千歳千里(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千歳千里(ちとせせんり)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、四天宝寺中学校3年のテニス部レギュラーである。「無我の境地」という技を扱える数少ないキャラクターで、勝利に固執するというより純粋に楽しんでテニスをしているプレイヤーだ。熊本の中学にいた頃にボールが右目に直撃し、視力をほとんど失っている。195cmという長身の持ち主で、中学生の中では最も背が高い。また、熊本弁で話すのも特徴的である。性格は自由奔放でマイペース。落ち着きがあり、年齢に似つかわしくない風貌をしている。

熊本第一小学校出身で、中学2年まで熊本の獅子楽中で活躍していた。獅子楽時代は不動峰中の橘とともに「九州二翼」と呼ばれ、全国区のプレイヤーだと評されていた。『テニスの王子様 OVA ANOTHER STORYⅡ~アノトキノボクラ』で、秋の西日本大会決勝戦が描かれている。そこで「九州二翼」ペアと、四天宝寺中の白石蔵之介(しらいしくらのすけ)と忍足謙也(おしたりけんや)のペアとのダブルスマッチが行われている。のちにチームメイトとなる四天宝寺中の選手と戦っていた。また、獅子楽中の練習試合の際に、橘は千歳の右目にボールをぶつけ負傷させてしまう。千歳はそれ以降右目の視力が回復せず、一度はテニスをやめる決意をしている。その後、橘は親の転勤で東京不動峰中に転校。千歳は目の治療のため大阪四天宝寺中に転校した。千歳は3年になり四天宝寺中でテニスを再開する。

全国大会

1回戦 シード

2回戦vs岡蔵
D1 千歳&白石vs山本&水瀬 ○6-0●
(試合描写なし)

準々決勝vs不動峰

S2 千歳vs橘 ○7-5●
元九州二翼同士の戦いである。橘は千歳のボールをわざと右目に受け、千歳と同じハンデを背負いながら試合をした。これが橘の「けじめ」であった。橘は自分が仲間の視力を奪ったことに強く責任感を感じているが、千歳もそれに対し負い目を感じていた。だが、千歳は青春をともにした仲間とまた戦えていることに喜びを感じ試合をする姿が見られる。橘は背負った責任感がプレイにも影響し、千歳の死角であるフォアサイドに一度もボールを打たなかったのだ。過去の千歳なら対等に戦って欲しいと怒りをぶつけたが、橘の性分を理解した上で優しさと捉えた。精神的に成長した一面が見ることができる。

準決勝vs青春学園

D1 千歳&財前vs手塚&乾 ●1-6○
準々決勝の後、千歳は退部届を出していた。だが、本来D1に出場するはずだった忍足謙也から「強いほうがコートに立つのが当たり前や」と出番を譲られ、急遽出場することになる。千歳の「才気煥発の極み」はダブルスでは通用しない。監督は、この試合は千歳と手塚の一騎討ちになる、2対1でもやむを得ないと言い、2年の財前光(ざいぜんひかる)に身を引かせた。青春学園3年の乾貞治(いぬいさだはる)もデータ収集のために試合放棄を宣言。変則シングルスマッチとなり、「才気煥発の極み」と「百錬自得の極み」の勝負となった。長いラリーに痺れを切らした財前がネット側に出るが、ボールを返すこともできなかった。乾は財前に対し「俺達の入れる領域じゃあ無い」と言い、二人はコートの外に出る。手塚は試合中に「百錬自得の極み」に加えて「才気煥発の極み」も発動し、二つの扉を同時に開放した。ゲームメイクも手塚の方が一枚上手だったこともあり、1ゲームしか取ることができないまま千歳が敗北。

『新テニスの王子様』同士討ち

千歳千里vs遠山金太郎 不戦勝
コーチの「二人組を作って下さい」という指示で千歳は同じ四天宝寺中1年の遠山金太郎(とおやまきんたろう)とペアを組む。選手全員がダブルスマッチのペア決めかと思っていたが、「その二人組でシングルスマッチを行う」という同士討ちであった。ところが遠山は試合の時間になっても現れず、戦わずして千歳の勝利となった。

『新テニスの王子様』シャッフルマッチ

3-5番コート総入れ替え戦
D1 千歳&橘vs鈴木&鷲尾 ●6-7○
『新テニスの王子様』のU17合宿ではコートが番号で分かれており、数字が小さいほど実力の高い選手が所属している。コート総入れ替え戦とは、そのコートに所属するメンバーを全員入れ替えるために行なう試合のことである。そこで千歳と橘は獅子楽中の先輩である高校3年鈴木&鷲尾のペアと戦うこととなる。高校生のペアは試合早々シンクロを発動する。この作品におけるシンクロとは、ダブルスを組んでいるペアの動きを完全に理解し、次どう動くのかが分かる状態のことを言う。昔ダブルスを組んでおり「九州二翼」と呼ばれた千歳と橘だが、高校生の方がダブルスとしての技術が高かった。個人のスキルとしても高校生の方が上回っており、拮抗した試合となったが惜しくも敗北。鈴木と鷲尾は、「あの最後に見せた猛獣のようなシンクロ何やったんや」と言い、今後「九州二翼」によるダブルスがあるならかなり完成度の高いダブルスペアになるのではないかと期待されている。

千歳千里の関連人物・キャラクター

橘桔平(たちばなきっぺい)

橘桔平は、不動峰中学校3年のテニス部部長である。中学2年の時は熊本の獅子楽中で千歳とともにテニスをしていた。千歳とのペアは「九州二翼」と呼ばれていた。獅子楽中時代に千歳の右目にボールをぶつけ、負傷させてしまう。千歳は右目の視力が回復せず、テニス部を退部。橘は自分が千歳の右目の視力と彼のテニス人生を奪ったことに対し責任感を抱き、自身もテニス部を退部。その後、親の転勤の都合で東京不動峰中に転校することとなる。転校後、千歳がテニスを再開したと噂を聞き自身もテニスを再開した。転校した不動峰中テニス部は、横暴な3年生や顧問により支配されていて荒れていた。顧問に暴力を振るわれたり実力を認められない2年生とともに顧問に反発し、新生テニス部を新しく作り上げた。抜群のリーダーシップを発揮し、全国大会まで上り詰める。荒れ果てた不動峰中テニス部を立て直し、後輩からも慕われる存在となった。

獅子楽中時代はかなりヤンチャをしていた。金髪で長髪のボサボサ頭で、青春学園の菊丸から「ライオン大仏」と呼ばれていた。千歳に怪我をさせてしまったことをきっかけに、性格もおとなしくなる。髪も角刈りにし、金髪もやめた。だが全国大会で千歳と戦う前に金髪を再開する。額の黒子も特徴的だ。

遠山金太郎(とおやまきんたろう)

遠山金太郎は千歳と同じ四天宝寺中の1年で、テニス部のスーパールーキーである。愛称は「金ちゃん」。顧問や部員からは、関西の方言で「ヤンチャ」という意味の「ゴンタクレ」と表現されることが多い。遠山は人間離れした身体能力を持っている。勝利に固執せず、純粋にテニスを楽しんでプレイするキャラクターである。必殺技、「超ウルトラグレートデリシャス大車輪山嵐」は全身を使って加速をつけ、渾身の力で打つ超パワーショットである。主人公の越前と一球勝負をした際に披露した。見ていた四天宝寺中や青春学園の選手から、「逃げろ!越前!」「まともに行くな!」「みんな伏せやー!」など、テニスの試合をしているとは思えないセリフが飛び交い、大変危険な技だということが分かる。ちなみに、もともとの作品設定では遠山が主人公でライバルが越前であった。

天真爛漫で明るい性格から、テニス部のメンバーとも仲が良い。先輩後輩を気にせず、先輩でも呼び捨てしタメ口で話す。千歳のことも「千歳」と呼び捨てしている。落ち着きのある千歳とヤンチャな遠山の二人が並ぶと、身長差も合間って親子のようである。千歳も他のテニス部員も、弟のように遠山を可愛がっている。木製のラケットを大きな巾着に入れて背負っていて、彼のプレイスタイルから見てもまさしく野生児である。好物はタコヤキ。ヒョウ柄のタンクトップに黒の半ズボンを履いていて、赤い髪の毛が特徴的である。

手塚国光(てづかくにみつ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テニスの王子様(テニプリ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『テニスの王子様』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた許斐剛によるスポーツ漫画である。中学テニスを題材とした漫画で、主人公が所属する青春学園こと青学のテニス部が全国大会での優勝を目指すお話だ。主人公のリョーマの決めセリフである「まだまだだね。」をはじめとした真似をしたくなるようなセリフや、試合や部活中のシーンなどで友情やテニスへの思いが現れた熱いセリフが登場し、大勢の読者たちに好評を博した。

Read Article

テニスの王子様(テニプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

許斐剛によって1999年から2008年まで週刊少年ジャンプにて連載された漫画及びアニメ、映画、ゲーム作品。ミュージカル化もされている。さらに2009年から第2シリーズとして『新テニスの王子様』としてジャンプスクエアにて連載再開された。中学校の部活動テニスを題材にした作品。テニスの名門校に入学した越前リョーマはテニス部に入部し様々なタイプの選手と対戦しながら団体戦での全国大会優勝を目指す。

Read Article

丸井ブン太(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

丸井ブン太とは『テニスの王子様』の登場人物で、作中1の強豪校、立海大付属中学校の3年レギュラー。 プレイに絶対の自信を持ち、自ら「天才」と称す。甘いモノ好きのお調子者で、チームのムードメーカー。プレイスタイルはサーブ&ボレーヤーで、「ボレーのスペシャリスト」と呼ばれる前衛プレーヤー。試合には同校3年ジャッカル桑原(じゃっかる くわはら)とダブルスで出場することが多い。役割に徹する冷静さがあり、試合中は守備はジャッカルに任せ、自らは得意のボレー技術を活かし攻めに特化したプレーをする。

Read Article

幸村精市(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

幸村精市(ゆきむら せいいち)とは『テニスの王子様』に登場する立海大附属中学校テニス部の3年生レギュラーで、部長も務めている。日本中学生最強の男と称されている。圧倒的なテニスの実力を持ち、どんな癖のある球でも打ち返すことができる。対戦相手は「何をやっても返されてしまう」という負のイメージが脳内にこびりつき、イップスに陥り次第に五感を奪われてしまうという能力を持つ。3年生の全国大会決勝戦まで公式戦で1ゲームも落としていない規格外の強さから「神の子」と呼ばれている。

Read Article

向日岳人(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

向日岳人(むかひがくと)は『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部3年のテニス部レギュラーである。アクロバティックプレイを得意とし、コートの上で軽快に動き回る。だがスタミナ不足という欠点があり、短期決戦を得意としている。そのためダブルスを組むことが多い。小柄で赤いおかっぱ頭という一見女の子のような見た目だが、短気でせっかちでまっすぐな性格。意外と男らしい一面があり、強気に対戦相手を挑発することもある。また、特徴的な「〜(して)みそ」という口癖を度々発する。

Read Article

跡部景吾(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

跡部景吾(あとべけいご)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部テニス部の部長である。生徒会長もつとめており、跡部財閥の御曹司でもある。自称「王様(キング)」。部員200人の頂点に立つカリスマだ。テニスの技術も全てにおいてトップクラスのオールラウンダー。特に相手の弱点を見抜く能力に長けている。勝気な性格だが、誰よりも努力を怠らない。仲間思いで世話焼きな一面も持っている。チャームポイントは泣きボクロ。「跡部様」と呼ばれていて、人気の高いキャラクターだ。

