ダイヤのA 御幸一也徹底解析

マガジンで人気連載中のダイヤのA。第一部が完結し、現在第二部にあたるactⅡが連載中。
今回スポットライトを当てるのは、強豪青道を率いるキャプテン、一軍の正捕手にして中心人物の一人でもある御幸一也。
曲者揃いの野球部のまとめ役でもある彼の実力、性格を徹底解析してみました!

ダイヤのAとは

寺島裕二の描く野球漫画です。現在マガジンにてactⅡが連載中。actⅠは47巻で完結し、actⅡは3巻までが既刊です。

荒削りがらピッチャー大きな才能を秘めた沢村栄純を主軸ににした、甲子園を目指す少年たちの野球漫画。
舞台となるのは東京、青道高校。かつては甲子園に行ったこともあり、今も強豪といわれる高校。
仲間との絆、才能ある仲間への羨望や嫉妬、無力感、敗戦の悔しさや、勝利の喜び
仲間や強豪と切磋琢磨し成長していき、たった一枚の甲子園の切符を手にするために日々努力する。

そんな少年たちの成長の物語。

彼は一体どんな選手?

actⅠでは、守ってよし、打ってよし。三年生がいたころは、ランナーがいない限りイマイチ打てないみたいなことが言われてもいました。クラッチヒッターであり、ここ一番で打てる選手だったようです。
クリス先輩が怪我で正捕手から外されてすぐに一年生である彼がキャッチャーに選ばれたのだから、キャッチャーとしての才能、実力は本物。
身長179センチとなかなかの長身。
男性の平均身長は大体170センチです。それから見ると既に高いといって差し支えないですが、まだ十代。伸びしろはまだありますから。伸びるかもしれませんね。

性格の悪さが出る強気な表情です

野球選手の素質として大切な肩。完全に盗めたと相手側が誰もが思っているのに、アウトを取れる強い肩ですね。1.83秒で投げるには肩がないと多分、セーフです。とっさの条件反射も体に練習しないと刷り込めませんから、素質とか以前に青道の厳しい練習が分かります。

そもそもなんでキャッチャー?

六巻の番外編で本人が言うに
『他のどれとも違うそのグローブの形…。俺はそこに強烈な魅力を感じたんだ-』
とのことです。また役割にも魅力を感じていて、本編でも番外編でも
『こんなおもしれぇ場所…、他の誰かに譲ってたまるかよ!!』
とまで思い、それでキャプテン向いてねぇと思うくらいですから、並々ならぬ執着です。シニア時代の指導者にはあの肩ならピッチャーでも大成できるとまで言われていましたが、本人にはまったくその気なし。大した子供です。

幼いころは身長もさほどなかったようですが、中学一年生の時から高島先生が目をつけていました。正確にはもうスカウトしに来ていたのですが。そんな彼女に
『あなたはもっと高いレベルで野球をやるべきだわ』
と言われるほど。誰が見ても間違いなくキャッチャー向きの何かがあったということです。

性格は悪い?

才能や実力は本物。後は人柄ですが、性格はあまり良くないみたいです。簡単に言えば、歯に衣着せぬ物言い。そのせいだからか友達がいない。ファンブックにて『孤高(ぼっち)の男たち』の一人にあがるほど。
「もともと大してコントロールもねぇし、バカなんだから」
と言い放ち、沢村に
『身も蓋もねぇっす』
と心で突っ込まれるほどのものの言い方。衣着せぬ発言がキツイ印象を与えてます。バカだとはっきり言ってしまうあたり、オブラートなんてないです。極悪人でもないけど、誤解されやすい性格。やや自分勝手で投手のためになるなら嫌われ役も嘘もいとわないところ。本人にはそれなりに考えがあるみたいな言い方してますが、その真意はあまり伝わってはいないとみて間違いないでしょう。

性格は悪くても、それも素質の一つ。ある意味ライト・スタッフ。これから青道を担うであろう、川上、降谷、沢村の三人の投球を活かしたリードが出来るということはそれぞれの性格を理解してるから。
敗戦すらバネにし、強くなろうという高い向上心。
シニア時代に生意気言って先輩にしめられても、翌日早くから練習に笑顔で参加できる芯の強さ。少し弱音を吐こうもんなら
「アカン、こいつ死ぬんか?」
とまで言われてしまうくらい。
決して人徳が得られる良い性格ではないですが、悪い人ではないです。

御幸一也まとめ

本編で明かされてはいない、彼の内情。料理が特技であるあたりも母がいないことを暗示させつつ明らかにはされていません。なにか複雑な事情があるようです。そんなところがますます興味を引きますね。
actⅡでもすでにホームランを打ち通算32本。間違いなく選手としても魅力的です。そしてこれから始まるであろう、夏の甲子園への切符をかけた予選。その切符を手にするのは一校だけ。そこでどんな活躍を見せてくれるのか、まだまだ目が離せません。
あくの強い一年生の入部はどんな波乱を巻き起こすのか、キャプテンとしての手腕も注目していきたいですね。

十月夏葵
十月夏葵
@totsuki-natsuki

Related Articles関連記事

ダイヤのA(エース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダイヤのA(エース)』は、高校野球を題材にした、寺嶋裕二によるスポーツ漫画である。『週刊少年マガジン』にて2006年第24号から2015年第7号まで第1部が連載され、同年第38号から第2部『ダイヤのA actII』(ダイヤのエース アクトツー)が連載されている。投手としての才能を見出されて野球の名門校に入学した主人公・沢村栄純が、チームメイトとともに甲子園を目指しながら成長する姿を描く。各社の漫画賞を受賞し、累計発行部数4000万部を突破した人気作である。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

【ダイヤのA】かっこかわいい小湊春市君の実力&性格徹底調査

週刊マガジンにて大人気連載中【ダイヤのA】。物語の主軸人物の一人である小湊春市君。ピンク色の髪をして、赤面症な可愛らしい一面とここぞで決める男らしい一面。とにもかくにもかっこかわいい。でも、実はそれだけではないみたいです。actⅡにて新しい一面を見せる彼の実力&性格を徹底調査!

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents