4年ぶりの開催決定!今までのap bank fesをふりかえる

Mr.childrenの桜井和寿と音楽プロデューサー小林武史を中心として開催された夏フェスap bank fes
環境問題や復興活動に特化した他の音楽フェスとは一線を画した音楽フェスですが、2012年を最後に休止していました。
しかし、今年4年ぶりに開催することが発表されました。
そこで今回はap bank fesについて、今まで出演したすごいゲストアーティストについてをまとめました。

桑田佳祐

2006年3日目に登場。
Bankband桜井和寿との共演で「奇跡の地球」も演奏された

加藤登紀子

2007年に登場
さすがの存在感で観客を惹きつけた。
「愛の賛歌」は圧倒的なものでした。

氷室京介

2007年にシークレットゲストとして登場
ロックな出で立ちとパフォーマンスで会場をどよめかせました。

小田和正

2008年2日目と2011年3日目に出演
夏のみどりの世界に映える歌声で観客を魅了しました。

布袋寅泰

2008年3日目のシークレットゲストとして登場
当日に出演していたコブクロやKREVAなども加わってのパフォーマンスでした。

GLAY

2008年のバンドアクトとして登場
1990年代をともに彩ったMr.childrenとGLAYが共演ということで熱くなった方も多かったと思います

甲斐よしひろ

2009年1日目に登場
Bankband/Mr.childrenの桜井和寿があこがれの人ということで、非常に感慨深くプレイしていたさまが印象的でした。

矢沢永吉

2009年3日目にシークレットゲストとして登場
ロックスターのとんでもない存在感に大盛り上がり。
ap bank fesにタオルが舞いました

makie
makie
@makie

Related Articles関連記事

Mr.Children(ミスター・チルドレン)の徹底解説まとめ

Mr.Children(ミスター・チルドレン)は日本の4人組ロックバンド、通称ミスチル。 デビュー当初はポップな曲が多く、恋愛を描いた作品を多く発表。 しかし徐々に、人の内面の暗い部分を描いたり、社会風刺的な作品が増えていき、多彩な曲がさらに多くのファンを引き付けることに。 1990年代前半から20年以上にわたり日本の音楽界をリードし続け、幅広い世代から支持されていて人気は今も衰えない。

Read Article

目次 - Contents