「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のアスカはTV版及び旧映画版のアスカ?」という説

「あんたバカぁ?」でお馴染みアスカことアスカ・ラングレー氏。『新世紀エヴァンゲリオン』及び『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』でその美貌と強烈なキャラで活躍する彼女ですが、ネット上で非常に興味深い説を発見いたしました。

『エヴァ』の基礎知識

【共通項】「セカンドインパクト」という災厄を経た2015年が舞台。人類は使徒と呼ばれる正体不明の「敵」と戦っていた。唯一使徒を殲滅できるのは「人造人間エヴァンゲリオン(以下エヴァ)」のみ。エヴァのパイロットは、母親のいない14歳の子供の中から選出される。エントリープラグというコックピットに乗った上で「シンクロ」、つまりある程度の一体化により操縦。「歩く」と念じるだけで歩行し、慣れれば銃撃戦などの訓練、戦闘も可能になる。エヴァを保有するのは特務機関ネルフ。その上にゼーレという組織が存在。作品全体に聖書や心理学を想起させる要素が多い。

【『新劇場版』での新要素】セカンドインパクトの影響なのか、海が赤い。海洋生物は特殊な施設(入るだけでも二重三重の浄化措置をとらなくてはならない)で飼育されており、セカンドインパクト以降の世代にとっては「海は赤いもの」。エヴァの保有に関しても各国三体までという「バチカン条約」なるものが存在する。『序』『破』『Q』と公開されたが、『破』のラストで疑似サードインパクトが発生。『Q』では『破』から14年が経過しており、一部のネルフ職員がヴィレと呼ばれる組織に移動、ネルフと対立していた。また、エヴァのパイロットは「エヴァの呪縛」として、外見上年を取らない。

アスカ・ラングレーというキャラ

『新世紀エヴァンゲリオン』及び、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズに登場。共通点として、以下の点が挙げられる。
・ドイツとの混血。
・天才美少女でエリート意識がある。事実聡明だが、精神的には年相応の面を見せる。
・弐号機パイロットとして登場し、その際使徒を殲滅。
・使徒の攻撃で精神汚染を受ける。
・ミサトの家にシンジと共に居候し、昼食の弁当はシンジに作ってもらっている。
・口癖のごとく「あんたバカぁ?」と言う。

TV版終了から十数年が経過して制作された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』でのアスカには、以下の「キャラクター」が与えられました。
・苗字が「惣流」から「式波」に変更。
・登場時から綾波レイをえこひいき、碇シンジを七光りと呼んで露骨なライバル意識を向ける(TV版では、上から目線ながら一応レイに対し「仲よくしよう」と挨拶をした)。
・初登場時、独力で使徒を殲滅。(TV版ではシンジとともに弐号機に搭乗。シンジや軍との協力もあっての殲滅と相成った)
・加治リョウジに対し、関心を抱いていない。むしろシンジの気を引くためか料理をする描写あり。
・弐号機に対する執着もあまりなく、あっさり参号機の起動実験を引き受けた。(TV版では「私の」と枕詞を着けるほど執着)

『新劇場版』のアスカに関する、ある疑惑

『新劇場版』は『序』『破』『Q』と公開。アスカは『破』にて登場。「ん?苗字変わった?」とここで多少の違和感を持った人も多いんじゃないでしょうか。そんなアスカさん、TV版ではシンジの友人だった鈴原トウジの役割(?)であったエヴァ参号機の起動実験のパイロットとして選出されます。当初は「ツンケンしたエリート」と言った感のあった彼女が、「ガキ」との交流の中異性を意識したり、友人を持ったりするように。それも悪くないと思ったり、起動実験前年長者(ミサト)に「声が聞きたい」と電話をするなどちょっと子供の面を覗かせた矢先、TV版同様に、参号機は細菌のような使徒に乗っ取られてしまうのでした。

参号機起動実験の準備中。

「アスカが乗ってる」と攻撃をためらうシンジを見限ったように、「パイロットがいなくてもエヴァが起動する」ダミーシステムに切り替えられました。TV版同様、参号機は完膚なきまでに破壊。エントリープラグもまた噛み砕かれるのでした。で、精神汚染と肉体的損傷も大きかったであろうアスカはそのまま「サンプル扱い」に。物語は『Q』へと移行します。この時アスカは左目に眼帯をした状態で登場。普通に戦闘し、精神的にも成熟した模様。「元気になったんだねえ」と思っちゃうところですが、こんな説を見受けました。「『Q』に登場したアスカは、TV版のアスカなんじゃないか」。

検証・眼帯とプラグスーツ

TV版と書いてますが、このTV版、ストーリーの上では『Air/まごころを、君に』という二話構成の映画で完結してるんですね。その中で、アスカは弐号機に乗った状態で量産型のエヴァシリーズにより攻撃を受けます。電源(エヴァは基本紐付き)が切られた上、内臓電池も切れた動けない弐号機は見るも無残な姿に…。アスカ自身は内部にいるため無傷なはずなんですが、エヴァとパイロットはシンクロしているためエヴァの受けたダメージが痛みとして跳ね返ってきます。左目部分にロンギヌスの槍を刺されて、内臓をついばまれて…。つまり、「『Q』アスカのプラグスーツの破損箇所が、『Air』でアスカ(弐号機)が攻撃された部分と同じ」というご指摘です。

ネルフとの戦闘で破損したとも考えられますが。

実際には怪我を負っていないにもかかわらず眼帯を着けていること、プラグスーツが「何だかつぎはぎ感がある弐号機パイロットのもの」である点もこの説に信憑性を持たせる一因になっているようです。それを裏付けるのが、「エヴァとパイロットはある種のイメージで肉体的にもシンクロする」という説。『Air』で左目を貫かれたので眼帯を着用、内臓をついばまれたエヴァ弐号機のイメージからプラグスーツもつぎはぎ、という説です。『まごころを、君に』ラストでも無傷のはずなのに包帯を巻かれてましたし、なるほどな、と納得しかけます。

検証・トウジの怪我の程度と比較

TV版で参号機はメタメタに破壊、エントリープラグも握りつぶされてシンジは「パイロット生存」の知らせを聞くまで「死んだもの」と思っていた様子。その後、一命をとりとめたトウジが一度だけ登場しますが、左足切断の絶対安静状態。当時の「謎本」では「外傷だけでなく、日常生活も危ぶまれるほどの身体的重傷を負ったのではないか」との考察が成されていました。

アニメでのトウジ。

参号機の事件後のアスカの怪我がどの程度かは不明ですが、『破』ではエヴァに噛み砕かれて以降姿が出ていません。観ている側から隠すように拘束されていたし、怪我の程度がどの程度か分からない。「生きているだけ」の状態がずっと続くのだとしたら、『Q』でのあの活躍ぶりは?エヴァに乗って戦闘して、基地の内部を駆け回るほどの元気は?14年という年月によりあそこまで回復する程度の怪我なのか、或いは「TV版のアスカ」なのか。

漫画版では死亡。アニメで死ななかったのは、プロデューサーの意向だそうです。

「エヴァとパイロットはある種のイメージで肉体的にもシンクロする」という説ですが、事実とすると内臓を食べられたことになります。そんな状態で生きてられるわけありませんよね?

まとめ

『Air』より。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。 1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。 全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの二作目である。 謎の巨大生物・使徒により、「セカンド・インパクト」という大災害が発生してから15年。14歳の少年碇シンジは、父ゲンドウの命令で汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と戦うことを強いられる。同じくパイロットに選ばれた少女たちと交流しながら、シンジは世界の謎を巡る奇怪な陰謀に翻弄されていく。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下ヱヴァ:序)とは、ガイナックスの取締役だった庵野秀明氏が独立し、2006年に設立した株式会社カラーの第1回作品である。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下TVシリーズ)に新たな設定とストーリーを追加して、再構築したシリーズの第1作目である。本作は全4部作の第1作目にあたる。またタイトルの『序』は雅楽の用語『序破急』から来ている。ヱヴァ:序はTVシリーズの第壱話~第六話までのストーリが基盤となっているが、TVシリーズの原画の流用は1枚もない。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの三作目である。 主人公碇シンジが目覚めると、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から14年もの月日が流れていた。自身が起こした大災害により滅亡に瀕する世界で、かつての仲間たちが新世界創世を画策する「NERV」とそれを阻む「WILLE」の二派に別れて相争う中、シンジは14年前の真実を求めてNERV本部へと向かう。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』とは、ガイナックス制作による庵野秀明監督のアニメーション映画。主たるジャンルはロボットアニメに分類される。同名TV作品のリメイク映画作品。 地球に突如として謎の巨大生命体「使徒」が出現。これへの対処に組織された特務機関「ネルフ」は、巨大人造人間「エヴァンゲリオン」を創造した。操縦には資格を持った14歳の少年が必要である。操縦者に選ばれた少年碇シンジと、彼を取り巻く人間たちの複雑怪奇な愛憎劇を描く。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開された。今尚アニメ界で異彩を放つ作品である。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

トップをねらえ!(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

トップをねらえ2!(アニメ)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

天空の城ラピュタ(ジブリ映画)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

風立ちぬ(ジブリ映画)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

天元突破グレンラガン(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

めだかボックス(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

風の谷のナウシカ(ジブリ映画)のネタバレ解説まとめ

『風の谷のナウシカ』とは、1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

天元突破グレンラガンのガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。 本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

「キティちゃん」と言えば、サンリオの代名詞と言っても過言ではないキャラクター。日本の女の子にもっとも愛され、そしてもっとも色々な“モノ”達とコラボを果たした別名「仕事を選ばないキティ先輩」。こちらでは、そんなキティちゃんのアニメや漫画を中心とした“コラボ遍歴”を集め、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents