ドラクエナンバリング作品のラスボスと裏話・トリビア・小ネタまとめ

昭和61年に最初の作品が発売された『ドラゴンクエスト』。シリーズ化され、ついに30周年を迎えました。それらに登場する個性的なラスボスたち。その特徴や裏話・トリビア・小ネタを紹介します。

ミルドラース裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話集

ミルドラースの名前の由来がミルドアース(フランス語 : 地球粉砕の意)である、という説があります。

ボツになった第2形態の姿はムドーである、といったうわさが流れたことがあります。
また、ミルドラースの第1形態をデザインする際にブースカと同じ見た目であったことをVジャンプの編集部の方が雑誌に記述しています。

ラスボスの中で、最も認知度が低いと言っても過言ではないほどの存在感という不憫なモンスター。終盤に登場するもインパクトがないことや、パパスを焼き殺したゲマの印象が強すぎること、戦闘パターンが単純であることなどが考えられると言います。

『ドラクエⅥ』 デスタムーア

自らにとって脅威となり得るダーマ神殿、メダル王の城、カルベローナなどを封印したデスタムーア。初めてマダンテや念じボールを使ったラスボスでもあります。

第1形態では、はげしく燃え盛る炎・凍てつく冷気・念じボール・イオナズンなど豊富なバリエーションの攻撃を行います。
攻撃パターンが以下の通り2種類あり、途中で切り替えるといった特徴があります。
パターン1 : 激しく燃えさかる炎・凍てつく冷気 → 通常攻撃・強化攻撃 → マホカンタ・パターン2へ切り替え
パターン2 : いてつくはどう・もうどくのきり → イオナズン・念じボール → めいそう・パターン1へ切り替え

第2形態は、1~2回行動なのですが、SFC版ではまれに3~4回行動をすることもあります。また、デスタムーアは判断力が高いにもかかわらず、バイキルトを無駄に唱えたり、1つのターンの2回目の行動時に意味のないしっぷうづきを行ったりする少し変わったラスボスでもあるようです。
こちらも第1形態同様、攻撃パターンの切り替えがあります。
パターン1 : 通常攻撃・突進・スカラ・だいぼうぎょ・パターン2へ切り替え
パターン2 : ルカナン・バイキルト → しっぷうづき・まわしげり → しゃくねつ・パターン1へ切り替え

第3形態では、ザオラルを使える右手・ザオリクを使える左手・主に全体攻撃を行う本体との対戦となります。行動回数を全部合わせると1ターンに3~4回行動。しかもDS版では右手が本体にもザオラルを唱えてしまうため、本体を残し両端をほぼ同時に倒さねばならないというプレイヤー泣かせのラスボスです。但し、右手と左手の攻撃手段は強化攻撃やたたきつけなど物理攻撃だけとなっています。
本体のみ、行動パターン切り替えがあります。
パターン1 : あやしいひとみ → おぞましいおたけび → メラゾーマ → いてつくはどう → こごえるふぶき → パターン2へ切り替え
パターン2 : メラゾーマ・イオナズン・ひばしら・マダンテ・いのり・パターン1へ切り替え

デスタムーア裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話集

『ドラクエⅨ』に書かれてある説明を読むと、敵の強さによって形態を変化させており、真の姿を見たものは誰もいないとされています。

第3形態のみゾンビ系統となります。そのため、ゾンビ斬りやゾンビキラーが有効です。

第3形態を倒すと狭間の世界も合わせて消滅します。それゆえ、狭間の世界自体がデスタムーアなのでは、といった憶測もあります。

『ドラクエⅦ』 オルゴ・デミーラ

自らを万物の長とする、神とかつて争ったことのある魔王オルゴ・デミーラ。魔空間の神殿とダークパレスの2箇所で戦うこととなります。

魔空間の神殿(オルゴ・デミーラに話しかけた場合でも、すぐに戦闘になることはありません)
第1形態は1~3回行動となり、以下のパターンを切り替えつつ攻撃してきます。
パターン1 : メラゾーマ → 通常攻撃 → マグマ → いてつくはどう → かまいたち → パターン2へ切り替え
パターン2 : 通常攻撃・念じボール・いなずま・イオナズン・あやしいひとみ・パターン1へ切り替え

第2形態では1~2回行動を行います。
通常攻撃・はげしいほのお・こおりのいき・しんくうは・突進(突き刺し)・いてつくはどう

ダークパレス
第1形態は1回行動です。そして、系統がドラゴン系となっており、ドラゴン斬りやドラゴンキラーが有効です。
通常攻撃・しゃくねつ・こごえるふぶき・しっぽ振り回し

第2形態は『ドラクエ』では珍しい、小型への形態変化を行います。行動は1~3回行動となります。
そして急に一人称がわたしに変更され、香水をつけている模様(メルビンとの会話より)。しかも、PS版のメルビンはこの姿を美しいと感じているようです。彼の美的感覚は一体…。
パターン1(2回行動) : (通常攻撃・メラゾーマ) → (イオナズン・かまいたち) → (あやしいひとみ・パターン2へ切り替え)
パターン2(1~3回行動) : 激しく燃えさかる炎 → 通常攻撃 → 念じボール → いてつくはどう → せいけんづき → パターン1へ切り替え

オルゴ・デミーラの正体とされる第3形態は、1~2回行動かつ難易度は運によるところが大きいとされています。ここから系統がゾンビ系となるため、ゾンビキラーやゾンビ斬りが有効です。
(マグマ・おぞましい雄たけび) → (混乱攻撃・いてつくはどう) → (たたきつけ・もうどくのきり)

最終第4形態は行動パターンが3種類あり、1~3回行動となります。
パターン1(1~3回行動) : 麻痺攻撃・おしつぶす・しゃくねつ・凍てつく冷気・いてつくはどう・パターン2へ切り替え
パターン2(1~3回行動) : めいそう・肉片を飛ばす(ドゴロク、ブロブロスを生み出す)・マジックバリア・いてつくはどう・パターン3へ切り替え
パターン3(1回行動) : マダンテ → いのり → いてつくはどう → 巻きつく → ラリホー → パターン1へ切り替え

オルゴ・デミーラ裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話集

名前やモデルの由来は、旧約聖書の創造神デミウルゴスとされています。他にも、オルゴ(Arrogo) = 傲慢(ラテン語)、魔王ルシファー(同じくラテン語)の説もあります。

人間形態の時は美しさに自信があるようで、美とは何か?を教えてもらえるそうです(『ドラクエモンスターズ イルルカ』)。

オルゴ・デミーラの正体は、シナリオ途中でメンバーから外れたキーファではないか、という説がささやかれました。勇者となった主人公と闇に堕ち魔王となった親友の戦い、といった内容を発売前に変更したといったものですが、公式ではなく仮説となっています。
それとは別に、更なる異世界にある魔封じの洞くつの最上階(デス・アミーゴが本編で登場した場所)のカンオケが開いていたことから、神さまとオルゴ・デミーラは関係があるのではないか、と考える人も少なくありません。

『ドラクエⅧ』 暗黒神ラプソーン

魂と肉体を別々に封印されていた暗黒神ラプソーン。第2形態との戦闘時には、神鳥レティスの背に乗って戦います。

第1形態は2回攻撃を行います。この中で注意すべきなのは、中々の威力がある痛恨の一撃です。
パターン1 : こごえるふぶき → メラゾーマ → 痛恨の一撃 → イオナズン → 通常攻撃 → パターン2へ切り替え
パターン2 : まぶしいひかり・あやしいひとみ → メラゾーマ・イオナズン → パターン3へ切り替え
パターン3 : 通常攻撃・痛恨の一撃・イオナズン・こごえるふぶき・いてつくはどう → パターン2へ切り替え、その後はランダム行動

第2形態では戦闘開始時に自身を闇の結界で守りを固めているため、神鳥の杖に7回祈りをささげる必要があります。
パターン1 : こごえるふぶき・流星 → 念じボール・あやしいひとみ → パターン2若しくは3に切り替え
パターン2 : はげしいほのお・念じボール・神々の怒り・腕をたたきつける・いてつくはどう・パターン1へ切り替え、その後はランダム行動
パターン3 : 腕をたたきつける → 念じボール・いてつくはどう・不敵な笑い(攻撃なし)・パターン1・パターン4へ切り替え
パターン4 : めいそう → マダンテ → いてつくはどう → いのり → メラゾーマ → パターン1へ切り替え

暗黒神ラプソーン 裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話集

第2形態の姿の由来は、デカさをとにかく強調したかった説と、レティスから体の上に飛び乗り攻撃できるようにするためという説の2つがあるようです。

主人公がアルゴンリングを装備した状態で暗黒神ラプソーンを撃破すると、エンディングが変わります。

『ドラクエⅨ』 堕天使エルギオス

ゲームを開始してからすぐに名前を聞くこととなる、堕天使エルギオス。最初は300年前に行方不明になった天使として語られていたものの、ストーリーを進めるうちにラスボスであることが判明します。

第1形態は完全2回行動。攻撃のバリエーションも多いです。
通常攻撃・急降下攻撃(強化)・バギクロス・はげしいいなずま・いてつくはどう・テンションため・不敵な笑い

第2形態は完全2回行動かつ5つの行動パターンを切り替えつつ攻撃を行います。
パターン1 : 通常攻撃・超高速連打・ジゴスパーク・パターン2へ切り替え・パターン3へ切り替え・痛恨の一撃
パターン2 : (不敵な笑い・いてつくはどう) → (やけつく息・やみのほのお) → (パターン3へ切り替え・パターン4へ切り替え)
パターン3 : 急降下・メラゾーマ・こごえるふぶき・パターン1へ切り替え・パターン5へ切り替え・あやしいひとみ
パターン4 : (ためる・超高速連打) → (通常攻撃・急降下) → (パターン1へ切り替え・パターン2へ切り替え)
パターン5 : めいそう → 不敵な笑い → マダンテ → あやしいひとみ → いのり → パターン1へ切り替え

堕天使エルギオス 裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話集

サンディからエルキモすと呼ばれたことがきっかけで、プレイヤーにもすっかり別名が定着しました。

第1形態を倒した後は、ダンジョンから脱出し街へ向かうことが可能です。そのため、第2形態などと戦う前に回復してくることもできます。

『ドラクエ』ナンバリング作品では初のことですが、ラスボス撃破後に経験値が手に入ります。しかしその値ははぐれメタルのそれよりも少し低い程度となっています。
これは、その後も冒険が続くことを考慮したものとされています。

第2形態とは何度でも戦うことができます。

ck
ck
@ck

Related Articles関連記事

ドラゴンクエストX オンライン(DQ10、ドラクエ10、Dragon Quest X)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(DQ4、ドラクエ4、Dragon Quest IV)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、1990年2月11日にエニックスから発売されたファミコン用RPGソフト。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。 主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ2(DQB2)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は、ドラゴンクエストの世界でモノづくりを楽しめる『ビルダーズ』シリーズの第2作目。 舞台はドラゴンクエスト2のエンディング後の世界。見習いビルダーである主人公は、流れ着いた無人島『からっぽ島』で出会った謎の少年シドーと共に、ハーゴン教団によって荒廃した世界を救う冒険をしながら、からっぽ島を開拓していく。

Read Article

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のネタバレ解説まとめ

ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストの舞台・アレフガルドの復興のため、ものづくりの才能を持った主人公が奮闘していくブロックメイクRPG。ファミリーコンピュータ版ドラゴンクエストにて「勇者が竜王の仲間になる選択をした」その後の未来が描かれている。従来のドラゴンクエストの世界観を踏襲しながらも、まったく新しいストーリーやシステムが搭載されたシリーズ外伝である。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1、ドラクエ1、Dragon Quest I)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストI』とは、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の記念すべき第一作目である。 発売日は1986年5月27日でエニックスよりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された。 ファミコン用ソフトとしては初のRPGゲームであり、ファミコンにおけるRPGゲームのジャンルを確立させた初めてのソフトである。 一人の勇者(主人公)が闇の覇者竜王を倒すべく各地を冒険をするストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(DQ7、ドラクエ7、Dragon Quest VII)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、2000年8月26日にエニックスより発売されたプレイステーション用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルの中では、移植版を除いて初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発されたソフトである。 今回の冒険は、大魔王オルゴ・デミーラによって失われた世界を取り戻し、大魔王を討伐することが目的である。 シリーズのソフトで最もゲームクリアまでに費やす時間が多いタイトルであり、非常にボリュームのあるストーリーとなっている。

Read Article

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のネタバレ解説まとめ

「星のドラゴンクエスト」とはスクウェア・エニックスより配信されている、スマートフォン用のロールプレイングゲームです。 略称は「星ドラ」で、仲間と共にクエストをクリアし、レベルアップしながらボスを倒していきます。 過去のドラゴンクエストシリーズのストーリーや、キャラクターなども登場するので、ドラクエファンの方はもちろんですが、初心者の方でも楽しめるゲームになっています。

Read Article

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(DQ8、ドラクエ8、Dragon Quest VIII)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』とは、2004年に発売された「PlayStation 2」専用ソフト。「ドラゴンクエスト」シリーズの8作目の作品となる。邪悪な呪いによって時を止められた王国を救うべく、主人公が仲間達と共に旅をするストーリーが展開される。キャラクターからフィールド背景まで全てが3D表現となったほか、スキル選択による成長、テンション上昇による強化戦闘、アイテム錬金などのシステムが登場した。

Read Article

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-(ダイ大)のネタバレ解説まとめ

エニックスの人気RPG「ドラゴンクエストシリーズ」の世界観を元に描かれた、原作:三条陸、漫画:稲田浩司、監修:堀井雄二による漫画作品。かつて世界征服を目論んだ魔王「ハドラー」が勇者とその仲間によって倒されてから十数年。この物語は、復活を果たした魔王ハドラー率いる「魔王軍」と、かつての勇者の弟子「アバンの使徒」との戦いを描くバトルテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(DQ3、ドラクエ3、Dragon Quest III)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』とは、1988年2月10日にエニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPGソフト。 ドラクエシリーズ作品の中でも爆発的な人気を誇り、発売日には量販店の前に数キロメートルの行列ができるなどの社会現象を巻き起こした。 「魔王バラモス」の討伐に向かった「勇者オルテガ」の息子である主人公が、そのまま消息を絶った父に代わり魔王討伐の旅に出るストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストVI 幻の大地(DQ6、ドラクエ6、Dragon Quest VI)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

Read Article

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(DQ5、ドラクエ5、Dragon Quest V)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは、1992年9月27日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用RPGソフト。 前作の「ドラゴンクエストIV」に続き、「天空シリーズ」の第二作目として知られている。 今回の冒険は、親子二代に渡って探し続けていた「天空の勇者」を探し出し、魔界に鎮座する大魔王を倒すことが目的。 本作から新しく仲間モンスターシステムが導入され、モンスターをパーティに組み込むことが可能である。

Read Article

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(DQ11、ドラクエ11、Dragon Quest XI)のネタバレ解説まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQ9、ドラクエ9、Dragon Quest IX)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ドラゴンクエストII 悪霊の神々(DQ2、ドラクエ2、Dragon Quest II)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』とは、1987年1月26日に株式会社エニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPG。 『ドラゴンクエストⅠ』の続編で、前作の世界から百年経った後の世界を舞台としている。 本作は二人の王子と一人の王女がパーティを組んで各地を冒険し、「悪の大神官ハーゴン」を倒すために奔走するストーリーである。

Read Article

ドラゴンクエスト(DQ、ドラクエ、Dragon Quest)の特技まとめ

1986年5月27日にスクウェア・エニックス(当時エニックス)から発売された「ドラゴンクエスト」。キャラクターやモンスターの愛らしさ、分かりやすいストーリーの良さなどから、今や誰もが知る国民的人気ゲームとなっている。今回はゲームを進めていく上で欠かせない「特技」についてまとめてみた。

Read Article

ドラゴンクエスト(DQ、ドラクエ、Dragon Quest)の呪文まとめ

1986年5月27日にスクウェア・エニックス(当時エニックス)から発売された「ドラゴンクエスト」。キャラクターやモンスターの愛らしさ、分かりやすいストーリーの良さなどから、今や誰もが知る国民的人気ゲームとなっている。今回はゲームを進めていく上で欠かせない「呪文」についてまとめてみた。

Read Article

(2015年 芸能・経済ver)ドラクエ・復活の呪文ーーいでよ!勇者たち!!

ドラクエの復活の呪文とは、ドラクエ1である特定の文字を入力すると、セーブした勇者が復活するというシステムのことです。ファミリーコンピューターの時代はセーブデータなどほとんど存在せず、基本は一回きりの一発勝負の片道ゲーム。セーブという概念が入ったのは、このドラクエ1が初に近かったです。今回は、2015年の芸能・経済出来事を入力したときの勇者たちを、まとめてみました。

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents