[※最新12話/最終回まで]ジョーカー・ゲーム エンドカード集/東京十二景まとめ

レトロな味わいのあるアニメ『ジョーカー・ゲーム』のエンドカードまとめ。昭和初期特有の、和と洋が融合した独特の世界観は必見です。エンドカードが出来るまでの制作裏も掲載。

イラスト/板津匡覧

第11話のエンドカードは、現千代田区にある日比谷公園を舞台に。
キャラクターは蒲生(※何故彼がチョイスされたのかは下記tweetの”エンドカードができるまで”で判明します)と生前の三好。

三好ェ……

ja.wikipedia.org

第12話(最終回)「XX ダブル・クロス」

イラスト/板津匡覧

最終回の背中で語るエンドカードは神田萬世橋駅を舞台に。
キャラクターは佐久間中尉を除き、結城中佐を含むD機関員の面々。
光が当たっているところは小田切でしょうか?D機関員ではなくなる、という事か…。
結城中佐に背を向けている所から察するに、彼らがこれから世界に散らばって暗躍し始める姿を示唆しているようにも見えます。

というか後ろ姿で波多野・甘利・三好だけでも見分けがつく様になっていた自分を褒めてやりたい。

答え合わせです。
全員見抜けた方はスパイマスターです。

ja.wikipedia.org

image.search.yahoo.co.jp

【さいごに】ここまで閲覧下さり、ありがとうございました。

後ろ姿になると黒髪チームはどうにも見分けるのが困難になるようです。
よってここで記載したエンドカードに登場しているキャラ名には誤りがあるかもしれませんので、最終確認は自己責任でお願いいたします。

おまけ「1枚のエンドカードができるまで」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー・ゲーム』とは、柳広司による日本の短編ミステリー・スパイ小説および、それを原作とした漫画、アニメ作品である。「D機関シリーズ」と呼ばれている。2016年4月から6月までAT-X、TOKYO MX他にて放送された。第二次世界大戦前の帝国陸軍内に結城中佐によって、スパイ養成部門「D機関」が秘密裏に設立される。そのD機関員たちが世界で暗躍する全12話のストーリーである。

Read Article

すべてを欺き、生き残れ。スパイミステリー「ジョーカー・ゲーム」ってどんなアニメ?

戦前に世界中で暗躍した日本人スパイの姿を描いた「ジョーカー・ゲーム」をご紹介します。原作は柳広司さんの小説。スパイ作品で有名どころの「007」に見られる様なド派手なアクションは無いですが、窮地に陥った状態で登場人物たちが見せる心理戦や絶妙な駆け引きが魅力的な作品です。

Read Article

目次 - Contents