マスク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスク』とは、1994年7月29日にアメリカ合衆国より公開されたコメディ映画である。ダークホースコミックスのコミック『マスク(英語版)』が原作である。監督はチャールズ・ラッセルであり、主演はジム・キャリーが務める。全世界で3億5千万ドルの興行収入を得る。冴えない男のスタンリーが、偶然に緑色の木製の仮面を手に入れる。その仮面をつけると、超人的な力を持った緑色の顔の怪人・マスクに大変身する話である。

『マスク』の概要

『マスク』とは、1994年7月29日にアメリカ合衆国より公開されたコメディ映画である。ダークホースコミックスのコミック『マスク(英語版)』が原作である。監督はチャールズ・ラッセルである。全世界で3億5千万ドルの興行収入を得る。映像はSFXという特殊撮影が駆使され、アカデミー賞で視覚効果賞にノミネートされた。主演はジム・キャリーが務め、ジム・キャリーをスターにのし上げた映画作品である。
日本では、1995年2月25日に劇場公開されている。日本でも好評で、テレビで10回も放送されている。1996年12月1日に東宝よりVHSソフトが発売されている。また、2005年9月2日に20世紀フォックス ホーム エンターテイメントジャパンより初回限定生産のアルティメット・エディション(DVD)が発売される。その後、2008年2月28日にワーナーの吸収合併に伴い、2011年12月21日にワーナー・ホーム・ビデオよりDVDが発売されたがブルーレイは発売されていない。
1996年にはスーパーファミコンのゲームソフトが発売される。2005年には続編の『マスク2』が公開されるが、キャストは変更されており、ジム・キャリーは出演していない。
冴えない男のスタンリーが、偶然に緑色の木製の仮面を手に入れる。その仮面をつけると、超人的な力を持った緑色の顔の怪人・マスクに大変身する話である。

『マスク』のあらすじ・ストーリー

スタンリー・イプキスの恋

ティナがスタンリーのネクタイを手に取り顔を近づけるシーン

エッジシティ銀行に勤めるスタンリー・イプキスは優しくお人好しな性格である。スタンリーは、同じ職場に勤める女性が行きたがっていたコンサートのチケットを2枚入手する。そしてスタンリーはその女性にチケットを渡し、「何時に迎えに行こうか?」と聞く。その女性は「今私の大親友が遊びに来てて、死ぬほど行きたがっているの。悪いけどもう一枚取ってくれない?」と言う。スタンリーは「売り切れで手に入らないんだ」と残念そうに言うと、女性は「彼女を置いて私1人で行くなんて出来ない」と断る。それを聞いたスタンリーは「分かった、その子と2人で行ってよ」とチケットを2枚とも譲ることにした。それを聞いていた友人であるチャーリー・シューマーカーは「お前はお人好しもいいとこ。たまにはビシッとキメてみろ。今夜俺が愛の砂漠へ連れて行ってやる」と言う。その場所とはココ・ボンゴというクラブであった。その話をしていると、急に落雷を伴う大雨が降ってきて、お客として雨に濡れたティナが銀行に入ってきた。その美貌にスタンリーとチャーリーはしばらく口を開けて固まってしまう。チャーリーはスタンリーに「後ろに下がってろ、観察せよ」と言いティナの元に向かう。ティナは「口座を開きたいんだけど」と近寄って来たチャーリーに言う。チャーリーは舞い上がって「あと1分遅かったら僕出かけるところ…」と言っている途中に、ティナはジャケットを脱ぎ「これ預かってくださる?」と言う。チャーリーは「喜んで」と言い後ろで待機することになった。ティナはスタンリーに口座を作ることをお願いする。スタンリーはティナに緊張して引き出しを開けたり閉じたり慌てる。それを見てティナは微笑む。スタンリーが「どのような口座を?」と聞くと、ティナは「こういうことに疎くてよく分からないの」と言う。そしてティナはスタンリーのネクタイを見て「面白いネクタイね。お名前は?」と聞く。スタンリーが「スタンリー・イプキス」と答えると、ティナは「ティナ・カーライルよ。よろしくね」と言い、2人は握手をする。ティナは「そのネクタイだけど、心理テストに似てない?」と言いながら、ネクタイを手に取りスタンリーに顔を寄せる。スタンリーは動揺して、ティナが手に取っているネクタイを徐々に取り、口元にネクタイを持っていってふざけながら「このネクタイはパワーネクタイなんだ。これをつけるとパワーが出る」と言う。スタンリーは口座について説明を始める。その説明を聞きながら、ティナはカメラを仕掛けたバッグで金庫の様子を映す。
その映像はギャングであるドリアン・タイレルと、銀行強盗のプロであるフリーズが見ていた。ティナはドリアンと付き合っており、ドリアンから銀行強盗をするための偵察を頼まれていた。ドリアンは、ギャングのボスであるニコに黙って銀行強盗をしようとしていた。ニコはドリアンが勤めるクラブのココ・ボンゴのオーナーである。フリーズは黙って銀行強盗をすることを心配し「ニコがなんて言うかだ。ニコはドンだからな、お前もこの店もニコのもの。街中ニコの島だ」と問題があることをドリアンに言う。ニコを気にくわないドリアンは「まずは銀行を襲いニコを消して奴の島をそっくり頂戴すれば、この街は俺たちのものさ」と言いフリーズと笑い合う。

ティナとの再会

ボロボロの代車でココ・ボンゴに向かうスタンリー

スタンリーは愛車であるシュリックをオイル交換に出していたため、リプレーの修理工場に車を取りに行く。修理工場で働いているアーブはスタンリーに「ブレーキがイカれちまってる、取り替えなきゃダメだ」と言う。また別の従業員の男は「運が良かったよ、大きい事故をする前に故障が見つかって。これにサインして」と修理して高く請求しようとスタンリーにサインをさせようとする。その修理工場は適当で、サインさせようとする請求書に金額を載せていない。スタンリーはしぶしぶサインをしながら、「今日は車を使うんだ」と言う。すると、代車を準備することになるが、代車はなかなか発車しないような相当ボロい車だった。その車でココ・ボンゴにたどり着いたスタンリーはチャーリーの元に向かった。チャーリーと合流したが、チャーリーはココ・ボンゴの用心棒であるボビーに「よう!ボビー」と話しかけて中に入っていく。スタンリーはチャーリーに置いていかれたので、中に入ろうとするがボビーにつまみ出される。そして、スタンリーは他の用心棒達に担がれ、水たまりの上に投げ出される。スタンリーがスーツが濡れたのを気にしていたら、車が前を通り水たまりの水が跳ねて全身が濡れてしまった。その車から降りて来たのはティナだった。ティナはスタンリーに気づき「イプキスさんこんばんは」と話しかける。スタンリーの姿を見てティナは「大丈夫?」と聞くと、スタンリーは「もちろん大丈夫さ」と答える。その間に従業員の男性が、ボロい代車に乗ってスタンリーの元に来たため、ティナに車がバレてしまう。スタンリーは「本当はポルシェで来たのに」とティナに嘘をつき、そのまま帰ることになった。

人生の起点である仮面を拾ったスタンリー

川で仮面を手に入れたスタンリー

スタンリーが帰っている途中、橋の真ん中で代車が煙を出して壊れてしまい、スタンリーは車を降りる。スタンリーはイライラして車を蹴ると、バンパーやドアが外れ完全に壊れてしまった。スタンリーは嫌になり川を眺めていると、水難者を見つけ「大丈夫か!?」と叫びながら川に入った。スタンリーは水難者を抱きかかえるとただのゴミであった。そのゴミの中にあった木製の仮面を見つけたスタンリーは、仮面に魅せられ顔に付けようとする。その瞬間に警察が来て、警察が「そこで何してる!?」と橋の上から叫ぶ。スタンリーは「ちょっと探し物を…この仮面です!ありました!」と言いその場を逃れる。スタンリーは仮面を持ち、濡れたままアパートに帰ると、そのアパートの管理人であるピーンマン夫人が管理人室から出て来て、「今一体何時だと思ってるの!?」とスタンリーに怒る。スタンリーの足元が濡れていることに気づいたピーンマン夫人は、「新しいカーペットが…あんたの敷金から引いておくからね!」と怒って言う。スタンリーは気が弱いため何か言いたそうにするが、何も言えずにいると、ピーンマン夫人は自宅に戻って行く。スタンリーは管理人室に向かって「ちょっとは優しくできないのか!このひとでなしババア!」と言い、少しスッキリした顔をして自宅に帰る。すると、飼っている犬のマイロが出迎えてくれ慰めてもらう。スタンリーは着替えた後、大好きなアニメの『Screwball Classics』を見ていると、マイロが遊んで欲しそうにフリスビーを持ってくる。スタンリーは「一回だけだぞ」と言いフリスビーで遊ぶ。すると、ピーンマン夫人がスタンリーの自宅のドアを叩き「イプキス!またアニメを見てるだろ!」とドア越しに叫ぶと、スタンリーは「はいはい、わかりました!」とドア越しに叫び返して、他のテレビ番組に変える。変えた番組には学者であるアーサー・ニューマン博士が出演しており、仮面についての話をしていた。ニューマンは「人は皆仮面をつけており、心の奥に潜む欲望を抑えている」と言う。ニューマンは「現代人の仮面」という本を出しており、その宣伝がてらテレビに出演していた。マイロはスタンリーが持って帰って来た仮面を見つけ、興味を示す。それを見たスタンリーは「人は皆仮面をつけています」とニューマンの真似をしながら仮面を持って鏡に向かう。仮面をつけてみると、仮面が顔に吸い付き、緑色の顔の怪人・マスクに変身した。

