ゼルダの伝説 時のオカリナのあるあるまとめ【ネタバレあり】

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』はシリーズ初の3D作品で、奥行きのある空間内で戦闘や謎解きが特徴的なアクションRPGである。その革新的なシステムから大変な人気を集め、多くの人にプレイされた。ここではそんなプレイヤーの大多数が「よくある」と共感するような、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のあるあるネタをまとめた。

ゼルダの伝説は時のオカリナが初

リーデットがトラウマになる

出典: segmee.com

金がなくてつぼを割る

的当てに数時間費やす

流鏑馬(やぶさめ)に時間を費やす

ニワトリ最強伝説 ニワトリに殺される

出典: ameblo.jp

井戸の底、闇の神殿がトラウマになる

出典: highgamers.com

釣堀にはまっちゃう

出典: ameblo.jp

釣堀のおじさんのかつらを奪う

エポナで柵を飛び越えようとしたら、斜めに突っ込んでしまって「ヒヒーン」ってなる

意味もなく嵐の歌

7年後のハイラル城下町が怖い

いきなり落ちてきて、スタートに戻される手のモンスターが怖い

水の神殿で詰む

ダークリンクは存在感があるため、水の神殿のボスがわからない

出典: prcm.jp

ドアの前で前転して激突

Uzureich
Uzureich
@Uzureich

Related Articles関連記事

ゼルダの伝説 時のオカリナ(時オカ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』とは、任天堂からNINTENDO64用に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。シリーズ初の3D作品で、奥行きのある世界観や立体的な謎解き、壮大な物語など、その完成度の高さから、国内外で現在もなお非常に人気の高い作品である。神々の子孫が住むと言われる地ハイラルを舞台に、主人公リンクは子どもと大人2つの時代を股にかけた冒険を繰り広げ、伝説の秘宝トライフォースを手にし世界を支配しようと企む魔王ガノンドロフと戦う。

Read Article

ゼルダの伝説 時のオカリナの黒い裏設定・都市伝説まとめ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』はガノンドロフの魔の手に落ちたハイラルを解放することを目指すアクションRPGだ。全体的なストーリーは子どもにも分かりやすい王道なものだが、物語の最中に時折暗いバックボーンをほのめかすような文言がでてくることがある。ここではそこから生まれた黒い都市伝説や裏設定をまとめた。

Read Article

移植ではなくリメイク!ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dの魅力・感想まとめ

1998年にNINTENDO64で発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』は、2011年にニンテンドー3DS版が発売された。単にNINTENDO64からニンテンドー3DSに移植されたのではなく、グラフィックが高精細化され動きが滑らかになり、ニンテンドー3DSの立体視に対応したリメイク作品となっている。 ここではニンテンドー3DSで発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』の魅力・感想をまとめた。

Read Article

目次 - Contents