天才の共演に腹筋崩壊注意。『北斎漫画キット』傑作選

『富岳三十六景』などで有名な天才浮世絵師、葛飾北斎。日本初ともいわれる漫画『北斎漫画』でも知られていますが、その『北斎漫画』や文字を組み合わせ全く新たな『北斎漫画』を現代によみがえらせるという試みがネットでなされて幾星霜。改めて振り返りましょう、傑作たちを。腹筋崩壊及び飲食しながらの閲覧にご注意を。吹き出したらPCやキーボードが大変なことになりますので…。

ホント、どうしたらこんな発想が出てくるんでしょうか…。ちゃんとカービィに見えて、大いに頷いちゃいます。

あるあるシリーズ

確かにいますね、得意なこととなると、やたら饒舌になる人。気持ちは分かります。多分自分もその一人だと思います。左の人、黙って耐えてたんだろうなあ。「ぶつぶつ」のところまで。

合コンにふんどし一丁で出席、そして「でゅふふ」…うん、「ない」と言われても仕方ない。

誰一人男性陣を見てませんね。何ていうか温度差が悲哀を呼びます。

日常でそうそうないでしょうけども、「落としたコンタクトレンズを探す」っていうのは。北斎の絵で「コンタクトレンズ」ってのが笑いどころなんでしょうね。しかも踏んづけたと一言で分からせる手腕。「何のために明かり持ってんだ」と言いたくなりますが、ただの通行人の可能性もあるわけで…うん、彼だけが悪いんじゃない。

恐らく「コミケ」に出店するであろうお二人さん。腐女子かどうか知りませんが、左の方、かなりの意気込みです。

何か分からないけど吹き出しちゃうシリーズ

傑作中の傑作。

下手なコメントつけない方がいいですね。この作品は。

何か言われたんでしょうか。エビフライぶつけるって相当ですよ。

スズメっておいしいんでしょうか。ご馳走してくれるっていうならご相伴にあずかりますが。

「二羽目」までの微笑ましさは「三羽目」の布石に過ぎなかった!そう思わせる衝撃のラストです。セリフも何もなく黙々と料理しているのが何だか怖いです。というか、怖いのに面白いです。

おやびん、頼もしい!何だかよく分からないけど頼もしい!動と静、なんてよく言われますが、静かなる迫力をたたえてます、おやびん。

クララ何か怖い。

カオスすぎる…。クララと風太君はまだ共通項があるけど、何故モスラ…。上級者向けってことでしょうかこの作品。

上級者向けその2。幼虫なのに飛んでます。凄いです、モスラ。そしてそれを眺めて「いつものこと」のように平然としている二人も凄いです。何でしょうかこの味わい深さ。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

目次 - Contents