大暴れする怪人・マスク

驚いて目玉と舌が出るマスク

木製の仮面は、心の奥に潜む欲望を表に引きずり出し、更に超人的な力を持たせるものだった。(以下マスクを付けた状態のスタンリーはマスクと記載)マスクは「決めたぜ!」と言い、出かけることにする。ピーンマン夫人がいる管理人室の前に来たので静かに歩く。すると、マスクのポケットに入っていた目覚まし時計がポケットから脱出し、音を鳴らし笑いながらピョンピョンと跳ねまわる。マスクはポケットからハンマーを出し目覚まし時計を壊そうと、床や壁をハンマーで破壊しながら、目覚まし時計を破壊する。その音を聞きつけピーンマン夫人が管理人室から出てくると、マスクを見て「ギャー」と叫ぶ。それを見てマスクも「ギャー」と叫び、目玉と舌が飛び出る。ピーンマン夫人は銃を持ちマスクに向かって発砲すると、マスクは飛び跳ねながら避け、アパートの共用部分である窓から落下していく。マスクは全身ぺたんこになるが「見て!こんなにぺちゃんこ」と言いながら笑う。マスクは通常の身体に戻し歩いていると、ニヤニヤしたチンピラの男たちに「今何時だ?」と絡まれる。ポケットから時計を出したマスクは「君の鼻を鳴らしてパンツを頭にかぶせる時間まであと2秒だ」と言い、2秒後にその男の鼻をつまみ、その男が履いているパンツを引っ張って頭にかぶせた。マスクは、路地の奥に「カモーン」と言いながら走って行く。チンピラたちはマスクを追いかけ、乱闘体勢に入る。すると奥でマスクはバルーン屋の真似事をしてチンピラたちを魅了する。マスクはバルーンでキリンやプードルを作り、チンピラたちにバルーンを渡す。チンピラたちもバルーンをもらって喜ぶ。その後マスクはバルーンでマシンガンを作り、本物のマシンガンに変身させてチンピラたちに向かって発砲し追い払う。マスクは「なんて素晴らしいんだ。この強力なパワーさえあればスーパーヒーローだ!世界平和に尽くすのだ!」と叫ぶ。マスクは「でもその前に…」と言い、散々な目にあった修理工場へと復讐に向かう。

夢ではなく現実だった仮面の魔力

ケラウェイから事情聴取を受けるスタンリー

翌朝スタンリーは自宅で目覚めると、昨夜のことが夢か現実か分からずに混乱する。スタンリーは鏡を見て仮面がついていない姿を確認し、夢だと思い安心していた。すると、外からドアをノックされスタンリーはドアを開けると、そこにいたのは警察であるミッチ・ケラウェイであった。ケラウェイは「昨夜の事件で何か知らないか?」と事情聴取を始めた。スタンリーが「昨夜の事件?」と聞くと、ケラウェイは「不審な男が押し入って管理人を襲ったんだ」と言う。スタンリーが驚いているとケラウェイは「銃声を聞いただろ?」と言い、共用部分の廊下を見せる。スタンリーは床や壁に穴が空いていることを確認すると「そんなバカな」と呟く。ケラウェイは「バカなのはそのパジャマの方だと思うがね」とスタンリーの変わった柄のパジャマを見て言う。スタンリーが「実は僕…耳が悪いんです」と言うと、ケラウェイはスタンリーを怪しみ名刺を渡してその場を去る。昨夜のことは夢じゃなくて現実だったことを知ったスタンリーはショックを受けていた。スタンリーは時計を見ると、仕事に遅刻する時間だったので急いで準備をする。部屋が散らかっていたため鍵を探すためにスタンリーは、マイロに「家の鍵を探せ」と言う。マイロが家の鍵を探し、スタンリーは準備をする。マイロは鍵を見つけスタンリーに渡し、スタンリーは家を出ようとするが、その前に仮面を手に取り窓から投げ捨て勤務先に向かう。しかし、仮面はブーメランのように外から中に入って来て、スタンリーのソファーの上に落ちる。
一方、車の修理工場では、警察やマスコミが押し寄せていた。アーブともう1人の男の肛門にマフラーパイプが突き刺さっていたためだ。マスクが復讐のために行っていた。女性レポーターであるペギー・ブラントは捜査をしているケラウェイに「犯人はマフィアじゃありません?」と取材していた。ケラウェイはマスコミを散らし、再び捜査に向かった。

記者であるペギーとの出会い

スタンリーに取材をするペギー

銀行に到着したスタンリーを見つけたチャーリーが「昨夜一体どこへ消えちまったんだ?あちこち探したぞ」と話しかけると、スタンリーは「店の外は探したか?」と怒る。チャーリーは話をそらし「朝刊見たか?」と言い、スタンリーに朝刊を見せる。朝刊に載っていたのはココ・ボンゴでティナが歌っている写真だった。そうしていると、スタンリーの遅刻に気づいた部長が、スタンリーの元に行き「40分も遅刻するとは給料泥棒だ!」と怒って言うと、スタンリーは「すみません気をつけます」と謝る。部長はスタンリーが持っていた朝刊を取り上げ「女の写真を見てる暇があったら仕事しろ」と更に怒る。それを見ていたチャーリーは「その女性はイプキスのお客さんです」と伝える。部長はそのティナが写っている写真を見て「今度彼女が来たら私の部屋に通してくれ」と言い、朝刊をスタンリーに渡してその場を去る。チャーリーは「親父さんが銀行のオーナーだと思って威張り放題威張って」とチャーリーに言う。スタンリーは朝刊を見ながらチャーリーに、「彼女また来るかな?」と言う。チャーリーは「忘れろ。あぁいう女は三拍子揃った男しかダメだ。ルックス、学歴、収入」と言い、更に「お前にはもっと地味な女があってる」と言う。その話をしているときにペギーが取材をするため銀行にやって来た。チャーリーは「お先にいただき」といってペギーの元へ向かう。チャーリーが「いらっしゃいませ」と話しかけると、ペギーは「イプキスさん?」と質問する。チャーリーはスタンリー目当てと知り、スタンリーを指差してその場を去る。ペギーはスタンリーにさっと自己紹介をし、握手をする。ペギーは「聞きたいことがあってきたの。リプレーの修理工場の件よ。あなたお客でしょ?」と取材を始める。スタンリーは「僕?いや…車さえ持ってない」と嘘をつく。ペギーは「89年型シュリックは?」と聞き、修理工場から持ち出した資料を見せる。スタンリーは「あぁ…思い出してきた!」とごまかし「えぇ…名前は?」ともう一度聞く。ペギー・ブラントというのが分かったスタンリーは「ペギー・ブラント!?人生相談の?」と興奮して話す。ペギーが「えぇそうよ」と照れながら答えると、スタンリーは「去年僕の手紙を載せてくれたね。覚えてない?真面目男の嘆き」と言う。「あなただったの?」とペギーも興奮する。続けて「あのあとすごい反響だったのよ。あんな男性が理想だっていう女性から何百通も手紙が来て…」とペギーは言う。スタンリーは嬉しそうに「本当?」と言い、続けて「なんで君が事件を追ってる?」と聞く。ペギーは「人生相談はギャラが安いの」と金欠なことを打ち明け、「あの工場に行った時不審な物を見なかった?迷惑はかけないわ」と言う。ペギーはスタンリーに名刺を渡し、「私の個人的な番号よ」と照れながら言い銀行を出て行く。スタンリーは嬉しそうに名刺を眺めた。

ドリアンの追放

ニコにティーアップを咥えさせられたドリアン

ギャングのボスであるニコは部屋でゴルフの練習をしていた。ニコは、手下を迎えに出してドリアンを呼び出した。ドリアンは「手下を迎えに出さなくてもいいだろ」と怒って言う。ニコが手下に目で合図すると、手下2人はドリアンを床に仰向けで押さえつけ、ティーアップをドリアンの口に咥えさせる。ドリアンはティーアップを吐き出すが銃で脅され大人しく咥えると、ティーアップの上にゴルフボールを置かれる。ニコはゴルフクラブをドリアンの前にちらつかせ「実は今朝、店でサツがきた。店を利用してケチな詐欺を働いていると言ってな」と冷静に怒りながら、思いっきりゴルフクラブを振り上げる。ニコはゴルフクラブでドリアンの口に咥えているティーアップごとボールを打ち、「7日以内に街を出ろ」と言って外に追い出す。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents