漫画家志望は参考に……するな!? 漫画家マンガ、吼えろペン

熱血?漫画家・島本和彦氏の、「漫画家」を描いたマンガが、吼えろペンシリーズです。
漫画家志望者に対する指導書に……なっているようななっていないような感じの作品ですが、
紹介したいと思います。

島本和彦氏も大ファンな某藤岡弘、的なキャラクターも登場。ちなみにこれは、島本和彦氏の逆境ナインの実写化に際しての出来事をパロったお話です。

藤田和日郎コラボ

さて、吼えろペンで大人気だった富士鷹ジュビロも当然たびたび登場します。
相変わらず、藤田和日郎氏の絵柄を再現する力量はとんでもないです。

そんな一シーン。
島本和彦氏が書いているはずですが、藤田和日郎氏が描いたと言われたらまったく気付かない自身があります。
ちなみに藤田和日郎氏の作品はからくりサーカスですが、富士鷹ジュビロの作品はからぶりサービスです。

こんなこともあってか、島本和彦氏と藤田和日郎氏が正式にコラボとして、逆境ナインとからくりサーカスのクロスオーバー漫画が、新吼えろペンに掲載されています。

とまあ、どこかで見たようなキャラクターもいますが、一応逆境ナイン要素があるのでやることは野球です。
ちなみに二人で分担して作画をしているということなのですが、相変わらず島本和彦氏が度々藤田和日郎氏の絵柄を真似するので、ぶっちゃけ見分けはつきません。
ここはきちんと藤田和日郎氏が作画している……はずです。

名言・名セリフ

吼えろペンシリーズに限らず、島本和彦氏のマンガにはありがちですが、なかなか心に来るような、冷静に考えたらおかしいような数々の名言が、これらの作品にも存在していたりもします。

なんとなく心に響く名言その1。
どちらかと言うとこちらより、ソシャゲなどのガチャになぞらえてコラージュした方が有名かと思いますが。

こちらもネットでも有名な一枚。
広げた風呂敷はきちんとたたみましょう、というお話ですが、事実こういったように、ばら撒くだけばら撒いてまったく責任を取る気がない作品も多々あるのが困りますね。

島本節とも言える、なんか大ゴマですごそうなでも冷静に考えたら訳の分からない台詞、というギャグ。
これもなんとなく名言っぽく見えます。
……いや、意味はわかりませんが。

とまあ、島本和彦氏……と、三割ぐらい藤田和日郎氏のエッセンスが混じった漫画家マンガが、吼えろペンシリーズです。
一応おおまかなメインストーリーもあるので、島本和彦氏の作品が好きな方なら一度読んでみるといいでしょう。

ただし、燃えよペンの表紙にあるように、あくまでフィクションであるということを忘れないようにしましょう。
このマンガにあるとおりにマンガを描いてもまったく意味はありませんので!

水野忠邦
水野忠邦
@toriiyouzou

Related Articles関連記事

うしおととら(うしとら)のネタバレ解説・考察まとめ

藤田和日郎により週刊少年サンデーで(1990年6号~1996年45号)連載された漫画・アニメ作品。寺の息子である「蒼月潮(あおつきうしお)」が500年前から獣の槍で封印されていた妖怪「とら」の封印を解いてしまう。うしおはとらを警戒して世に放たないために、とらはうしおを食べるスキを狙うためにと奇妙な共同生活?そしてこの奇妙なコンビによる壮絶な闘いが始まる。

Read Article

からくりサーカス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『からくりサーカス』とは、藤田和日郎による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品である。 莫大な遺産を相続したばかりに親族から命を狙われ不気味な人形たちから逃げていた少年・才賀勝。生来のお節介から縁もゆかりもない勝と関わり、己自身のために戦うことを決意する拳法家・加藤鳴海。勝を守ることを使命とする美しい人形使い・しろがね。彼らに迫る不気味な人形・自動人形、勝の親族に雇われた敵の人形使いとその人形。繰り広げられる人形同士の戦い。偶然と必然から出会った三人の数奇な運命のサーカスが幕を上げる。

Read Article

からくりサーカス(第1話『開幕ベル』)のあらすじと感想・考察まとめ

親族から命を狙われる少年勝は、大きくて強そうな熊の着ぐるみを着た青年鳴海に助けを求める。勝の一番近くにあるサーカスには、彼を守ってくれる『しろがね』がいるという祖父の言葉を信じてしろがねを探す勝。謎の人形に襲われ窮地に陥った彼らの前に颯爽と舞い降りた美少女人形使いしろがね。道化師型操り人形『あるるかん』を駆使して謎の人形を破壊するも、すぐに次なる刺客が現れる。 今回は「からくりサーカス」第1話『開幕ベル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

うしおととら(うしとら)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

伝説的妖怪物漫画の金字塔「うしおととら」。1990年から6年間、週間少年サンデーで連載された漫画である。この漫画の魅力は、主人公うしおととら、作中で増えていく仲間たち、そして一部の敵達に至るまで丁寧な心情で描かれた物語だろう。その数だけ彼らの物語が生まれ、そして数多くの名台詞を生み出していった。三度の賞を得た本作の真骨頂は、最終話に至るまで、一気にうしおととらの旅を最後まで回収しきったこと。そんな「うしおととら」の旅の証と、魂の込められた名言達を追いかけていく。

Read Article

目次 - Contents