【名探偵コナン】これまでの伏線まとめ・考察 [領域外の妹・メアリー世良編]

3f3f 20

領域外の妹・メアリー世良のこれまでの伏線や、これまでに残した意味深な会話、そしてファンからされている有力とされている考察をまとめました。
明らかになった『領域外の妹』の正体、そして未だ残る謎。作中の重要人物の一人であることは間違いなく、これからも目が離せない存在です。
ネタバレ注意です。

世良の口から赤井秀一が兄であると聞いたコナン。
その情報から改めて領域外の妹が誰なのかを推理するが、新たな手がかりを発見する。

コナン「(あの世良が赤井さんの妹だとしたら…世良は一体何の為にアメリカから日本に戻って来たんだ?死んだと聞かされていた赤井さんの生死を確かめる為?だからFBIと交流があるオレに近づいて来た?だとしたらオレにもっと探りを入れて来るはずだよなあ…やっぱ世良がホテルに匿ってる…中学生ぐらいのあの女の子に関係がありそうだな…名前は恐らくメアリー…領域外の妹と名乗る…世良によく似た…いや…あの子世良というより…)」
灰原「何?考え事?」
コナン「あ、ああまあ…ってかどうしたんだ?その目の下のクマ…」

灰原がマスカラをつけているのを見て、閃くコナン。

灰原「私もまだフサエブランドの新作のポーチ…あきらめてないから…」
コナン「おい灰原…ふざけるのもその辺にしと…け…」
灰原「何?私の顔に…何か付いてるわけ?」
元太「付いてるぞ!」
歩美「目のトコに黒いのが!」
光彦「マスカラですね!」
灰原「─ったく…トイレできれいに落としたと思ったのに…」
コナン「(灰原…お前…その顔…)」

赤井家の人物は目の下に隈の様なラインが入っている。
マスカラをつけた灰原を見て、世良よりも灰原が領域外の妹に似ていることに気づくコナン。

O0640048013500317291

942話 千葉のUFO難事件

灰原と領域外の妹の関係を考察するコナン。
そこで赤井秀一と灰原の姉・宮野明美が恋人同士だったことを思い出す。

コナン「(そーいえば世良がホテルに匿ってる「領域外の妹」…灰原によく似てたよな…もしも二人に血縁関係があるとしたら…世良の兄の赤井さんと灰原は血のつながりがあるって事で…待てよ待てよ…灰原の姉の宮野明美って確か昔赤井さんと…)」

951話〜953話 霊魂探偵の意外な隣人

世良と領域外の妹が羽田浩二の事件に関連していることがわかる。
羽田浩二とは将棋棋士で赤井家の次男である秀吉の義兄である。秀吉は婿入りしているので名前が『羽田秀吉』になっている。
羽田浩二は黒の組織によって殺害されている。灰原からの情報によると『APTX4869の被害者一覧』で工藤新一の二つ下に名前が載っていたらしい。

小五郎「まあ、17年前の事件の関係者なんじゃねぇか?堀田凱人はその事件で殺された羽田浩司の霊を呼び出すとか言ってたらしいし…」
世良「は…羽田…」
領域外の妹「浩司!!」(コナン達から見えないところで話を聞いている)
世良「それで!?その探偵から事件の事何か聞いたのか?」
小五郎「い、いや…会う前だったし…」
コナン「何?その羽田って人のコト知ってるの?」
世良「あ、ああ…将棋指しだったんだよな?」

O0640048013593614721

その後、コナンが落とした変声機を拾った領域外の妹はコナンの代わりに事件を解決し、さらに驚異の身体能力を発揮する。
そして世良の口から驚きのセリフが飛び出す。

コナン「(し、死んでる!?いや…急所を的確に付いて意識を刈り取ったんだ…オレが駆けつける数秒の間に…シークレットサービス並みの早業で…これをやったのは間違いなく…あの領域外の…)」
世良「ママ!?」
コナン「(え?)」
世良「あ、いやコナン君…大丈夫か?」
コナン「う、うん…(ママ…だと?)」

O0640048013593614468

糸に捕まりベランダの下に隠れる領域外の妹

O0640048013599772579

世良の部屋へ逃亡した犯人を一瞬で気絶させた領域外の妹。そこに世良が「ママ!?」と飛び込んでくる。

その後、蘭たちの水着選びについていったコナン。そこで世良の水着姿を見てコナンは世良たちとの記憶を遂に思い出す。

972話〜974話 さざ波シリーズ

14156704 1743391705885553 809666206 n

世良との記憶を思い出したコナン、遂にメアリーの正体が明らかになる。

秀吉「それよりメアリー母さんは?兄さんのホテルに迎えに行って一緒にここへ来たんじゃないの?」
赤井「ホテルで母さんとちょっとやり合ってな…母さんの手刀を目に受けて…お陰でこのザマだ…俺も二、三発食らわしたから…今頃氷で冷やしてるんじゃないか?」
メアリー「頭を冷やすのは貴方の方よ…アメリカで勉強したいって言うから留学させたのに…実は「父の事件の真相を探りに行ってた」ですって?しかも大学を卒業したらFBIに入るだなんて…まるで死神に魅入られた幼稚な子供のよう…」
メアリー「生活費はどうする気?そんな馬鹿な事を言う人に仕送りすると思ってるの?」
赤井「心配無用さ…割のいいアルバイトを見つけたんでね…FBIに入るまではそれで食い繋げる…」
メアリー「まったく…せっかく貴方を日本に戻す為に海水浴に誘ったのに…まあ、この平和な景色を眺めながら頭を冷やして思い出しなさい…主人が死ぬ前…この安全な国に私達を送った時に言った言葉を…「いいか、この先、私はいないものと思え…どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ…」─っていうあのメールをね…」

O0640048013748057120

ここでメアリーが赤井家の母親だということが明らかになる。赤井との喧嘩の様子から身体能力も高い様である。
そして全く笑わない赤井を笑わそうとする世良の元に新一と蘭がやってくる。

新一「バレバレだよ!」
赤井「(え?)」
新一「お兄さんの正体がピエロだって事はな!!」(子供だった新一は赤井の手についたアコーディオンの痣とメアリーの喧嘩の傷から赤井がピエロだという推理を突然始める)
世良「(ピ、ピエロ?)」
蘭「あ─新一!こんあトコにいたー!お母さんが捜してたよ─!」
新一「蘭!」

O0640048013748056366

その後、殺人事件が起こり赤井が見事に解決する(その時、周吉と新一は会っており、コナンは世良のもう一人の兄が周吉だという事を確信する)。そこで領域外の妹が特殊な口調で話す理由が、死んだ父親の代わりを務めているからだということが明らかになる。
そして何度笑わせようとしても笑わない赤井を笑わせた新一のことを「まるで魔法使いだね♡」という世良。

メアリー「それで?」「気は変わったの?FBIに入るとか言ってたけど…」
赤井「いや…ますますその気は強まったよ…」
メアリー「まさか海水浴場客に紛れ込んだ強盗犯を見抜いたぐらいでいい気になってんじゃないでしょうね?」
赤井「いい気になってないと言えばウソになるが…謎を解く快感なら十分に味わったよ…うまくすれば父を消した奴らに辿り着けるんじゃないかってね…」
秀吉「怖いよ兄さん…まるで何かに取り憑かれてるみたいだ…」
赤井「取り憑かれているんじゃない…冒されているんだ…好奇心という名の…熱病にな…」
メアリー「(務武さん…やっぱりこの子は…主人の息子なのね…)秀一…貴方を日本に戻して秀吉や真純の父親代わりになってもらおうと思ってたけど…それはもうあきらめたわ…行け秀一!その熱病でお前の命が尽きるまで…真実を覆い隠す霧を一掃しろ!!その代わり靄一つ残したら許さんぞ!!」
赤井「ああ、元よりそのつもりだ…」
秀吉「どうしたの母さん?口調がまるでお父さんみたいだよ?」
メアリー「今日から私が父親代わりという事だ…」

O0640048013759570882

新一「あのさ…刑事さんが呼んでるよ!」
赤井「それは君に任せるよ!時計の真相を見抜いたのは君だし…なんたって君は…我が国が誇る名探偵の…弟子なんだからな…」
新一「我が国って、お兄さんイギリス人なの?」
赤井「ああ…今はアメリカ人だが…」
赤井「それよりこの事件…探偵の修行にはなったのかな?」
新一「うん!」
秀吉「兄さんまるでホームズみたいだったからね…」
新一「違うよ!ホームズはもっともっと超スゲーんだぞ!」
新一「で、でもまぁ…ワトソンぐらいにはしといてやるよ…」
赤井「フ…ハッハッハッ!!Dr.ワトソンか!そいつはいい!!」
世良「(ま、また笑った!!)」
赤井 「じゃあな…ホームズの弟子くん…」
世良 「ね、ねぇ君…」
新一「ん?」
世良「まるで魔法使いだね♡」

O0640048013759570883

記憶を思い出したコナンは領域外の妹が子供の頃に会ったメアリーと同一人物だということ、そして自分と同じくAPTX4869を飲んだと確信するのであった。

コナン「(いやそれよりも…その羽田名人が「メアリー母さん」って呼んでたあの人のあの顔立ち…世良が言ってた「領域外の妹」と…同一人物と見て間違いない…まさかオレと同じ薬…APTX4869を飲まされたのか?いつ?どこで?誰に!?) 」

本名は?

本名は「メアリー・世良」であることがわかっている。
これはアニメの849話「婚姻届のパスワード (前編)」で秀吉の婚姻届の母親の欄にこの名前が記されている。ただしその時には夫の「赤井務武」の名前も記されており、「赤井」は省略したとされており、正式な本名は「メアリー・世良・赤井」と考えられている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

灰原哀・宮野志保(名探偵コナン)のネタバレ解説まとめ

灰原哀とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物。本名は宮野志保。犯罪組織である通称「黒の組織」の元幹部で、科学者として薬品の研究をしていた。自身の研究していた薬品「APTX4869」を服用して体が幼児化し、阿笠博士によって「灰原哀」と命名され、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に転入し、小学生として暮らしている。

Read Article

名曲揃い「名探偵コナン」の主題歌特集

ZARD、B'z、GARNET CROW、倉木麻衣など、名だたるアーティストが主題歌をヒットさせたアニメ「名探偵コナン」の楽曲を個人的な嗜好を交えながらまとめます。 「名探偵コナン」は謎の組織に体を小さくされた江戸川コナンが謎の組織を追いながら探偵業もこなすという推理漫画です。2014年には単行本部数が1億5000万部突破という日本を代表する作品です。

Read Article

【人間超えたww】劇場版名探偵コナンのアクションシーンがブッ飛んでる件

「時計じかけの摩天楼」から「業火の向日葵」まで。歴代19作品のアクションシーンをコンプリートできる動画集です。バーローはどんだけ人間から離れているのか?その取り巻きはどんだけ超人なのか?2016年4月に公開予定の「純黒の悪夢(ナイトメア)」予告と共に、振り返っていきたいと思います。

Read Article

【厳選】ファンが選ぶ「劇場版名探偵コナン」5選!!

毎年春に公開されている劇場版名探偵コナンも今年で第20作目を迎えます!劇場版では車の運転だけでなく、クルーザー・ヘリ・飛行機の操縦ならびに銃を使いこなすバーローの姿が話題となっていますが、今回はストーリーに焦点を当てた「筆者おすすめのコナン映画」を5つに絞ってご紹介していきます。2016年公開の「純黒の悪夢」情報もちょっぴり覗いてみましょう。

Read Article

通なら知ってる&理解できる「名探偵コナン」

1994年に連載が始まった「名探偵コナン」は、今現在でもアニメ・漫画・映画などが大人気です。気軽に見ていられるキャラクターの個性、シンプルかつ複雑な謎の数々、そして黒の組織やFBIの熾烈な対決など、様々なポイントに魅力がありますね。そんな中今回は、そんな長寿作品となった「名探偵コナン」の通となる情報をまとめてみました。皆さんはどれだけ既知or理解してますか?

Read Article

【名探偵コナン】緊迫の神回!! [黒の組織との再会(灰原編・コナン編・解決編)] あらすじ

現在800話を超えているアニメ「名探偵コナン」の中から、おすすめの神回(傑作シリーズ)を取り上げていく。今回ご紹介するのは第176話~第178話にかけて放送された「黒の組織との再会」シリーズ。全てはジンの愛車を発見したことから始まった・・・。コナンと灰原に、組織の魔の手が迫り来る。

Read Article

「名探偵コナン」ゲーム!ニンテンドーDSからスマホアプリまで面白ポイントまとめ!

アニメや漫画、そして映画もずーっと大人気の「名探偵コナン」!ところでみなさんは、そんなコナンのゲームはプレイしたことがありますか?事実、コナン通なのにゲームは全くプレイしたことがない、という方々は実は意外と多いのです。今回はそんなコナンのオススメゲームをいろいろまとめてみました。完全オリジナルストーリーばかりで、また操作性もリアルに操作・謎解きをしている感じがいいですよ!

Read Article

【名探偵コナン】モブを担当した豪華声優陣のまとめ・一覧

主人公を始めとする主要キャラクターの記憶に「背景」として残る悲しき存在「モブキャラクター」。名前さえ与えられていなかったり、1回限りの登場だったりする彼らだが、名探偵コナンに限っては『なんだこの無駄に良い声のモブは!!』という事が定期的にある。という事で今回は主役級もこなす豪華声優が担当したモブについて迫っていきたい。

Read Article

現代では考えられない!?いろいろ衝撃的な「名探偵コナン」の第1話

「名探偵コナン」といえば、日本を代表する大人気アニメで、映画なども年々興行収入を増やし続けており、まさに絶好調ですね。灰原やジョディ先生などをはじめ、最近では赤井秀一や黒の組織の幹部クラスが登場するなど、長い歴史の中で多くが変わってきました。そんな中、今回注目したのがその第1話。新一が子どもになって・・・という事実は周知の事実かと思いますが、実はよく見ると今では考えられない表現が満載です。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

Contents