ストリートファイター「1」ってどんななの?

E11c6188

初代「ストリートファイター」(Street Fighter)は、カプコンが開発、1987年に稼動した2D対戦型格闘のアーケードゲーム。ストリートファイターシリーズの第1作目。1988年12月4日に「ファイティング・ストリート」(Fighting Street)のタイトルで、ハドソンからPCエンジンCD-ROM2用ソフト第1弾として発売されました。

初代ストリートファイターとは

320px streetfighter1

アーケード筐体

「ストリートファイター」(Street Fighter)は、カプコンが開発、1987年に稼動した2D対戦型格闘のアーケードゲーム。ストリートファイターシリーズの第1作目。1988年12月4日に「ファイティング・ストリート」(Fighting Street)のタイトルで、ハドソンからPCエンジンCD-ROM2用ソフト第1弾として発売されました。

Cdvb 016b

かの有名な格闘ゲームシリーズの第1作であるにも関わらず、本作品はアーケード版のみのリリースで、当時はさほど大きなヒットとはなりませんでした。しかし4年後に稼動したシリーズ第2作目の「ストリートファイターII」が世界的な大ヒットとなり、一気に知名度を上げ、以後シリーズ化されています。

登場人物・キャラクター

20130331201003

1P側のキャラクターが隆(リュウ)、2P側は拳(ケン)で、性能は同じです。
敵キャラクターはCPU専用の対戦相手で、操作はできません。ラスボスはタイ王国のサガット。

必殺技はシークレット&超強力

Cdvb 016d

リュウとケンには「波動拳」「昇竜拳」「竜巻旋風脚」の3つの必殺技があります。しかし操作説明書にその存在があることが明かされているだけで、コマンドについては「秘密扱い」にされていたそうです。竜巻旋風脚に至っては、技の記載すらなかったとか。当時のプレイヤーは、他人のプレイを盗み見たり、噂話を聞いたりなど、色々苦労して出し方を探していたのだそう。

Sf1 23

さらに入力判定は厳しく、発動するのは難しかったそうです。一説には、必殺技の入力受付時間は0.3秒、レバー操作の最後は止める、ボタンを押した後すぐに離すのがコツなのだとか。
しかし威力は絶大で、一撃で敵の体力ゲージの1/3ほどを奪えます。一度に3発当たる場合もある昇竜拳と竜巻旋風脚は、すべてヒットすれば一気に試合を決めてしまうことも可能。「必殺技の出し方さえマスターできればそんなに難しくはないゲーム」だったようです。

ラバーボタンをパンチ!

Img20061218 3 p

アップライト筺体の「ラバーボタン」が特徴的で、およそ握りこぶし大ほどもあります。その中には圧力センサーが内蔵されており、それを叩く強さによってパンチ・キックのそれぞれ弱・中・強の3段階の強さに分かれるという仕様でした。この操作には相当な力が必要で、「押す」というより「叩く」ような感覚で、夏場などに長時間プレイすると汗だくになったそうです。1プレイ100円。

プレイ動画

スタッフ

ディレクション:西山隆志(PISTON TAKASHI)
プランニング:松本裕司(FINISH HIROSHI)
プログラミング:こいけひろし(FZ 2151)
キャラクター・デザイン:CRUSHER ICHI、DABADA ATSUSHI、BONSOIR YUKO、OGAN MIYUKI、BRAVO OYU、INNOCENT SAICHO
サウンド&ミュージック:坂口由洋(YUUKICHYANS PAPA)
ハード・プランニング:くぼぞのたかし(PUNCH KUBOZO)
メカトロニクス:STRONG TAKE、RADISH KAMIN

syuuryou
syuuryou
@syuuryou

Related Articles関連記事

ストリートファイターII(ストII、Street Fighter II)のネタバレ解説まとめ

カプコンが1991年にアーケードゲームとして発売したゲーム、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの2作目であり、シリーズ最大のヒットを飛ばした。 1対1のストリートファイトによる世界大会を舞台に、個性豊かな総勢19人のキャラクターから1名を選び、試合での勝利を目指す。 別のプレイヤーとの「対戦」が好評を博した。

Read Article

ストリートファイターZERO(ストZERO、Street Fighter ZERO)のネタバレ解説まとめ

カプコンが1995年にリリースを開始したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの3作目。 『ストリートファイター』の後、『ストリートファイターII』の前に位置する架空の時間軸を舞台に、CPU戦を勝ち抜いていく。 人気作となり、シリーズ3作品がリリースされ、最終的には総勢39人のキャラクターが登場する大型作品となった。

Read Article

目次 - Contents