ツルネ ―風舞高校弓道部―(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ツルネ ―風舞高校弓道部―』とは、綾野ことこの部活青春小説。『夜多の森弓道場』というタイトルで、第7回京都アニメーション大賞小説部門審査員特別賞を受賞している。テレビアニメは2018年10月から2019年1月までNHK総合テレビにて放送された。鳴宮湊は中学最後の弓道部の大会で「あること」を理由に試合で負け、もう弓道はしないと心に決めていた。しかし、「夜多の森弓道場」で凄腕の射手滝川雅貴と知り合い再び弓道をすることになり、風舞高校弓道部に入部する。

『ツルネ ―風舞高校弓道部―』の概要

『ツルネ ―風舞高校弓道部―』は綾野ことこによる部活青春小説。 KAエスマ文庫より2016年12月に刊行された。『夜多の森弓道場』というタイトルで、第7回京都アニメーション大賞小説部門審査員特別賞を受賞している。テレビアニメは2018年10月から2019年1月までNHK総合テレビにて放送された。
鳴宮湊は中学最後の弓道部の大会で「あること」を理由に試合で負け、もう二度と弓道はしないと心に決めていた。そんな湊に、もう一度弓を引いて欲しい幼馴染で同じく弓道をしていた竹早静弥と湊は高校の入学式当日、ひょんなことから小学校時代の同級生である山之内遼平と再会する。そして、遼平から弓道部顧問の森岡富男先生を紹介された。先生は長らく部員のいなかった弓道部の道場へ三人は案内し、入部を促すも湊だけやんわりと断る。しかし、「夜多の森弓道場」で凄腕の射手滝川雅貴と知り合い再び弓道と向き合うことを決心し、風舞高校弓道部に入部する。

『ツルネ ―風舞高校弓道部―』のあらすじ・ストーリー

高校入学と弓道との再会

出典: tsurune.com

弓道部の入部説明会で久しぶりに弓を引く湊。

鳴宮湊(なるみやみなと)は高校入学式当日の朝、ランニングをして家に帰ってくると玄関近くで近所に住む幼馴染の竹早静弥(たけはやせいや)に出くわす。二人は中学で同じ弓道部に所属していた。しかし、湊は中学最後の大会で起きた「あること」をきっかけに高校ではもう弓道をしないと決め、家から近い風舞高校へ進学する。そんな湊を心配していた静弥は弓道の強い学校には行かず、湊と同じ風舞高校に通うことにしていた。静弥の行動を不思議がる湊だが、弓道への気持ちが変わることはなく部活動の勧誘も全く気にもとめていなかった。しかし、入学式当日小学校時代の同級生である山之内遼平(やまのうちりょうへい)に出会い、遼平に弓道部顧問の森岡富男(トミー)先生を紹介される。そのまま三人はトミー先生に長らく部員のいなかった弓道部の道場を案内され、勧誘を受ける。静弥と中学時代に弓道を少ししていた遼平は満更でもなさそうだが、湊は母親が亡くなって自分が家事をしているという理由でその誘いをやんわり断る。

後日、そそくさと家に帰ろうとする湊を待ち伏せしていた遼平により弓道部の説明会へ強引に連れて行かれる。入部希望者で賑やかな道場には既に道着を着た経験者の女子部員の白菊乃愛(しらぎくのあ)、妹尾梨可(せのおりか)、花沢ゆうな(はなざわゆうな)がおり、同じく道着に着替えた経験者の小野木海斗(おのぎかいと)と如月七緒(きさらぎななお)もいた。説明会が始まると、トミー先生がいきなり湊へ一度試しに弓を引いてみて欲しいとお願いする。湊は拒むが、周囲の盛り上がりや期待の眼差しから支度をして弓を放った。しかし湊の矢は的に当たることはなく、それどころか構えから弓を離すまでがとても早く誰が見ても不安定なものだった。湊は「早気(はやけ)」といわれる弓道の中での病であり、弓を引く「引き分け」の動作後にある待ちの動作「会」が行えなくなってしまうというもの。動揺や焦りといった精神的要因も考えられるため中々治すことが難しいが、しばらく弓に触れていなかった湊は治っているかもという期待もあった。しかし以前の射となんら変わらず、気持ちを落とす。その日の帰り道、やけになって自転車を漕いでいた湊はたまたま弓が的に当たる音を聞く。音につられて訪れた神社には弓道場があり、湊はそこにいた一人の男の美しい会に見入ってしまう。

雅貴との出会い、弓道部入部

出典: tsurune.com

夜多の森弓道場で一万射の最後を湊にたくす雅貴。左から雅貴、湊。

湊が夜多神社にある「夜多の森弓道場」で出会った男は滝川雅貴(たきがわまさき)と名乗った。月明かりの下、雅貴に誘われて弓道場に入った湊は弓を引いてみるように促されて、自身が早気であることを彼に話した。雅貴は湊に、「早気が辛いのはなぜだと思うか」を尋ねた。「自分自身が分からなくなるからだ」と話す雅貴も過去に早気に苦しんでいたのだ。「道具を変えたり、体幹を鍛えたりさまざまなことをしたが一向に治る様子はなかった」と雅貴は続け、「それでも何年もかけて少しずつましにはなってきているのだ」と言った。湊にとっては美しかった射も「まだまだだ」と語る雅貴は、「早気を治したいのなら湊が望むものはここにはない」と告げ、「弓は仲間と引くもんだ」と呟いた。

一方湊に弓道部に入って欲しい静弥は、湊が入ることを前提に「男子団体戦に出場したい」と弓道部の面々に伝えた。湊にもそのことを伝えると、湊は「中学の時は何も言ってこなかったくせに今更止めてくれ」と怒りをあらわにした。その後湊は再び夕刻、夜多の森弓道場を訪れると雅貴はおらず、「1年前に滝川は亡くなった」と弓道場にいた女性に告げられた。驚く湊だが、別の日の夜に行くとそこには変わらず雅貴がいて弓を引いていた。その姿を幽霊だと考えた湊は駆け寄り、「消えないで、雅さんの射が好きだ」とすがった。しかし、雅貴はそんな湊を笑い、「それは全くの別人で勘違いをしている」と言った。そして、「もう一度弓を引いてみてくれ」と湊に弓を渡す。相変わらず放つスピードは早いが、引き終わった後に「雅さん、辞めないよね」と湊は雅貴に聞く。「お前は」と雅貴に聞かれて「俺も辞めない」と湊は告げた。そして、風舞高校弓道部へ入部届を提出する。

噛み合わない弓道部員たち

出典: tsurune.com

湊の入部を認めない海斗を説得する遼平と、そのフォローをする七緒。左から遼平、七緒。

弓道部に入部することになった湊を遼平と静弥は歓迎した。元気いっぱいで明るい遼平は毎日違うクラスの湊と静弥を嬉しそうに迎えに来た。少し暑苦しいと感じる湊と、湊が入部してくれたことに喜び静かに微笑む静弥。「もう早気は治ったのか」と聞く遼平に「まだだ」と湊が言うと、それを聞いていた海斗が怪訝な顔で突っかかる。「団体戦には出ないし、鳴宮のことは認めてない」と厳しい海斗に、従兄弟で弓道部員の七緒がふざけて脇腹にチョップを食らわす。女子に人気で軽薄な印象の七尾に戸惑う湊は、それまで多くいた入部希望者のほとんどが七緒目当てで、いつも近くにいるキツい物言いの海斗が怖くて辞めてしまっていたことを知って納得する。放課後のバス停で、静弥と遼平は湊のことを話す。湊の早気はどうやったら治るのかと考え込む遼平に静弥は、「中学校の時は湊なら大丈夫だと勝手に思い込んでいたがもう放っておくことは絶対にしない」と語る。「静弥は大人だな」という遼平に「付き合い方に正解はない」と静弥は伝えた。

遼平はそれから早気について本で調べ、弓道用具の店の店主と仲良くなり早気になった人の日記を貸してもらうことができた。しかし、朝湊と登校しようと迎えにいくと湊はおらず、学校の弓道場にその姿があった。遼平が調べた早気を治すための方法を湊は黙々と既に実践していたのだ。やっぱり湊はすごいと感心する遼平は、そんな湊と海斗の関係が悪いことも気にかけていた。遼平の悩みに気付いた七緒が声をかけると「俺は弓道部が好きで、部員がバラバラなのが嫌なんだ」と勢いよく言う。そんな正直者の遼平を羨ましがりながら、七緒は「俺にいい考えがある」と言った。それは誰も知らない湊の朝練に海斗を遭遇させ、弓道への湊の真剣な思いを見てもらおうというもの。早速次の日に海斗に連絡を入れて、遼平と七緒も弓道場に向かうがそこには中で一足先に来て湊と話す静弥がおり、女子部員も後ろからやってきた。どうしてまた戻ってこようと思ったのか湊に聞く静弥に、湊は「俺の心に突き刺さるツルネに出会って、弓がどうしようもなく好きなことに気付かされた」と力強く言う。そんな会話を聞いた海斗は、「それでもまだ湊を信用はしていない」と遼平に言うが、「仲間のためにそこまで熱くなるお前の言うことは信じる」と言ってとりあえず湊の入部を認めてくれた。

練習開始

出典: tsurune.com

雅貴の提案で模擬試合をすることになる弓道部員たち。左から静弥、湊、遼平、七緒。

少しだけまとまった部員たちにトミー先生から新しいコーチの紹介があった。弓道場に現れたのは雅貴だった。突然の登場に驚く弓道部員たちだが、湊と海斗は嬉しそうに「雅さん」と呼んだ。驚いて顔を見合わせる二人と、湊と新コーチが知り合いだったことを初めて知る静弥。静弥はその後も湊に中々雅貴との関係が聞けず、もやもやしていた。練習が早速始まってしばらく経った頃、雅貴から「模擬試合をしよう」と部員たちに提案があった。男女混合で雅貴とこの日は腰の調子が良かったトミー先生も加わっての5対5である。男女混合と言いながら実際は男子チーム対女子混合チームで、勝った方は負けた方を顎で使える下僕権が与えられるというものだった。「弓を打つ順番は5分で決めろ」と雅貴に言われブツクサ言いながら決める男子チーム。全体の流れを決める大役の1番手「大前(おおまえ)」は七緒が、目立たないからと遼平が選んだのは2番手の「二的(にてき)」、真ん中の「中」は湊、4番手の「四的(よんてき)」は静弥、最後の「落(おち)」は海斗が務めた。結果は男子チームの惨敗で、見事勝者の下僕となり部活動の雑務を任される。渋々揃いの下僕Tシャツを着て草むしりに励む男子に、雅貴が次の提案として夜多神社での3日間合宿をあげる。真っ先に「行きたい」と手をあげる海斗に続く湊と静弥。遼平もあげたあたりで最初は「デートでいけない」と言っていた七緒も手をあげる。当日の朝、部員たちは夜多の森弓道場に集まり、試合前などで試合の成功と無事を祈る儀式としての射である矢渡しに参加して合宿が始まった。

下僕合宿で得たチームワーク

出典: tsurune.com

練習をさせてもらえず買い出しに向かう男子たち。左から湊、七緒、静弥、遼平。

合宿の内容は模擬試合で下僕になった男子たちには過酷なものだった。早朝4時から神社の掃き掃除に始まり、女子たちのための道場準備に後片付け、練習の補助も行うように言われ不満が溜まっていった。そんな様子を見て雅貴は「仕事が全て終わったら弓を引いても良い」と言ったが、「女子の練習の手伝いをしていたらそんな時間はない」と静弥が気づいて雅貴に詰め寄る。雅貴はそれを聞くと、今度は男子たちに「買い出しに行ってこい」とメモを渡した。メモの内容から料理に詳しい海斗と湊、七緒はスーパーに行き遼平と静弥はホームセンターに行くよう要領のいい七緒が瞬時に決める。スーパーに着いた七緒は湊に「海斗がここまで人を嫌うことはないのだ」と言って、被っていた帽子を見せながら海斗の不器用な優しさがあることも湊に教えてくれた。その帽子は野球好きな七緒のために、海斗が専門ショップにわざわざ買いに行った誕生日プレゼントだったのだ。二人は似たもの同士だと笑う七緒を見て、湊も海斗に歩み寄ろうと思う。帰り道、川の近くで七緒が写真を撮ろうと言い出すが突然風が吹き、七緒の被っていた帽子が川に落ちて流されてしまう。咄嗟に川に入って追いかける湊だが、帽子を掴んだと同時に体勢を崩して川のさらに下に落ちそうになる。すると背後から海斗の手が伸び、湊の腕を掴むも一緒にこけてずぶ濡れになってしまった。神社に帰ると風呂に入るように言われ、男子たちは風呂に急ぐ。買い出しの中でお互いの思いやりや良さを見つけることができた海斗と湊は心の距離が近付いた。合宿最後、大会団体戦の立ち順がトミー先生から男子に伝えられる。大前が海斗、二的が遼平、中を静弥、四的を七緒、最後の落は湊だった。

試合まで後少し

出典: tsurune.com

1年生だが、弓道名門校の上級生に引けを取らない「貴公子」愁の射。

風舞高校弓道部は試合まで後少しの練習にそれぞれ熱がこもっていた。上手い弓引きの代名詞でもある弓返り(ゆがえり)をさせたい海斗は、そのコツを雅貴に聞く。弓返りは弦から手を放した際、弓が手の内を軸に回転し弦が手の甲側へ回転することをいう。しかし、意識しすぎると力んで逆に正しい射ができない海斗に、「結果ではなく過程に集中しろ」とあくまで弓返りが美しい射の過程から生まれる副産物であることを伝えた。他の部員も気になるところが残るが、約1週間中間テストのため部活は中止になってしまう。部活休みの前日の練習で湊は、「正しい射は美しい」と語る雅貴の師匠が彼のすでに亡くなっている祖父であることを雅貴本人から聞く。テスト休みに入ったため練習のなくなった雅貴をトミー先生が飲みに誘った。その席で雅貴は、一度断った風舞高校のコーチを引き受けた理由を話す。師匠であった雅貴の祖父は弓引きとしては一流だったが、師匠としては難しい人間で正しい射が何なのかを雅貴は教わることはなかった。そのため、自分がコーチをしてまだ未熟な湊たちを育てることで祖父に「復讐」するのだと雅貴はトミー先生に伝える。それを聞いていたトミー先生は穏やかに「わしは賛成じゃ」と笑った。

一方、湊や静弥が通うはずだった強豪桐先高校も大会の出場選手の選抜試合が行われることになり、湊と静弥と中学校で弓を引いていたかつてのチームメイトである藤原愁(ふじわらしゅう)、別名「貴公子」も参加していた。美しく、静かで正確な射の愁は1年生とはいえ桐先高校弓道部の中でも群を抜いて上手く、先輩たちの中には文句を言う者もいた。しかし、愁は動揺することもなく涼しい顔で凛と構えて弓を引き、選抜メンバーに選ばれ出場することになる。

湊と愁の再会

出典: tsurune.com

会場で風舞高校に喧嘩を売る菅原兄弟。千一、万次。

大会当日の朝、湊は愁と初めて出会った日を思い出した。小学生の頃、母親と見に行った弓道で興味を持った湊は、弓道を教えてくれる道場を自分で探し回った。やっと見つけた道場には年配の女性師匠とその弟子として愁が稽古をしており、そこで初めて2人は出会ったのである。湊は、久しぶりに道着を着て愁に会えるため身が引き締まる思いだった。風舞高校弓道部の面々は会場に集まり、トミー先生と雅貴から試合への心構えを説かれる。女子部員の白菊はどこか調子が悪そうだが、本人は大丈夫だとそのまま試合に出場する予定だった。その後、その日の女子の個人戦と海斗、七緒の個人戦までの待機の時間に会場入りした桐先高校に遭遇する。「あの子可愛い」とふざける七緒の声が聞こえたのか、そっくりな顔の双子が話しかけてきた。彼らは桐先高校の1年生で、選抜メンバーに選ばれた菅原千一(すがわらせんいち)と万次(まんじ)だと自ら名乗り、中学校の時愁と同じチームだったが大会で早気になった湊を馬鹿にしてきた。それを聞いてカッとなり、双子に食ってかかろうとする海斗を静弥が止める。その様子に気付いた愁が湊に話しかけてきた。湊が今日の個人戦に出ないことを残念がり、「明日の団体戦が楽しみだ」とサラリと愁は言う。そこへ桐先高校の部長たちが駆け寄り謝罪してから、千一と万次を引っ張って行ってしまった。最後に愁は、湊の耳元で「また戻ってきてくれると思っていた」と、湊の射を楽しみにしていることを告げて去っていった。女子の個人戦が始まり、湊、静弥と遼平は白菊が調子わるそうに矢を放つ様子を心配そうに見守っていた。残りの二人はまずまずの結果だが白菊は一本も当たらずに終わった。涙を流す白菊を茶化す桐先高校の双子に腹を立てる海斗は、愁に対抗意識を燃やしていた。力む海斗は弓返りに執着し、的ではなく愁を意識していたためにまともな射をすることができなかった。試合が終わり、そのことを自分でも改めて認識した海斗は反省し、悔しさを顔に滲ませる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説・考察まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

氷菓(古典部シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

日常(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の完全新作映画。2019年に公開された『外伝-永遠と自動手記人形-』に続く最終章である。 孤児として生まれ戦争中に拾われ、幼い頃から兵士として戦い、人の感情が分からないまま育ったヴァイオレット。 そんな中人として育てられた少佐から最後にもらった「あいしてる」という言葉の意味を知るために、手紙を代筆する自動手記人形を通じて人の心と触れ合い、成長していく物語。

Read Article

AIR(エアー)のネタバレ解説・考察まとめ

『AIR(エアー)』とは2000年にKeyによって制作された18禁恋愛アドベンチャーゲームであり、2005年にアニメ化もされた作品である。舞台は寂れた田舎の港町そこに訪れた人形を操る青年国崎往人。彼は彼は密かに探しているものがあった。それは幼き頃、亡き母が語ってくれた「今も空にいるという翼を持った少女」。そしてそれは町に住むある少女神尾観鈴観によって成就することなる。

Read Article

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

響け!ユーフォニアム(小説・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』とは、京都アニメーションによって制作された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の外伝映画作品。2019年9月6日から上映された。自動手記人形として代筆を通して人の心に触れる少女・ヴァイオレットと、その依頼主・イザベラとの出会いから始まる物語。この出会いによって、イザベラが過去に生き別れた妹・テイラーとの未来を結びあわせていく。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

中二病でも恋がしたい!(中二恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『中二病でも恋がしたい!』とは、KSエスマ文庫第一弾として刊行された虎虎のライトノベルおよびそれを原作としたアニメ作品である。ジャンルはラブコメディー。 元中二病の主人公富樫勇太と現役中二病のヒロイン小鳥遊六花を中心に展開される愉快な日常や恋模様を描く。 中二病を活かした本作ならではのコメディパートや中二病モードと素の性格とのギャップを見せる魅力的なキャラクター、中二病による妄想世界と現実世界との折り合いがつけられず葛藤する六花とそこから展開される感動的なストーリーが本作の主な魅力である。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents