Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ、Re:Zero)のネタバレ解説まとめ

Re:ゼロから始める異世界生活は、長月達平(ながつきたっぺい)がWEBサイト「なろう小説」に投稿したライトノベル。およびそれを原作とした小説・アニメ・漫画作品。突如、異世界に召喚された引きこもりの少年・ナツキスバルが、唯一与えられた能力「死に戻り」の力を使って、終わりのない死の運命に抗い続ける物語。

ペテルギウス・ロマネコンティ(CV:松岡禎丞)

出典: i1.wp.com

魔女教関係者。魔女教大罪司教「怠惰」担当。激しい自傷行為や妄言を繰り返す狂人で、自他一切の「怠惰」を許さない。100年前から嫉妬の魔女サテラへの「愛」と崇拝だけを胸に生きてきた。元は肉体を持たず、人間の肉体を乗っ取ることで長らえてきた邪精霊であったが、魔女因子を取り込んだ結果、正気を失ってしまう。魔女因子による権能「見えざる手」や「精神憑依」を使ってスバル達を追い詰めていく。

エルザ・グランヒル(CV:能登麻美子)

色めかしい言動が特徴の妖艶な女性。「腸狩り(はらわたがり)」の異名を持つフリーの暗殺者で、標的の腸を切り裂く事に喜びと快感を覚える。とあるループ軸ではエミリアを王選から離脱させようとしたロズワールに雇われ、エミリアとスバルを襲撃した。短剣を始めとする隠し武器を主体に戦闘を繰り広げる一方で、ラインハルトの攻撃をかわし切るなど、超人的な身体能力の持ち主。後にロズワール邸を襲撃し惨状を招くが、最後はスバルを追って禁書庫の扉を開いた際にトラップに掛かり死亡する。

名言・名セリフと名シーン・名場面集

スバル「君を救うためなら、俺は何度だって死ぬ――」

出典: kentaro01.up.seesaa.net

想像を絶する痛みと苦痛を伴いながら死に戻りを重ねるスバルの名言。エミリアを想い、救おうとする気持ちが、この言葉に詰まっている。

スバル「月が綺麗ですね」エミリア「手が届かない所にあるもんね」

出典: blog-imgs-92.fc2.com

言葉に詰まるスバルが苦し紛れに放った「月が綺麗ですね」という言葉。しかし一転、エミリアの切り返しによって、奥深い名言となった。手に入らない物ほど魅力的に映る物はないのかもしれない。

スバル「幸せなんていくらあったって困りゃあしない」

出典: livedoor.4.blogimg.jp

「幸せなんかいくらあったって困りゃあしないんだし、溢れかえって困ったら配ったらいいしさ。ゆっくりでいいよ。ゆっくりじっくり、のんびりと俺を好きになってくれれば良い。」

ハーフエルフであるがために差別を受け、悲惨な境遇を歩んできたエミリア。幸せを素直に受け入れられないでいる彼女にスバルがかけたこの言葉は、エミリアを笑顔にした。

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア「戦え」

出典: emotionalanime.com

ヴィルヘルム「戦え。戦うと、抗うと、己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。一瞬も、一秒も、刹那すらも諦めず、見据えた勝利という一点に貪欲に喰らいつけ。妥協などしてはならない、あってはならない。まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのであれば、立て、立て、立て、立て、戦え。戦え。」
スバル「強くなれって言うんですか。」
ヴィルヘルム「いいえ。ただ…強くあれ、と。」

ペテルギウスの討伐を断念しようとしたスバルに、ヴィルヘルムがかけた言葉。強くなる気がない人間は強くなれない、強くあろうとするからこそ、人は強くなれる。というヴィルヘルムの経験則でもある。

ペテルギウス・ロマネコンティ「脳が、震える」

魔女因子を取り込み、怠惰の権能を操るペテルギウス・ロマネコンティ。「脳が震える」以外にも、「私は魔女教大罪司教怠惰担当、ペテルギウス・ロマネコンティ…デス!!」「あなた…怠惰ですねー」「あ”あ”あ”愛に!愛に愛に!」などの名言がある。その姿・言動はもはや常人のそれではなく、笑いを誘うほどの狂人ぶりを披露し、視聴者(読者)の人気を集めた。

作品レビュー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

異世界かるてっと(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『異世界かるてっと』とは、『オーバーロード』『この素晴らしい世界に祝福を!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『幼女戦記』の4作品に登場するキャラクターたちが登場する、スタジオぷYUKAI制作のクロスオーバーアニメーションである。 ある日、カズマたちのもとに現れた謎のボタンにより、他のアニメキャラクターたちが現れる。それらのキャラクターが異世界の学校で交友していく約十五分のショートアニメ。

Read Article

異世界かるてっと(第4話『邂逅!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ターニャが自身を異世界に転生させた存在Xがアインズなのではないかと疑ったことで一触即発状態になってしまったアインズとターニャ。 しかし、アインズがターニャに日本にいたことがあるかを確認したことをきっかけに状況は一変する。 一方、スバルもカズマのサトウ・カズマという名前から自分と同じ異世界転移された日本人ではないかと疑いを持つ。 今回は「異世界かるてっと」第4話『邂逅!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第1話『集結!かるてっと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ある日、カズマたちのもとに謎のボタンが現れた。時を同じくして、アインズ達のもとにも謎のボタンが現れた。異世界に転移してしまった一行は学園生活をおくることに。2組に案内された一行を待っていたのはターニャ達であった。各々が異世界に転移してしまった理由を考えていたところ、ナツキ・スバルたちが遅れてやってきた。それぞれのキャラクターが様々な反応を見せる中、ルーデルドルフが学園生活の始まりを宣言する。 今回は「異世界かるてっと」第1話『集結!かるてっと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第5話『炸裂!こんしんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワール先生の計らいにより開催された懇親会。 親睦を深めるため、くじ引きで選ばれた者が「かくし芸」を披露することになったが、最初に選ばれたのは先生であるレルゲンだった。続々と「かくし芸」を披露する2組の生徒たちだったが、めぐみん、アインズは「かくし芸」の規模が大きいため外でやることになった。 今回は「異世界かるてっと」第5話『炸裂!こんしんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第2話『緊迫!じこしょうかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

唐突に始まった学園生活。担任は『Re:ゼロから始める異世界生活』にも登場するロズワール。スバルはロズワールに学園生活の意図を尋ねるもはぐらかされてしまう。アインズは学園から抜け出そうとするが、ロズワールに「校則違反になってしまう」と警告される。 今回は「異世界かるてっと」第2話『緊迫!じこしょうかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第6話『決定!いいんかい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ロズワールの提案により委員会を決めることになった。各々立候補をするがなかなか決まらず、結局またくじ引きで決めることになる。ベアトリスはロズワールがくじ引きを操作したことに気付いた。ロズワールは謎の言葉を残して去っていく。今回は「異世界かるてっと」第6話『決定!いいんかい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

異世界かるてっと(第3話『膠着!くらすめいと』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園生活を拒否することはこの世界を崩壊させることにつながるのではないか、とデミウルゴスが提言する。 とりあえずは学園生活を送るしかないと覚悟を決める一同。 そんな中、ターニャは同級生の中に、自分を異世界に転生させた自称神こと「存在X」がいるのではないかと疑いを持ち始める。 今回は「異世界かるてっと」第3話『膠着!くらすめいと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

”死に戻り”能力は万能じゃなかった!?「Re:ゼロから始める異世界生活」ってどんなアニメ?

死して時間を巻き戻す能力を手にした菜月スバル。彼が異世界で唯一手にしたこの力は、一見すると無敵に見えました。しかしこれにはある種「死」よりも残酷な結末が待ち受けていて…!? 今まであったようで無かった異世界ものアニメ。長月達平さんによる6000万PV超えのweb小説が原作のRe:ゼロから始める異世界生活、略して「リゼロ」をあらすじ&1話無料動画でご紹介します!

Read Article

目次 - Contents