「新テニスの王子様」の漫画がいろいろヤバすぎる

「新テニスの王子様」といえば、もちろん我らがジャンプの大人気テニス漫画ですよね。連載当初から人気が高くも、アニメの放送によってさらに拍車がかかり、今となっては出演声優は数知れず、実写版舞台・ミュージカルも満員御礼という、まさに破竹の勢いそのものです。しかし、ふと原作である漫画に戻ってみると、そこにはいろいろヤバい描写が山ほどありました。

いろんなテニスの王子様(?)

血のりってなんやねん!!
てか、こんなこと神聖なテニスコートの上でやっていいんですかね???

会場のみなさん以上に、読者側が全く状況を理解出来ないのですが…ww

一同「「「なんとも思ってねーよ」」」

新テニプリの44話です。
44話なだけあって、死死って感じですねww
もっと別の表現方法があったようにも、思えます。

海外で拾って来た▶︎日本語ぺらぺら、しかも強い▶︎日本勢「「「…」」」

ボールがT字になってます…
そして上空に吹っ飛ぶという、もはや殺人マシーン。

一連の問題シーン(ジャンプSQ2014年1〜3月)

このシーンも衝撃的ですよね。
もちろん、特訓の激しさを物語っているわけですが…。
画像の、特に左側をよく見てみてください。ボールが当たっているのはわかりますが、なんと貫通してます!!ww

「ボール、でかっ!!」ww

まず忘れてはならないのが、これはテニスであること、テニスの漫画であることですww
なのに、パイレーツやら海賊船を連想させるような彼が、後ろに立って…

そりゃあ、本人はテニスで対決をしにきているのに、対戦相手はそんな気はさらさらにない、と。しかも、装備は銃火器長剣ww
んなの、勝てるわけねーだろ!!

「新テニスの王子様」ギリシャ・アメリカ代表戦他

なんだこいつは!!!!

左側の人って、もしかしてコレっすか???

あーー、なんかわかる気がしますね。
しゃべっていることは、もはや意味不明ですが。

パ行(パピプペポ)の扱い方に長けた選手とかww

他の選手も、まあまあ雰囲気こそ出ていますが…

ちなみにコチラは、ドイツ代表戦の主将ww
いやー、これは一応言っておきましょうか。ありが頭皮!!!

まとめ

なぜだろう。
なぜこうも、ジャンプの漫画は連載が続けば続くほど、徐々にイカレてくるんでしょうかねww
手塚最強説があった時代が懐かしく、今となっては次々に強い敵で出てくるという、もはやなんでもアリ状態…。
もっとも、これからもどうなっていくのか、しっかりと注目しておきたいですねb

fallen
fallen
@fallen

Related Articles関連記事

テニスの王子様(テニプリ)のネタバレ解説まとめ

許斐剛によって1999年から2008年まで週刊少年ジャンプにて連載された漫画及びアニメ、映画、ゲーム作品。ミュージカル化もされている。さらに2009年から第2シリーズとして『新テニスの王子様』としてジャンプスクエアにて連載再開された。中学校の部活動テニスを題材にした作品。テニスの名門校に入学した越前リョーマはテニス部に入部し様々なタイプの選手と対戦しながら団体戦での全国大会優勝を目指す。

Read Article

テニスの王子様(テニプリ)の名言・名セリフまとめ

『テニスの王子様』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた許斐剛によるスポーツ漫画である。中学テニスを題材とした漫画で、主人公が所属する青春学園こと青学のテニス部が全国大会での優勝を目指すお話だ。主人公のリョーマの決めセリフである「まだまだだね。」をはじめとした真似をしたくなるようなセリフや、試合や部活中のシーンなどで友情やテニスへの思いが現れた熱いセリフが登場し、大勢の読者たちに好評を博した。

Read Article

目次 - Contents