『ケロロ軍曹』ケロロ小隊とアクが強くて愉快な関係者たち

地球侵略者との友情をコミカルに、鋭い突込みやパロディ、お色気を交えて描き人気を博した『ケロロ軍曹』。一時期は専門雑誌まで作られたこの作品を彩ったアクの強い主要人物をまとめました。

通称「戦場の赤い悪魔」。ファンからは「ツンデレの代名詞」、ケロロからは「赤ダルマ」とも呼ばれます。

体色:赤。
階級:伍長。
一人称:「俺」。

トラップの達人で重火器の扱いにも長け、侵略について一番真面目に考えているのがこちら。しかし日向家長女夏美により自慢のトラップを潜り抜けられた挙げ句カバンで引っぱたかれて「惚れて」しまうのでした。アニメでは星を出発する前に行った記者会見で「もし魅力的な女性兵士がいたら、恋に落ちますか?」との記者の問いに「下らん」と一蹴したにもかかわらず、です。以降は日向家の庭にテントを構え、基本夏美の為にサツマイモを焼いたり、武器の手入れをする日々。隊長で上官のケロロをお前(時にぼんくら)呼ばわりし、タメ口で話しますが幼馴染であることなどからケロロ自身も問題視していないようです。ケロロがやる気を出せば泣いて喜び、重病(実際はただの夏バテ)に陥ったケロロから「吾輩に何かあったら、あの作戦の指揮お願いね」と言われれば涙ながらに「お前が隊長だろう!」と叱咤激励するなど、何だかんだで隊長として認めていることは伺えます。弱点は夏美と酒。夏美の形をした兵器には攻撃ができず、酒は一滴口に入っただけでダウンします。
初登場時、タママに「目を食いしばれ」と号令を下し、「普通はできん」と無茶苦茶を言うのは一種の軍隊批判、なんでしょうか。子供時代は鉄道マニア(アニメ版)でした。ケロロ小隊で唯一声変わりしたキャラでもあります。というか、他キャラが子供声を担当しても違和感のない声優さんだっただけなんですが。ケロロ、タママは女性声優ですし。

目の傷ができた理由。

日向夏美

ギロロにはこう見える。というか基本的には人当たりのいい子なんですけどね。

日向家長女で冬樹の姉。侵略者のケロロたちを危険視し、ケロロに対する風当たりが最も強いです。しかし家出したケロロを心配したり、後に送られてきたガルル小隊との戦闘の際「あいつはあいつなりに頑張ってた」と擁護もするなど、それなりに家族、友達程度の情はある模様。中学生ながら「セクシーバディ」の持ち主で同性にも異性にも見惚れられて、憧れられる存在。文武両道であり、冬樹からすれば「いい点数」が彼女にとっては「散々な結果」という程成績がよく(深夜まで勉強もしています)部活動の助っ人に駆り出されるほどスポーツも万能。名前は「夏美」ですが、誕生日は12月2日。ケロロの誕生日は一週間遅れの9日で、アニメ版3年目では合同でお祝いしてもらってました。
忙しい母に代わって家事を切り盛りする身のため、勧誘されることは多いものの、正式に部活動には所属していません。気が強い割に打たれ弱い方らしく、母との交流が急な仕事でダメになった際「こういう時弱いのは姉ちゃんの方」と冬樹から指摘されるほど。ガルル小隊との交戦当初はショックを受け泣き言を言う姿も見られます。成長を続ける発育盛りの胸にお困りなのは運動しづらいから。ギロロに惚れられていても一向気づいてませんが、アニメ版では一緒に芋掘りをしたり、「別の星の侵略活動」の辞令が下ったギロロを追ったりと結構距離が縮まるような描写も。好物は焼き芋。クルルの発明で大人化した際はセクシー度と共に腕力もUP。成人男性を素手で叩きのめせる戦闘力を得ました。
意味もなく不機嫌になることがあり、その際は何でもかんでも禁止する迷惑きわまりない癖をお持ちです。それで「武器禁止」にしてクルルの作った発明品を家中にばらまかせたことも。この発明品は夏美の顔を模したロボット(ギロロに攻撃させないため)で武器を持つと723度の炎やマイナス723度のブリザードを吐いたり、目から723枚の鉄板を貫くビームを発したりと容赦なく攻撃してきます。しかし銃などの明確な武器だけでなく、ヤスリや果物ナイフまで「殺傷力を有する武器」として攻撃。ギロロの機転で解決に至りました(原作では接着剤で小型爆弾を着けられて爆発、アニメでは自分たちの攻撃力を武器と判断して同士討ち)。

「あなたが出した条例です」として夏美を攻撃しようとするのが何だか風刺的…。

クルル曹長

子安武人さんの職人芸光るキャラです。ねちっこい話し方をしたり、持ち前の美声になったり。

体色:黄。
階級:曹長(元少佐)。
一人称:「俺」。

天才的な頭脳及び発明やメカの腕を持つケロロ小隊のブレーン。しかし性格がよろしくない。よく言われるのが「陰険、陰湿、いやな奴」。大事な会議の際もふんぞり返ってテーブルに足を載せてガムを膨らませ音楽を聴くなど態度最悪です。少佐にまで上り詰めたのに、性格の問題で曹長にまで格下げを食らったという過去の主。とはいえ、メカニックとして、ブレーンとしての能力は折り紙付きで、ハッキングをかけてきたトロロ新兵に対し更なるハッキング技術と嫌味で返し、「お仕置き」を食らわせました。
「黄色いから」カレー好き(『ゴレンジャー』のキレンジャーがカレー好きという設定が元)で、「国際カレーの日」を作るためだけに地球人のふりをして国連事務総長に上り詰めた回が存在(アニメ版)。地球人になりすます「地球(ポコペン。アニメ版では規制によりペコポン)人スーツ」が存在しますが、「クルル子」という地球人スーツを使用することもあります。

クルル子。声はそのまま。

623(北城睦実、アニメではサブロー)

アニメ版と原作でかなり設定が異なるキャラクターですが、共通しているのはクルルとは電波仲間(路上でポエムを売っていましたが、「才能じゃなくて電波を受信する」と表現)で、ポエムが売りの人気ラジオDJであること。クルルに勝るとも劣らない天才的頭脳を持っていること。どこか浮世離れしている点でしょうか。DJ名は632(ムツミ)で、夏美に好意を寄せられています。クルルからもらった実体化ペンで描いたものを実体化、「盾」と書くことで単なる紙で攻撃を防ぐこともできます。逼迫した状況でも「by632」とサインを入れる余裕ぶり。恐らく元ネタは詩人でイラストレーターの326(ミツル)氏。

原作:北城睦実(ほうじょう・むつみ)という高校生。芸能活動をしていることは秘匿しておらず、外出時は変装します。が、「632」と書かれた服を着ているためかばれることも。サインには快く応じる方。「楽しむ義務」と称し、モアのいかがわしい動画(クルルによる盗撮)を見ようとするなど年相応の男の子ではあります。クルルと出会うまではIQ350、スポーツは「勝負にならない」という理由参加させてもらえないなど、高すぎる能力と人気ゆえにやっかみを受けたり、陰口を叩かれたり。孤独な青春に虚しさを覚えているような描写もありました。

アニメ:サブローが本名のご様子。日向姉弟と同じ吉祥学園の生徒。覆面DJ632として活動しており、視聴者にもファンにも正体隠匿。とはいえ、原作未読でも声でバレバレではありますが。

ドロロ兵長

実家は裕福です。おもちゃ目当てで「友達」になる幼き日のケロロ…。

体色:青。
階級:兵長。
一人称:基本的には「拙者」だが、「ボク」も使用。

忍者のような姿ですが、元々は暗殺部隊の出。本名はゼロロ。地球に来た際単身忍者の住む忍びの村で保護されて、情報にあった「自然を汚している」地球人とは違い自然と共に生きる姿に共感。美しい地球を守るため一旦は隊を離れるも、丸め込まれて作戦会議に参加することもあります。アニメ版では特に平和主義者的な面が出ており、平和的な作戦には進んで参加、「侵略のエキスパート」が来た際も「暴力的な作戦」は駄目だと事前にくぎを打ってました。姿に合わせてのことか口調も忍者風。ケロロのことも基本的には「隊長殿」と呼んでいます。
作者が中々ビジュアルを決められなかった等の事情で原作初登場が55話と非常に遅く、いつからか「影が薄くて忘れられる」というキャラ付けに。少年時代からその兆候はあったようで、かくれんぼの時完璧すぎる隠れぶりから忘れ去られたことも。その他数々の「トラウマ」を有し、スイッチが入ると体育座りで落ち込みます。しかしケロロのせいで死線を乗り越えたためか、アサシントップにまで上り詰めた戦力はきわめて強く、重火器の攻撃も小刀で跳ね返せるほど。「鬼式」という特殊な鎧をまとい空中戦もこなします。掛け声は「トイヤ!」(アニメ版のみ)。

「鬼式」装着。

東谷小雪

忍者装束バージョン。

忍の村出身。ドロロの第一発見者で、保護者でもあります。「浮き世で普通に生きる」という長の決定により、人里へ下りました。原作では夏美に対し恋愛感情を抱いていますが、アニメ版では単に友情程度。「普通でいよう」と決めてはいるものの、天井に張り付いたり、「食事中は隙ができるから」と忍者食を一人で食べたり。吉祥学園の制服を着ていないのは、先輩くのいち躯(むくろ)からもらったものだから、という理由のようです。
原作では夏美に対する感情により、ギロロから危険視されています。恋敵的な意味で。本人曰く「殿方よりも素敵」とのことですが、アニメ化の際変更に。「子供向け」というのを考慮されてのことかと思われますが、作者の吉崎氏は「『ケロロ軍曹』は子供向けでも大人向けでもない」といった主旨のコメントをしています。
尚、自宅の様子がアニメ版と原作で違っております。
原作:日向家の隣。当初は(一見)普通なだけの家だったが、ケロロたちの協力でからくりの多い家になりました。小雪としてはこちらの方が「落ち着く」そうです。

アニメ版:山中と思しき場所の水車小屋。いかにも忍者が住んでいそうな家です。

夏美をも超える身体能力の主。

日向秋

美しいだけでなく、強いです。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

けものフレンズ(Kemono Friends)のネタバレ解説まとめ

この作品はテレビ東京で2017年の1月から3月まで放映された。キャラクターは3Dで造られているのが特徴。けものフレンズは女の子に擬人化した世界中の動物が集まるジャパリパークを舞台としている。ジャパリパークに迷いこんだかばんちゃんがサーバルちゃんと出会い、冒険する物語となっている。キャラクターデザインを担当したのは「ケロロ軍曹」で有名な吉崎観音さんである。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)のネタバレ解説まとめ

『ONE PIECE』は『週刊少年ジャンプ』にて連載されている尾田栄一郎による漫画作品。海賊王を目指して「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める主人公「モンキー・D・ルフィ」を中心に仲間との友情や夢、バトルなどの海洋冒険ロマンが描かれている。また、2015年に「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスにも認定されているほど人気の高い作品である。

Read Article

STAND BY ME ドラえもん(スタンド バイ ミー ドラえもん)のネタバレ解説まとめ

国民的アニメのドラえもん。漫画家の藤子・F・不二雄の作品で、1969年に漫画の連載が始まり、1973年に初のテレビアニメが放送される。1980年に初めて映画化され、これまでに37作品が公開されている。映画「STAND BY ME ドラえもん」は初めての3D映像で作成され2014年に映画公開されており、ストーリーは、ドラえもんとのび太の出会いや幻の最終話などの7種類の原作エピソードが描かれている。

Read Article

ザ・ドラえもんズ(ドラズ、ドラドラ7)のネタバレ解説まとめ

『ザ・ドラえもんズ』は、永遠の友情を誓い合った、ドラえもんたちネコ型ロボット7人が繰り広げていく物語。それは時に感動を呼び、時にアクロバティックであり、時にドタバタコメディとなる。それらの冒険活劇は時にはメンバーの特殊能力で、時には機転で、そして何よりも、特別なひみつ道具「親友テレカ」に象徴される7人の友情によって解決されていく。

Read Article

ドラえもん(Doraemon)のネタバレ解説まとめ

1969年から藤子・F・不二雄が小学館の学習雑誌(『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』から『小学四年生』)にて連載を開始したマンガ及びアニメ化、ゲーム化された作品。 悲惨な人生を送り、玄孫の代まで借金を残した野比のび太を助けるために22世紀の未来からやってきたロボット・ドラえもんと、ドラえもんが持ち出す未来の道具・ひみつ道具が起こす騒動を描く。 1996年、藤子・F・不二雄の死去に伴い絶筆。

Read Article

ロロノア・ゾロ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

Read Article

ナミ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、巧みな航海術で仲間達をサポートし、また天候を利用した戦闘で数々の危機を乗り越えてきたナミの技についてまとめてみた。

Read Article

ONE PIECE(ワンピース)の悪魔の実まとめ

『ONE PIECE』とは、週刊少年ジャンプにて長期連載中の大人気少年漫画。海賊王になることを夢見る少年モンキー・D・ルフィが、仲間とともに大海原を大冒険する。『悪魔の実』によって手に入れた能力で繰り広げられる数々のバトルは、この漫画をさらに面白くさせている。今回は、その『悪魔の実』についてまとめてみた。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)のロックス海賊団まとめ

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。 後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。 すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

Read Article

ヴィンスモーク・サンジ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、海賊麦わらの一味のコックで、戦闘においても主力として一味を支えているサンジの技についてまとめてみた。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の王下七武海まとめ

『ONE PIECE』とは尾田栄一郎の漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。時は大海賊時代。ワンピースと呼ばれる宝と海賊王の名を巡り、主人公モンキー・D・ルフィと仲間たちが冒険をし、時に海軍や他海賊と戦闘する。王下七武海とは、海軍と手を組んだ大物海賊たちを示す。それぞれの野望や思いを胸に海賊行為を行う七武海は、その戦力や個性、バックボーンにより、物語に花を添える存在である。

Read Article

フランキー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

Read Article

ウソップ・そげキング(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、臆病で口八丁な性格ながらも、機転を効かせ様々な敵を打ち負かして来た、海賊麦わらの一味の狙撃手ウソップの技についてまとめてみた。

Read Article

トニートニー・チョッパー(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で人間の能力を手に入れたトナカイで、多彩な力を発揮し数々の強敵を打ち負かしている、麦わらの一味の船医、トニートニー・チョッパーの技についてまとめてみた。

Read Article

モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 夢への冒険のため、仲間のために、数々の敵の野望を打ち破り、海軍の包囲網を突破してきたのが、本作の主人公で、海賊麦わらの一味船長「モンキー・D・ルフィ」。 今回はルフィの技についてまとめてみた。

Read Article

ニコ・ロビン(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、悪魔の実の能力で、多岐にわたる技を駆使しての戦いや、仲間のサポートをしている、知的でミステリアスな雰囲気の美女、ニコ・ロビンの技についてまとめてみた。

Read Article

ブルック(ONE PIECE)の必殺技まとめ

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。 「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。 今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

Read Article

【ONE PIECE】ジュエリー・ボニーとルフィ&エースの関係の徹底解説・考察まとめ【ワンピース】

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する女海賊、ジュエリー・ボニー。彼女は主人公モンキー・D・ルフィやその兄ポートガス・D・エースと深い関係にあるかもしれない。「大喰らい」の異名をもつ彼女。一見がさつに見える彼女は、物語の中で何か深い過去を想像させるような謎めいた行動を見せる。ストーリー上やキャラの元ネタなどから紐解いていく内容と解説。

Read Article

NEW

ONE PIECE(ワンピース)の名言・名セリフまとめ

『ONE PIECE』は、尾田栄一郎によって『週刊少年ジャンプ』に1997年34号より連載されている漫画作品。 時は大海賊時代。主人公「モンキー・D・ルフィ」は海賊王を夢見て、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探しに海に出る、海洋冒険ロマン。夢への冒険、仲間たちとの友情といったテーマで展開される深いストーリー、心を動かす名言の数々は日本中のみならず海外でも高い評価を得ている。

Read Article

違った意味でかっこいい「映画ジャイアン」が拝める『がんばれ!ジャイアン!!』

「映画になると途端にいい人になる」のが定番のジャイアン。大概、主力を担ったり兄貴分的部分を見せ、男らしい意味合いでのカッコ良さを見せてくれますが、この作品では通常の「映画ジャイアン」とは違った一面を見せてくれます。それ即ち、「兄」としての側面です。

Read Article

「ドラえもん」もはやふざけている!?「ひみつ道具」たち

大人気国民的アニメ・漫画「ドラえもん」に出てくる「ひみつ道具」たちは、どれも魅力的なものが多いですよね。「どこでもドア」や「タケコプター」など、人間なら誰しもが欲しい!と思うものばかりです。しかしながら、そんな中にもやっぱりあったのが「ふざけてるひみつ道具」です。これが蓋を開けてみると酷く、そして大量にあったので、まとめてみました。

Read Article

《閲覧注意!》ネット検索危険ワードまとめ(都市伝説エンタメ編)

ネットの検索エンジンは、毎日誰もが利用している便利なものですよね。日々、その技術は進歩し、検索キーワードによるサイト・画像の選別機能もまた確実なものとなりました。しかしそんな中、検索すると危険な画像・文章が上がってきてしまう検索キーワードなどが存在します。それは、「※きちんと検索しないと表示すらされない」ので、まさにアングラそのものです。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

『ONE PIECE』色々と引っ張るキャラクター、ジンベエとその人生(随時更新)

次から次へと怒涛の展開続く『ONE PIECE』。初期は展開も早く、新しい仲間の加入も割合すんなり進んでいたと思います。しかし作品に人気が出るにあたって、容易に先が見えなくなってきました。そんな中、登場及び「仲間になるかどうか」等、色々と先延ばしにされている感のある(敢えてでしょうが)ジンベエというキャラについてまとめました。

Read Article

ドラえもんズとも共演!ドラミちゃんの違った面が見られます!

声優交代の前に、『ドラえもんズ』という作品があったのを覚えておられる方も多いと思います。ドラえもんを食うほどキャラが濃いせいか、「もともと原作にはないから」と消されてしまった彼らですが、同時上映やスペシャルアニメ等で主役を張ったり、ドラミちゃんと共演していました。「頼れる」お姉さん的なドラミちゃんが、なんだか違ったキャラに見えます。いい意味で。

Read Article

漫画「ドラえもん」の失言&暴言&その他爆笑発言まとめ

お馴染み「ドラえもん」ですが、テレビアニメの「ドラえもん」と漫画の「ドラえもん」は、実は全く異なる発言をしているってご存知でしたか(我らがBPO様による厳正なる監修故)?今回はそんな漫画「ドラえもん」で描かれている、ありのままの「ドラえもん」のコマシーンを抜粋しまとめてみました。

Read Article

リメイク版『ドラえもんのび太の大魔境』サベール隊長について

今更感満載ですが、敢えて。『おそ松さん』人気もありますし、トキワ荘出身の巨匠作品のリメイクという意味合いで選びました。原作準拠ということで、旧作アニメのように「犬種違うんじゃね?」と思うようなゴツイ犬ではなく、といって完全なコピーと言うわけでもない。しかもキャラが掘り下げられています。これも、制作側の方針だったようです。(ネタバレあり)

Read Article

意外と恋多きネコ型ロボット、ドラえもんの恋のお相手まとめ(ネタバレあり)

ドラえもんと言えば頼れるのび太の保護者役。かと思いきや結構毒は吐く、のび太と一緒にいたずらもする、「ネコ」で「ロボット」なのに人間の女性アイドルに入れあげたりもします。もっとも聖人君子じゃありませんし、四六時中のび太のことを考えたりもしていられません。むしろのび太のお守りで苦労しているし恋くらいしたって許される、うん。ただお相手が多すぎる気もしますが。

Read Article

お兄ちゃんとは違った切り口!ドラミちゃん主演映画!

ドラえもんの妹、ドラミちゃん。お兄ちゃんほど出番のない、それでいて「頼れる脇役」といった彼女ですが、実はかつてのドラえもん大長編では「同時上映作品」の主役を張っていました。ドラミちゃんが主役の映画はほんの数本ですが、『ドラえもん』とはまた違った楽しみ方ができることと思います。今回は、その主演映画をご紹介します。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

女体化したトラファルガ・ローだと?『ONE PIECE』フィギュアから新シリーズI.R.Oが発売!

大人気漫画の『ONE PIECE』からは、今まで多くのフィギュアが発売されてきました。特にナミやハンコックそしてロビンといった女性フィギュアは物凄い人気で、予約と同時に直ぐにも完売してしまうほど。そして再び『ONE PIECE』から魅力的な女性フィギュアが発売されるのですが、どうやら今回は男性キャラがセクシーな女性へと「女体化」したモノらしいのです!

Read Article

目次 - Contents