Read Article

白石蔵ノ介(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

白石蔵ノ介(しらいし くらのすけ)とは『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、主人公のライバル校である四天宝寺中学校テニス部の3年生レギュラー。2年生のときから部長を務め、個性豊かなメンバーが揃う四天宝寺中をまとめている。テニスの実力も確かなものであり、基本に忠実であるがゆえの完璧なテニス、「パーフェクトテニス」を徹底し「四天宝寺の聖書(バイブル)」という異名をもつ。2年連続で四天宝寺をベスト4以上まで導いたカリスマ的存在。

Read Article

不二周助(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

不二周助(ふじしゅうすけ)とは『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園中等部3年のテニス部レギュラーである。「天才」の異名を持ち、部内No.2の実力を誇るカウンターパンチャー。高度なテクニックで、必殺技の数はキャラクターの中で最多である。試合ではシングルスとダブルスどちらもこなすことができる。いつも目を細めた笑顔で物腰も柔らかい。穏やかな性格だがどこかミステリアスで、怒らせると怖い。サボテンと写真、辛いものが好きである。ファンの間でも人気の高いキャラクターだ。

Read Article

越前リョーマ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前リョーマ(えちぜんりょーま)とは『テニスの王子様』の主人公で、青春学園中等部1年テニス部レギュラーのスーパールーキーだ。名テニスプレイヤーと呼ばれた越前南次郎(えちぜんなんじろう)の息子で、物心がついた頃からテニスラケットを握っていた。アメリカ生まれの帰国子女で、アメリカのジュニア大会4連覇を誇る実力者だ。性格はクールで負けず嫌い。生意気な面もあるが先輩からも実力を認められていて、可愛がられている。FILAの白い帽子がトレードマークである。口癖は「まだまだだね」。

Read Article

菊丸英二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

菊丸英二(きくまるえいじ)とは『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園3年のテニス部レギュラーである。高い柔軟性で軽快に動き回り、アクロバティックなプレイを見せる。また並外れた動体視力を持つ。ダブルスプレイヤーであり大石秀一郎(おおいししゅういちろう)とのペアは「ゴールデンペア」と呼ばれている。サーブ&ボレーヤーで、前衛での攻撃が得意である。人懐っこく明るい性格で、外ハネの髪と右頬に貼った絆創膏が特徴。語尾に「にゃ」を付けたり、「〜だよん」など、可愛らしい言葉遣いをする。

Read Article

忍足侑士(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足侑士(おしたり ゆうし)とは、『テニスの王子様』および『新テニスの王子様』の登場人物で、氷帝学園中等部男子テニス部に所属する、中学3年生である。強豪校で選手層が厚い中で正レギュラーに選ばれ、試合で活躍する実力者である。ダブルスもシングルスもできるオールラウンダーで、「千の技を持つ天才」と異名がつく。 青春学園とは関東大会初戦で対戦。向日岳人とのダブルスで出場し、絶妙なコンビネーションで圧倒した。関東での敗北を経て、さらに実力に磨きをかけて全国大会でも青学の前に立ちはだかる。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)のネタバレ解説・考察まとめ

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。 かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

「新テニスの王子様」の漫画がいろいろヤバすぎる

「新テニスの王子様」といえば、もちろん我らがジャンプの大人気テニス漫画ですよね。連載当初から人気が高くも、アニメの放送によってさらに拍車がかかり、今となっては出演声優は数知れず、実写版舞台・ミュージカルも満員御礼という、まさに破竹の勢いそのものです。しかし、ふと原作である漫画に戻ってみると、そこにはいろいろヤバい描写が山ほどありました。

Read Article

【あつ森】テニスの王子様の世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大ヒット漫画『テニスの王子様』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

目次 - Contents