「機動戦士ガンダムEXVS」シリーズで初心者が安定して勝てるコスト2000機まとめ

Ms66735

「EXVS」シリーズは、今でもマキブオンがアーケードとして稼働するなど、我らがバンナム様の名作の一つです。その魅力は、何度やっても難しくもやりがいのあるゲーム性、どの機体でも使い方による(といっても、無理がある機体もありますが)など、無限大です。しかし、それゆえに初心者どころか中級者にも極めて厳しいゲームなのです。今回はタイトルに焦点を置き、重要ポイントをまとめました(うp主=階級:中将程度)。

リンクはコチラ

exvsfb.ggame.jp

gundam-vs.jp

マキブ無印は、もういいよねw

そもそも初心者推奨は、なぜコスト2000>2500>3000・1000・1500なのか?

いつくかのポイントがあるので、箇条書きにしてまとめてみました。
①そもそもこのゲームは2on2の協力戦であること▶︎つまり、初心者が足を引っ張ったり、集中して狙われる
②ゆえに、3000コストではすぐにやられてしまう。また、1000・1500はブースト量や立ち回れる武装の制限が強く、逆に即落ちケースにつながってしまう
③このゲームは※「攻撃を当てるより、攻撃を避ける方が難しい」のが現実。また、攻撃を避けられれば自然と攻撃を当てるチャンスが簡単に巡ってくる。
▶︎尤も、エピオン先輩やマスター大先生みたいに、総ダメージで押し勝つ戦いも面白いですがb

初心者が心がけたい3つのこと(実際は、これじゃ足りないですが・・・)

①「前に出過ぎず、また壁際にいないこと」
▶︎基本は、赤ロックと緑ロックの間がベスト。常に距離を取ると安全です。また、壁際は後ろに下がれないので左右どちらか広い方or仲間がいる方に行きましょう。

②「こまめに着地して、ブーストを温存」
▶︎オーバーヒートは、接戦時か着地取りの終点までがベスト。また、序盤は射撃戦が多いですが、当たらない射撃をしてダメージを受けるなら、射撃はほとんどしないで動いているだけでいいです。

③「自衛能力の高い機体を使おう」
▶︎コスト2000機といっても山ほどあります。その中でも自衛能力、つまり「敵と接近しても、比較的容易にやり過ごせる武装を持っていること」が重要なのです。コチラを、以下に上げていきます。

コスト2000機

「ガナーザクウォーリア」

Ms66735

やっぱり「ガナーザクウォーリア」はオススメです。
強みは以下の通り
①メイン射撃が一発でダウン(疑似)を取れ、アシストは接近戦で出すだけで意外とポコポコ当たる
②上記ゆえ、当たらない射撃も減るので、ブーストを自ずと温存しやすい
③格闘も振れるので、いざというときはb

▶︎ちなみに上手くなると、メインや特射などを自ら当てにいけます

「F91」

Msd37fe

「F91」もオススメしたい・・・のですが、マイナス要素もあります。
・強み
①特殊格闘の「M.E.P.E.」は攻撃の誘導を切れるので、自衛には最適▶︎ただし、発動時のキャンセルミスは危険なのでしっかりと
②機動力がコスト2500機以上にあるので追いつめられにくく、また機体も小さいので射撃などが当たりにくい
③万能機であり、ダメージも結構取れ、格闘は判定がまあまあ強いb
・弱み
①体力が少ないので、事故にめっぽう弱い(照射ビームや核弾頭など)

▶︎上手くなると、「M.E.P.E.」を守りではなく攻めに使えるようになれます。また、機動力が高いのでロック集めもできます。

「ブリッツガンダム」

Msdjg8h

ブリッツはF91と比べると、自衛寄りになりますb
①特殊格闘:ミラージュコロイドは硬直なしで誘導切りを行え、リロードもまあまあ早い▶︎接近されたり、ブーストなくなったらすぐに発動すると安全
※攻撃すると切れるので注意と、上手い人はミラコロ使えないときを予測してくることがあります。
②サブや特殊射撃のアスランで逃げる&攻撃のチャンスができやすい

▶︎上手くなると、ミラコロを攻めに使えたり、サブやアスランを確実に当てられるタイミングがわかるようになります。また、後格闘のアンカーで引っ張って蹴り飛ばせるようになります。

「クロスボーン・ガンダムX2改」

Msebfb0

「クロスボーン・ガンダムX2改」
①ビームのみだが無効にできるマントは、やっぱり優秀。着脱できますが、攻めやロック集めをしないのであれば、着たままで安定します。
②サブのビームザンバーは、接近戦でとりあえず出すのが吉。よくわからない軌道で、2発目だけが当たったりするので、その間に逃げられます。

▶︎慣れてくると、ABCマントを着脱しながらロック集めや、「チャージショット▶︎特殊格闘▶︎キャンセル下り」などができるようになります。ただし、基本的にはマントはつけている方が安定します(よく見るのが射撃戦で着脱している方もいますが、CSを当てられていなかったり、被弾ダメージが多かったりと、ムダが多いです)

まとめ

自衛だけなら、「ドラゴンガンダム」のメインや、「ガーベラのメイン・サブ」など強力ですが、あくまでも勝ちに持っていきたいので、今回はなしにしました。
▶︎いくら初心者でも、全くダメージをとれないようでは勝てませんので。安定する射撃を持った機体がオススメです。
個人的には、ゴールドフレーム(接近拒否サブ・闇討ち常套特射)や、とにかく強いサンドロックなど、でもいいと思います。

fallen
fallen
@fallen

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)のネタバレ解説まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル、Mobile Suit Gundam: Iron-Blooded Orphans)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル、Mobile Suit Gundam: Iron-Blooded Orphans)とは、2015年10月から2016年3月に第1期(第1話~第25話)、2016年10月から2017年4月に第2期(第26話~第50話)が放送されたアニメ作品。生き抜くために、戦いを繰り広げる少年たちの姿を描いている。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(ガンダムシード、Mobile Suit Gundam SEED)のネタバレ解説まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

ガンダム・バルバトス(GUNDAM BARBATOS)のネタバレ解説まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Zガンダム』へと続いていく。

Read Article

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(逆シャア、CCA、Char's Counterattack)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』は富野由悠季による日本のアニメ映画。 宇宙世紀0093。新生ネオ・ジオン軍のアクシズ落とし計画を阻止しようと、全力をもって挑む連邦軍の特殊部隊「ロンド・ベル」。その中で、アムロ・レイとシャア・アズナブルという、『機動戦士ガンダム』シリーズきってのメインキャラクターが互いの信念をぶつけ合い、決着を迎えることとなる。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(Mobile Suit Gundam Unicorn)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

機動戦士ガンダム00(きどうせんしガンダムダブルオー、Mobile Suit Gundam 00)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム00とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

NEW

機動戦士ガンダムUC(Mobile Suit Gundam Unicorn)のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(Mobile Suit Zeta Gundam)の名言・セリフまとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)の名言・セリフまとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメにとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

《クイズ形式》あなたは読める!?ロボット作品の独特な読み方

「機動戦士ガンダム」を主に、日本では様々なロボットアニメや漫画が人気を博していますよね。しかし、そんな中で度々出てくるのが、その独特な読み方の数々。それはもはや、《読めない=知らない=にわかファン》と言われても言い返せないほどです。今回はそんな独特な読み方をする作品からワードを集めて、クイズ&面白くまとめてみました。

Read Article

ドウシテコウナッタ「ガンプラ」編

「ガンプラ」ことガンダムのプラモデルですが、近年は正規のMSやMAだけでなく様々なものが制作・販売されています。しかしその中には、ドウシテコウナッタ?と疑問符を抱くものも多々あるのです。今回はそんなドウシテコウナッタ「ガンプラ」を、公式に販売されているものから、ファンの方が作られたものまで、まとめてみました。

Read Article

「うーさーのその日暮らし:夢幻編」が結局はCV宮野真守氏の生き様だった話w

とどのつまる「うーさーのその日暮らし」は主人公、うーさー(CV宮野真守氏)の独壇場でしたね。宮野真守さんといえば、ガンダムダブルオーの刹那・F・セイエイやウルトラマンゼロなど、様々なキャラクターを演じておられますが、それがこの夢幻編で暴走していました(笑)。その暴走っぷりを、まとめてみました(画像自撮り)。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ入門(メカ編)

1986年に日本サンライズにより制作された、「機動戦士ガンダムΖΖ」は今年で放送開始から30周年となる。富野監督本人による評価もいまひとつで、いささか微妙な位置づけの作品だ。しかし、ユニークなキャラクターやメカニクスは独特の魅力もあり、ユニコーンガンダムにも繋がる設定もある。そんな「ΖΖ」を「10種のメカ」という視点から紹介したい。

Read Article

「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」のorz要素まとめ

「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」といえば2015年12月23日に発売された、まだまだ最最最新作ともいえるガンダムゲーム!ですが、現実は発売3日後に60%OFFで叩き売りされるなど、その内容のク◎さ加減が、ゲーム史上最凶で最悪の内容でした。今回はそんな「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」のorzとも言える最悪要素をまとめてみました。

Read Article

《爆笑必至!》リディ・マーセナス少尉のクソコラ爆笑画像まとめ!

リディ・マーセナス少尉は、機動戦士ガンダムU.C.に登場するーー要は病みキャラですが(笑)、そのやさぐれっぷり度が過去にないほどに激高でした。その結果、某ネット上でクソコラグランプリが開催されるほどの大人気(?)キャラクターへと進化を遂げたのです!今回はそんなリディ少尉のクソコラ爆笑画像を集めてみました。あなたにとって、優勝はどれですか?ww

Read Article

《究極精密!他作参戦!過剰再現!?》ここまで進化した最新のガンプラワールド!

ガンダムのプラモデルこと、ガンプラ!ガンダムに少しでも縁のある方は、誰もが1体は入手・組み立てたと思います。そんなガンプラは1980年7月の販売開始し、今もなお続いている大人気プラモデルです。時代が経つごとに究極的なまでに精密に再現され、ガンダムシリーズのみならず他のアニメ・漫画・小説からも参戦、そしてそれが行き過ぎた過剰再現まで、あらゆるガンプラをまとめてみました。

Read Article

プラモデルでは味わえない重量感!「METAL BUILD」シリーズの最新ガンダム3選!

ガンダム関連の玩具は色々と発売されていますが、今回オススメするのは「METAL BUILD」シリーズ!文字通りMETAL=金属で作られた可動フィギュアです。このシリーズは金属の重量感とフィギュアとしての可動性、そしてそれらを活かした独特のデザインアレンジでガンプラとは一味違った高級感があります。今回、新発売のものを中心に最新の3点をご紹介します!

Read Article

「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」買う理由を付けるなら、まとめ

ゲーム史上、類を見ない大炎上を記録した「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」ですが、内容があまりにも酷すぎました。そんな中今回は、これから投げ売りされるであろうこちらのソフトの「※良いところのみ」を見つけ、それをまとめてみました。それが、買う理由です。ぜひ、いくつか当てはまる項目がでてきたら、お手にとってみてはいかがでしょうか?(※うp主は回し者ではございません)

Read Article

①最近のアッガイ・アッガイさんアニメ・漫画まとめ

「ガンダム」でお馴染みのアッガイ・アッガイさんですが、近年ではその爆発的(?)な人気のため、いろいろなアニメ。漫画が制作・販売されているのはご存知でしょうか?アニメの脇役から、主人公:アッガイの漫画など、その他パロディーなど当たり前!そんなアッガイ・アッガイさんの勇姿をとくとご覧あれ!ww

Read Article

いろんなハロまとめ【機動戦士ガンダムシリーズ】

機動戦士ガンダムシリーズに登場するマスコット的キャラクター「ハロ」。ハロは初期の頃、アムロにコロコロくっついていたりしていましたよね。そんなハロですが、時代とともに目つきや性格が変わったり、色が変わったりと、常に変化しているのです。今回は、そんなハロをいろいろまとめてみました。

Read Article

ガンダムシリーズの飲食物まとめ

ガンダムシリーズでは、様々な食べ物が登場しております。アニメや小説などのリアルなものから、アムロやシャアなどを文字ったりかこつけたり、モビルスーツ風にしてみたりなど、とにかくたくさんの飲食物がございます。公式に制作されたものもございますが、ファンのみなさまが自分で作ったものまで、数多くをまとめてみました。(既に生産・販売を終了しているものもございます)

Read Article

②最近のアッガイ・アッガイさんグッズまとめ

最近のアッガイ・アッガイさんの人気は、すごいものですね。月日が経つとともに、様々なグッズが登場します。そこには、フィギュアやぬいぐるみなどに留まらず、誰が期待したor欲したのかわからないようなグッズも存在するのです(笑)。ただいずれにしても、見ているとなぜか欲しくなってくるものばかりです。

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズでは、過度な感情表現から、普段はまともなキャラクターたちの顔がとんでもないことになるシーンが多々あります。あの味方からあの敵キャラだけでなく、油断しているところで思わず変顔になっている場面など、見ているだけでとにかく笑えます。今回はそんないろんな「パロディ顔」を集めてみました。

Read Article

Contents