GO GO MUSCLE!! 人気マンガ『キン肉マン』&『キン肉マンII世』のゲーム作品まとめ

人気作品『キン肉マン』のゲーム作品まとめ。 対戦格闘アクションの先駆けとなった『マッスルタッグマッチ』や、続編であるキン肉マンII世を主役とした『正義超人への道』などをまとめています。

キン肉マン マッスルグランプリ

プロレスゲーから3D格闘ゲームへ転向した作品。

単純なようで奥深い読み合いが売り。初心者でもシステムとコマンドを覚えれば戦えるシンプルな操作性です。
キャラは少なく、II世のキャラが多目です。しかしマイナーキャラのベンキマンが登場した事は一部のファンを喜ばせました。

後にPS2『キン肉マン マッスルグランプリMAX』として移植されました。

キン肉マン マッスルグランプリ2

前作よりも3Dアクションの面を強化した作品。もともとはアーケードゲームとして稼動していましたが、後に家庭用ゲーム機に移植されました。

運命の5王子、ヘル・ミッショネルズに加えて、かなりの数のキャラクターが参戦しています。いままで登場しなかった悪魔超人達も勢揃いしています。「コレクション」モードでは、原作通りの相手に原作通りの技をかけることに成功すると、アニメの名場面を再現した一枚絵が手に入ります。やりこみ要素としてはもちろん、原作ファン歓喜&新規ファンが原作を追いたくなる良モードです。

のちに追加要素を加えた、PS2『キン肉マン マッスルグランプリ2特盛』が登場しました。

気になる作品はありましたか?

以上、『キン肉マン』のゲームまとめでした。
今も熱狂的なファンがいるほど愛されている作品なだけあって、ゲームも多く出ていますね。近年発売されたタイトルは技の再現度も高く、オススメのものばかりです。気になる作品があったらぜひ一度プレイしてみると良いでしょう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キン肉マン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ゆでたまごによる漫画およびアニメ作品。1979年から1987年まで週刊少年ジャンプで連載。 2011年からは24年振りとなる続編が週刊プレイボーイWeb comicにて連載中。 キン肉マンが数々の超人と超人プロレスで闘う格闘ギャグ漫画。 アニメは1983年から1986年に第1期(全137話)と1991年から1992年に第2期(全46話)が放送された。

Read Article

闘将!!拉麵男(たたかえ!!ラーメンマン)のネタバレ解説・考察まとめ

『闘将!!拉麵男』(たたかえ!!ラーメンマン)とは、集英社『フレッシュジャンプ』で1982年から1988年にかけて連載された、原作者ゆでたまごによる日本の漫画作品。同作者の別作品『キン肉マン』に登場するキャラクターであるラーメンマンを単独の主役としたスピンオフ作品である。中国を舞台とし、超人拳法の継承者であるラーメンマンの修行と戦いの旅を描く。1988年にはアニメ化や劇場化され、さらにゲーム発売などのメディア展開がなされた人気作品である。

Read Article

「キン肉マン」の面白ネタ集!!

80年代に少年たちの心を掴みんだ有名作「キン肉マン」。息子世代の活躍を描く「キン肉マンⅡ世」を経て、現在はWebで初代キン肉マンの続きを連載しています。懐かしの超人たちが昔以上にカッコよく描かれ、ファンたちの再燃が続いていますがそのキン肉マンを読む中で度々「とんでもない展開」があります。 今回はそんなファンたちからネタとされるものをまとめてみました!

Read Article

味方になった途端に弱体化したジャンプキャラまとめ

味方になった途端に弱体化するキャラクターは、当然あるあるネタですよね。アニメや漫画、ゲームでも、裏での調整が入った結果、下手をすれば主力メンバーから干されて、永遠に待機キャラor回復専用なんてことも多々あります。そんな事実がある中、今回はジャンプキャラにしぼって、その悲しい現実をイラストつきでまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents