョージは早速、紫の学校に行き、紫に接触する。紫はジョージにノせられ、再びアトリエを訪れた。そしてそこでジョージ達のオリジナルブランドの名が「パラダイス・キス」、略して「パラキス」の存在を知り、あらためてモデルをやってほしいと依頼された。紫は3日間の猶予を与えられ、考えた末にモデルの仕事を引き受けることにする。

しかし引き受けた途端、ジョージの態度は打って変わって厳しいものになった。「ほんとうに出来るの?」とジョージは紫に冷たく問う。紫はこの時既にジョージに惹かれ始めており、モデルを引き受ければジョージが喜んでくれると思っていただけにがっかりした。それと同時に苛立ちを覚えた紫は、「自分でやるって決めたんだもん 自分の事は自分で責任持ってちゃんとやるよ!やってみせるわよ!」と啖呵を切る。するとジョージは急に笑いだして、紫がモデルを引き受けてくれたことが嬉しいと語った。

恋人になった紫とジョージ

紫は放課後はアトリエに行くようになった。しかしモデルである自分はアトリエに行ってもすることはなく、なんとなく疎外感を覚えてしまう。その頃、紫はジョージのことが気になってきなってしょうがなかった。しかし紫は、ジョージに振り回されているようなかんじが気に入らない。

しかしある時、紫はジョージに突然告白される。アトリエで会ったジョージは、紫がクラスメイトの徳森浩行(とくもり ひろゆき)が二人で歩いているのを見てヤキモチを焼いたようなのだ。ジョージは自分はどうも紫のことが好きらしいと答えた。浩行と紫が歩いているのを見てヤキモチを焼いているようだと、どこか他人事のようにジョージは話す。そうしてジョージと紫は付き合うことになった。

ジョージと付き合いだしてから紫の苦悩の日々が始まる。付き合う前からどことなく振り回されているかんじはあったが、付き合いだしてから余計に振り回されるようになった。それに紫は苛立ちを覚えながらも、その度にジョージに振り向いてもらえるような女性にならなくてはと自分を磨くことを決意していた。

しかし紫の決意とは裏腹に、ジョージと気持ちがすれ違っていく。そしてそれがついに爆発した。紫は初めてジョージが一人暮らしをしている部屋を訪れたが、そのままケンカになってしまい、静かに怒ったジョージに夜の町に紫は一人で放り出された。紫は泣きながら実和子に電話をする。連絡を受けた実和子はバイクですぐに実和子の元に駆けつけた。そして実和子は紫を連れて、自分が居候している姉・実果子(みかこ)の家に向かう。紫は一度は泊めてもらおうと思ったが、実和子に話を聞いてもらったし、母親からも帰りが遅いと怒りの電話がきたことで家に帰ろうとする。そこへ先程自分を突き放したジョージから電話がかかってきた。

ジョージは実果子の家まで車でやってくると、そのまま紫を連れて出発する。紫の家に着くまでの間、話をした。ジョージは紫の主体性のないところは嫌いだが、基本的には好きだと矛盾したことを言う。ジョージ自身、この矛盾を説明することができない。どうでもいい女にケンカを売るようなことはしないし、ふだんなら相手に気に食わないところがあっても放っておく。ケンカをしてもこんなに慌てて弁解しに来ることもない。ジョージは自分でも思っている以上に本気で紫が好きなのだ。そんなジョージに紫も好きだと告げる。

紫の独り立ち

ジョージに家まで送ってもらった紫は、少しでもジョージにふさわしくなれるように、まずは母親に黙っていたモデルの話を打ち明ける。しかし母親にはわかってもらえず、頭を冷やせと平手打ちを食らう。冷静になるどころか、偏見などからヤザガクの生徒を差別し、わかろうともしない母親に頭が来た紫は、母親が買い物に行っている間に家出をし、嵐が使っていない部屋にしばらく住まわせてもらうことになった。

紫は家出している間、少しでも自立した女性になろうと意気込んでいた。まずは仕事と思った矢先、実和子が姉の実果子のアパレルショップで働いてみないかと提案してくれた。紫はさっそく実果子に会いに行き、話を聞く。するとアパレルショップの店員ではなく、実果子のブランド「ハッピーベリー」のモデルをやってほしいと頼まれた。

自分なんかにモデルが務まるのかと不安に思う紫だったが、思い切って実果子の仕事を引き受けることにする。撮影当日、紫は見事にモデルとしての務めを果たした。実果子やスタッフのみんなに褒められた紫は、それが嬉しくて、涙目になりながら幸せな気持ちを噛み締めた。そしてその幸せを胸に秘めたまま、紫は迎えに来てくれたジョージと初めての夜を共にする。モデルとしての初仕事、ジョージとの初体験。紫はたった1日で生まれ変わったような気分だった。

紫はその後ジョージの家に移り住み、アルバイトを探し続けた。しかしなかなか見つからない。紫は思い切って先日縁ができた実果子にモデルの仕事を本気でしたいと相談をした。すると実果子は最近モデル事務所を立ち上げた友人を紹介してくれた。紫はジョージが作った「パラダイス・キス」の服を着て、さっそく実果子の友人嶋本梢(しまもと こずえ)が立ち上げたモデル事務所を訪れる。嶋本は話している内に紫のことがすっかり気に入り、自分の事務所に所属するようにいった。紫はそれを喜ぶ。しかし事務所に所属するには、未成年である紫は両親の許諾が必要だった。

ジョージとのすれ違い

ジョージの求める女性になれない紫は自分を責める。そんな紫を浩行(上のコマ)は慰めた。

家出をしたままの紫にとって、両親の許可というものはとても高いハードルだった。しかし逆を言えば許可さえ取れればその道を進むことができる。ジョージとの関係もうまくいっている。それなのに紫はどんどん不安になっていく。ジョージの家でジョージのことだけを考えてジョージの帰りを待っている自分。主体性のない女性が嫌いなジョージに嫌われないように自分の考えを持って行動しているはずなのに、結局ジョージの「主体性のない女性が嫌い」という考えに左右されている。そんな気持ちが紫の中で大きくなっていった。

ジョージのほうも紫に苛立ちを募らせていた。紫がモデルを本気で目指そうと思っているという話を、ジョージにすぐに切り出さなかったからだ。紫が静かに怒るジョージをアトリエから連れ出してやっと話ができた時、ジョージはとても冷たい表情で「おまえが昨日の夜 自分がモデルになる事より おれと寝る方が大事だって考えたなら ふざけた女だと思っただけだよ」と紫に言った。ジョージに侮辱された紫は、顔を真っ赤にして怒り、ジョージのように愛のない男はうんざりだと自分の家に帰ることにした。

家に帰った紫は今度はゆっくりと母親と話をすることができた。母親はモデルについてピンときていない様子だったが、高校を卒業することを条件に紫のやりたいようにさせてくれることを約束してくれた。紫は受けていなかった中間テストの勉強をしてベッドに潜り込む。あんなに屈辱的なことを言われたのに、脳裏にはジョージのことが浮かんだ。そしてジョージが恋しくてたまらなくなった。

それでも紫は決めた。もうジョージに会うことができなくても、それでもきちんと自分の夢に向かっていくことを。

ヤザガク文化祭

それからの紫は母親との約束通り勉強に取り組んだ。追試を無事にクリアし、モデル事務所の所属手続きを済ませ、寝る暇もない慌ただしい日々を過ごす。その間も当然ジョージからの連絡はない。電話をくれるはずのないジョージに、紫は苛立ちと恋しさを募らせていた。

紫は無理が祟り、ヤザガク文化祭のファッションショーのリハーサルの日に熱を出してしまった。保健室で休んで早退することになった紫は、体調は芳しくないものの、心置きなくリハーサルにいけると喜ぶ。校門を出たところにジョージの車が止まっていた。紫が慌てて駆け寄ると、ジョージが車の中で眠っていた。紫はジョージが目を覚ますまで車にもたれかかって待っていた。しかし体調が悪いままだったのでそのまま倒れてしまう。電話の着信でちょうど目を覚ましたジョージは、紫の異変に気が付き、彼女を病院に連れて行った。

病院で点滴を受けている間、紫は付き添ってくれたジョージとゆっくり話をした。振り回されて、すれ違っても紫はジョージが好きなのだ。そしてジョージも紫と会っていなかったこの1週間、紫のことを考えていたと語った。

文化祭当日、完成した「パラダイス・キス」のドレスに身を包んだ紫は、不安になりながらも精一杯モデルとしての役目を果たした。しかしグランプリを取ることはできなかった。紫は悔しくて涙を流すのだった。

それぞれの歩む道

恋人であるジョージの進路を自分が知らないのに香が知っていたことに紫はショックを受ける。

11月の文化祭が終わると、高校3年生の紫達は進路について考え出す。紫は嶋本のモデル事務所に無事に入ることができ、高校に通う傍らモデルの仕事をこなす日々を送っていた。嵐達は、「パラダイス・キス」の服をショップに売り込んでそれが売れるのをそわそわする毎日を過ごす。ただ肝心のジョージは特に慌てる様子もなく、いつもどおりだった。それどころか紫と同じ現場のモデルの仕事に入ったりとしている。今まで見たことがないぐらい機嫌の良いジョージに、紫は不安を抱いていた。

紫がジョージの部屋を訪れていた時、突然麻生香(あそう かおり)という女性がジョージの元へやってきた。香は2年生の時の文化祭でグランプリを取っており、ジョージとは良きライバル関係にある。香がジョージの元を訪れたのは、デザイナーの道を諦めようとしているジョージを説得するためだった。ジョージは自分の服に対する強いこだわりから、デザインをビジネスと消化できないとしてデザイナーの道を諦めようとしていたのだ。そうなればもちろん「パラダイス・キス」も解散だ。紫はその事実をジョージからではなく、香の言葉から知ることになりショックを受ける。そして香がジョージを説得しようとするのを見て、自分はジョージの何なんだろうと考えた。

紫とジョージの間にはまた深い溝ができていた。

紫は浩行にやる気があるなら大学受験をしたほうがいいと勧められ、モデルのしごとの傍ら受験勉強を続けた。実和子達は「パラダイス・キス」の服を増やし、さらにショップに売り込もうと意気込んでいる。紫はそんな実和子にジョージが「パラダイス・キス」の解散をしようとしていることを伝えることができなかった。

24時間ずっとジョージのことを考えてしまうほど好きなのに、紫はうまくジョージに寄り添うことができない。ウダウダと紫が悩んでいると、ジョージからやっと連絡がきた。そしてジョージと一緒に初詣に行くことになった。

ジョージと紫が初詣に行くと、実和子達に会う。新年の挨拶を交わし、お参りした後、紫とジョージは車で日の出を見に行った。そしてジョージは日の出を見ながら、ヤザガクを卒業したらパリに行くことを決めたと紫に告げた。ジョージは「おれはおまえ(紫)がいないと寂しいよ」と言い、紫に「一緒に来る?」と尋ねた。その言葉に紫は目に涙を溜めながら、「行かない」と返事をした。紫はジョージが日本を出たら戻らないことを理解していた。モデルの仕事をし、大学受験もするんだと固く決めた紫はジョージに着いていくことはできない。ジョージは紫の出した答えを受け入れた。

紫とジョージの別れ

3月になり、紫は高校を卒業した。大学受験には落ちてしまったが、代わりにTVCMのオーディションに受かり、仕事のほうは順調な紫。卒業式の後、紫はアトリエに向かった。卒業祝いとジョージの送迎会をあわせたパーティーに参加するためだ。紫、ジョージ、実和子、嵐、イザベラの5人でパーティーは盛大に行われ、それぞれの進路について話をした。

パーティーはあっと言う間に終わる。翌日ジョージはパリに旅立つが、紫は見送りに行かずにすむようわざと仕事を入れた。車に乗ったジョージは「元気で」と言い、紫は「ジョージも」と別れを告げる。

コンテナの中には、ジョージがつくってきた思い入れのある服が、ぎっしり詰まっていた。

翌日ジョージは船でパリへと旅立った。紫の仕事が終わったのは22時だった。紫が帰宅すると、ジョージから紫宛に小包が届いていた。包みの中身は宝石のついた大きな宝箱だった。そして宝箱の中に「1013」とタグがついた鍵が入っていた。手紙などはなかったが、紫は怪しんで宝箱を調べる。すると底に地図が入っていた。

地図で示された場所は紫もよく知る場所だった。紫の家から歩いて10分の場所にある、大型コンテナが並ぶ貸倉庫。紫は脇目もふらずにその貸倉庫へ走っていき、鍵を開ける。そこにはジョージが作った「パラダイス・キス」の服や靴、帽子やバッグ、アクセサリーで溢れていた。紫は以前ジョージとした会話を思い出す。紫がジョージの部屋のクローゼットにあった「パラダイス・キス」の服について、本当にどれを着てもいいのか、思い入れのある大事な服なのではないか、と尋ねた時、ジョージは言った。

「だから おまえに着て欲しいんだよ」

紫はその場に座り込んで泣いた。この先、紫とジョージの辿る道は決して交わらない。それでも紫にとってジョージが大事な人だったことだけは、この先も変わらないのだ。

10年後

Aya_8
Aya_8
@Aya_8

Related Articles関連記事

NEW

Paradise Kiss(パラダイス・キス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『Paradise Kiss(パラダイス・キス)』とは、雑誌『Zipper』にて連載された矢沢あいの漫画作品である。進学校に通う早坂紫が、矢沢芸術学院生「パラダイス・キス」のメンバーからファッションショーのモデルになるよう誘われる。夢を追う彼らに刺激を受け、紫も人生への考え方に変化が表れてゆく。ファッションへの情熱やキャラクター達の人生観、恋愛模様が凝縮され、今でも人気の高い作品。ファンの心を射抜く矢沢あいの名言や名シーンを紹介する。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年に公開されたジャスティン・リン監督によりオリジナル・フィルムが制作した、カーアクション映画である。大人気ワイスピシリーズの3作目となるが、今までのシリーズとは異なりアメリカではなく東京が舞台となっており主演がルーカス・ブラックになっている。日本の有名人も登場していることで話題になった作品である。本作は東京に引越してきたきたアメリカ人学生が日本が発祥であるドリフトに魅了されていくストーリーである。

Read Article

YUI(ユイ)の徹底解説まとめ

YUIとは、日本の福岡出身の女性シンガーソングライター。2005年、17歳で「feel my soul」でメジャーデビュー。「Good-bye days」「My Generation」「again」等、映画やドラマ、アニメの主題歌から次々とヒット曲を生み出した。2013年より一時活動休止するも、FLOWER FLOWERのVo&Gtとして再び活動。2020年には、ソロでも復活している。バンドとしてもソロとしても音楽活動を続けている。また、4人の子どもを持つ母である。

Read Article

家売るオンナ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『家売るオンナ(ドラマ)』とは、は、2016年7月から9月にかけて放送された、スーパー営業マンの不動産販売をテーマとしたドラマである。主演は北川景子で、天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の悩みや問題点を解決しつつ、家を売りまくるというストーリー。数々の賞を受賞し、海外でも方された人気ドラマで、2017年5月にはスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』、2019年1月から3月まで、続編として『家売るオンナの逆襲』が放送された。

Read Article

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

ご近所物語(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ご近所物語』とは1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。自分のブランドの店を持つことが夢の実果子。矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強に励んでいる。実果子は幼馴染で同級生のツトムとは友達以上恋人未満の関係。二人を中心に個性豊かなキャラクターたちが、夢のためにどう生きていくか、愛とはなにかなどを学んでいく。大人になる途中の男女が、将来のために何をしていくべきなのかを考えながら成長していく青春恋愛バラエティ漫画。

Read Article

ご近所物語の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ご近所物語』とは、1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。コミックは全7巻。自分のブランドの店を持つことが夢である主人公の幸田実果子と、彼女が通う矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強をする個性豊かなキャラクターたちとの学生生活を描く。自分の夢や将来、そして恋愛などについて高校生の男女が、悩みながら成長していく青春恋愛漫画。

Read Article

ひるなかの流星(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひるなかの流星』とは「やまもり美香」による漫画作品。 2017年には、永野芽郁・三浦翔平・白濱亜嵐らによって実写映画化された。 主人公の与謝野すずめは、転校先の担任である獅子尾五月と関わっていくうちに、獅子尾に惹かれるようになる。 一方で、転校先のクラスメイトであり、すずめの初めての友達である馬村大輝はすずめに惹かれるようになる。 かわいいイラストで甘酸っぱい三角関係が描かれている。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子が原作・脚本・監督すべてを担当した日本の恋愛映画である。世界的な音楽家である坂本龍一が音楽監督、映像作家の岩井俊二がプロデュースを手がけたことで話題となった。妹のパリ旅行に付き添ってきたカメラマンのセンと、パリ在住の日本人アオイが一足の靴をきっかけに出会う3日間のラブストーリーを描いた作品。ロマンチックな物語展開はもちろん、舞台となったパリの美しい風景と繊細な音楽、瀟洒な台詞もこの作品の魅力である。

Read Article

NEW

ひとりで飲めるもん!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひとりで飲めるもん!』とは2017年8月から2019年2月までコナリミサトが『まんがタイムオリジナル』で連載していた漫画作品、及びそれを原作としたテレビドラマ。 主人公・紅河メイ(べにかわめい)はコスメ会社の広報部で働くキャリアウーマン。社内でも一目置かれる彼女は、サクッと飲めるチェーン店飲みが大好き。仕事に疲れた時や自身のキャリアに悩み、迷った時には美味しい食事とお酒でリセットし、また明日頑張ろうとメイは前を向く。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

鋼の錬金術師オープニングテーマソングのご紹介。

荒川弘先生の大人気作鋼の錬金術師。2017年に実写化が決まり、衰えない人気の高さを証明しています。物語の面白さと完成度の高さはもちろんなんですが、アニメのオープニングテーマソングとアニメの世界観のマッチングは素晴らしいものがあります。名だたるアーティストの楽曲が使われております。ここではテーマソングとそのアーティストをご紹介したいと思います。

Read Article

流出!?芸能人・著名人のプリクラ画像まとめ【二宮和也、宮崎あおいほか】

誰でも気軽に自分の顔をシールにすることができるとして大流行した「プリクラ」。ネットニュースなどでは芸能人・著名人たちのプリクラ画像が紹介されることも少なくない。可愛いポーズや落書きの参考になるようなものもあれば、どこからか流出したと思われる意外なカップル同士のプリクラも存在する。本記事では芸能人・著名人たちのプリクラ画像をまとめて紹介する。

Read Article

【引退】干された芸能人たちが「復帰できない理由」を個別にまとめてみた!

生き馬の目を抜く芸能界。「少し前までテレビによく出ていた人気者が、最近はすっかり見かけない」ということも珍しくない。しかし、何事にもそこには原因があるもので、そうなった芸能人には個別に「干された経緯」や「復帰できない理由」が存在する。 ここでは、そんな干された芸能人たちの引退劇の裏に何があったのかを紹介する。

Read Article

NEW

【向井理】あの人も右派だった…?愛国心の強い有名人まとめ【松本人志】

ニュースなどでよく耳にする「右翼」。その意味は、保守的だったり国粋主義的な思想傾向、もしくはその立場に身を置く人や団体のことをいいます。自分の国を愛することは大切なことですが、あまりにも保守的だとちょっと接しづらいなと感じてしまいますよね。この記事では、テレビなどでの発言から右翼と思われる有名人についてまとめました。信じるか信じないかは、あなた次第です。

Read Article

可愛い!女性芸能人・著名人のすっぴん画像とメイク画像を比較してみた

番組の企画や何処からかの写真流出によって、「メイクとすっぴんでは別人!」と騒がれることもある女性芸能人・著名人たち。一方「すっぴんでも十分可愛い!」とさらに人気が上がる女性たちも少なくないのだ。本記事ではネット上の意見で「すっぴんが可愛い」との声が多い女性芸能人・著名人の、メイク前後の比較画像をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents