ロンドン、人生はじめます(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロンドン、人生はじめます』とは、2017年に公開されたイギリスのコメディ・ドラマ映画である。監督はジョエル・ホプキンス、主演をダイアン・キートンとブレンダン・グリーソンが務めた。
ロンドン郊外の高級マンションに住む未亡人のエミリーは、お金の問題や上辺の近所付き合いに頭を悩ませていた。ひょんなことでで、自由に生きているホームレスのドナルドと出会った事で、エミリーは自分の人生を見つめなおすというストーリー。見どころは、正反対の二人の恋の行方である。

『ロンドン、人生はじめます』の概要

ドナルド(右)と食事をするエミリー(左)

『ロンドン、人生はじめます』とは、ロンドン郊外の高級住宅地、ハムステッドで起こった実話をモチーフに2017年に公開された、イギリスのコメディ・ドラマ映画である。
監督はジョエル・ホプキンス、主演はダイアン・キートンとブレンダン・グリーソンが務めた。熟年の恋愛を描いているこの作品の主演のダイアン・キートンは女性からの支持も高く、映画の評判も上々である。ロンドンの景色や自然の美しさ、ダイアン・キートンのファッションに高評価が集まっている。因みに映画レビューサイトは映画.comでは3.3/5、IMDbでは,6.1/10、Filmarksでは、3.5/5であった。

ロンドン郊外の高級マンションで暮らす、未亡人のエミリー(ダイアン・キートン)は、夫亡き後に残った借金に頭を悩ませていた。おまけに夫の死後に浮気発覚、同じマンションのマダムたちの上辺の付き合いにうんざりし、息子のフィリップ(ジェームズ・ノートン )ともうまくいっていない。お節介なマンションのマダムの一人、フィオナ(レスリー・マンヴィル)はお金の事で悩むエミリーに会計士のジェームズ(ジェイソン・ワトキンス)を紹介する。
そんな中、エミリーのマンションの目の前には、美しい森があり奥には廃病院が建っていた。その廃病院を取り壊し、高級マンションが建つ計画が持ち上がっていた。
ある日エミリーは屋根裏で見つけた双眼鏡を使って、森を眺めていた。森の中で手作りの小屋とそこで暮らしているドナルド(ブレンダン・グリーソン )を発見する。ドナルドはこの土地に勝手に住み着いている為、マンション建設計画の妨げになっており、嫌がらせを受けていた。見知らぬ男に襲われたドナルドを助けた事で、ドナルドと交流を持つようになったエミリーであった。
頑固でぶっきらぼうだが、素直で繊細なドナルドと接していくうちに、エミリーはドナルドに魅かれていく。そしてドナルドもエミリーに魅かれていく。
距離を近づけていくエミリーとドナルドだったが、ドナルドの大切な小屋を壊されるという嫌がらせをされる。
エミリーとドナルドは、裁判にて17年間森に小屋を建てて住んでいる事を理由に、土地の所有権をうったえる。裁判で所有権を勝ち取りたいなら、小屋が12年以上あることを証明しなければならなかった。一見ドナルドが不利にも思われたが、同時ドナルドの小屋作りを手伝った男を証言台に立たせ、見事証明してみせた。ドナルドは、裁判に勝ったのだ。
元の小屋生活に戻ったドナルドは平穏に暮らしていたが、エミリーはマンションを売り残ったお金で新居を見つけて暮らしたかった。しかしドナルドは小屋を離れる気はなく、二人は喧嘩別れしてしまう。
エミリーは、家にあるものをオークションにかけ、マンションを出て新しい家に越していく。
ある日、エミリーの家のすぐそばの川に、一艘の船がやって来る。船の上にはドナルドの小屋が乗っている。ドナルドは所有権を手に入れた土地と船を交換してエミリーに会いに来たのだった。

見どころとしては、高齢になった男女の恋愛と、生き方である。自由な暮らしと幸せについて考えさせられる映画である。
自分を見つめなおし、本当の自分と幸せを手にいれたのはエミリーだけではなく、頑固でぶっきらぼうなドナルドも、エミリーと出会った事で変化していく。
老いの問題やお金の問題、ご近所付き合いや老後の生活の不安などを重たくなりそうなテーマをコミカルに描いた映画である。

『ロンドン、人生はじめます』のあらすじ・ストーリー

エミリーの日常

ボランティアをしている店に向かうエミリー

ロンドン郊外の高級住宅地ハムステッドの、高級マンションに住むエミリー(ダイアン・キートン)は、雷の音で目を覚ます。外は雨が降っており、ベットルームからキッチンに向かうと天井から雨漏りしている。エミリーは雨の雫が落ちる場所に鉢植えを置き、部屋を出ていく。
エミリーは未亡人になっても、特に仕事もしておらずチャリティーの店でボランティアとして店番をしていた。マンションのコンシェルジュから渡される手紙は、いつも請求書でありエミリーの悩みの一つであった。
店の前でデモ活動をしている青年エリックと挨拶を交わし、いつもの様に店番をしているエミリーだった。
程なくして、幼い娘を連れた若い母親が店に入って来る。娘には犬の様にリードが付いており、母親はリードをエミリーに渡すと試着室に入っていく。娘はハンガーにかかっている洋服を次々と床に投げ散らかし始めた。エミリーは困り果て、リードを柱にくくりつけていると試着室から出て来た母親がそれを見て、「くくりつけるなんて酷い」と激怒して店を出て行ってしまう。

店の閉店後、エミリーは同じマンションのマダムたちの会議に出席していた。議題はマンションの老朽化に備えて修繕費を集めると言う事だった。マダムたちのリーダー格であるフィオナ(レスリー・マンヴィル)が提示した修繕費はエミリーにとってはかなりの高額であった。フィオナから「屋根は大丈夫か」と聞かれたが、これ以上お金がかかると思うと雨漏りの件は言い出せず問題ないふりをした。
会議のテーマはもう一つあった。自分たちの住むマンションの目の前には、広い森があり、その奥には長年廃墟となっているへイルトン病院があった。廃病院は、新たに高級マンションに建て替える計画があり、それを支持しようというのである。「気味の悪いボロボロの廃病院を完全に処分しましょう」というフィオナだったが、フィオナの夫ローリー(ブライアン・プロザーロー)はマンション建設計画に関わっていた。
会議が終わり、帰ろうとするエミリーにフィオナは声をかけ、エミリーに知人の男性を紹介すると言う。エミリーはフィオナのお節介にうんざりしながらも、なんとかその場を切り抜けるのだった。

ドナルドとの出会い

本を読んでいるドナルド

廃病院の立つ森に、手作りの小屋を建てて暮らすドナルド(ブレンダン・グリーソン)の元に、立ち退き要求書を持った男ローランズ(ウィル・スミス)が訪ねて来る。男は「この土地はブレヴォン社の物だ」と言い、二か月前から連絡しても返事がない為ドナルドの小屋を訪ねて来たのだと言う。しかしドナルドは聞く耳を持たず、ローランズを追い返すのだった。
一歩、エミリーは息子のフィリップ(ジェームズ・ノートン )と回転寿司屋で食事をしていた。フィリップは、エミリーの経済状況を心配していた。エミリーの亡くなった夫は金銭管理に長けていたが、エミリーはお金の問題が深刻な状況にも関わらず、見ないふりをして逃げてばかりであった。フィリップは新しい仕事のオファーで外国に行くことを決めていた為、エミリーの行く末が不安だったのだ。フィリップから、「母さんも変わらないと」と言われたものの、「何のスキルも持っておらず何もできないのに、何の仕事があるのだ」とフィリップに言うエミリーだった。
マンションに戻ったエミリーは、家にある物を売ろうと屋根裏に置いてある段ボールを探る。段ボールの中から古い双眼鏡を見つけたエミリーは窓から森を眺めていた。すると池で水浴びをしているドナルドを発見した。エミリーがドナルドの様子を見ていると、フィオナの友人で会計士のジェームズ(ジェイソン・ワトキンス)から電話がかかって来る。エミリーは借金問題もあって、「ジェームズに相談したい」と言うとジェームズは「レストランで明日相談を聞く」と言うのであった。電話を切った後も森を見ていたエミリーは、手作りの小屋に入っていくドナルドをみつけるのだった。

翌日、エミリーはレストランでジェームズと食事をしながら、借金問題についての相談をしていた。ジェームズは親身になって相談に乗ってくれるが、それはエミリーへの好意の気持ちからであった。エミリーにその気はないが、今後相談に乗ってもらわなくてはならない為、はっきりした態度がとれないのだった。
マンションに戻ったエミリーは、屋根裏から双眼鏡で小屋を見ていた。すると、ドナルドに襲い掛かる男の姿を目撃する。慌てて警察に電話をかけたエミリーであった。

翌日、マンションの階段を降りるとフィオナや他のマダムたちがエミリーを待ち構えていた。フィオナはエミリーを捕まえると、「今から皆で携帯基地局建設反対の署名運動をする」と言うのだった。マンションの近くに新たに携帯の基地局ができるからであった。無理やり参加させられるエミリーだったが、全く署名が集まらない。ふと、昨夜のドナルドの事件を思い出し気になって森に入っていくエミリーだった。エミリーはドナルドの小屋に行くが、誰も居なかった。小屋の周りには、野菜や植物が沢山植えられていた。そこで立ち退き要求書を見つけてしまうエミリーだった。
小屋からの帰りに、亡き夫の墓に寄ったエミリーは墓に向かって夫の浮気や借金を責め、墓に花や靴を投げつけた。墓地でドナルドの姿を見つけたエミリーはドナルドに携帯の基地局反対の署名をしてもらおうと話しかけるが、ドナルドは自分をこの土地から追い出そうとしている署名だと勘違いして嫌な顔をしながら、ぶっきらぼうに話すのであった。誤解が解けてからも感じの悪いドナルドとつい言い合いになったエミリーだったが、昨日ドナルドが襲われているのを見て、警察に電話したのは自分だと言う。そこで自分が双眼鏡を使って屋根裏からドナルドを覗いていたことがバレてしまう。しかし、ドナルドはエミリーが覗いていた事をとがめる訳でもなく、警察に電話してくれたことへの感謝の言葉を口にした。二人は握手をして別れるのであった。
マンションに戻ると、フィオナが待ち構えていたかの様にやって来る。急に署名運動中にエミリーが居なくなったからである。しかし、フィオナが聞きたかったのはジェームズとの事だった。更にいつものお節介で、「エミリーの修繕費の負担分を払っておいた」と言うのだ。しかしそれにもフィオナの思惑があり、もし修繕費の件で自分にお礼がしたいなら高級マンションの建設計画に賛同して欲しいと言う事であった。エミリーは、廃病院の周りの自然が美しかったことや、フィオナの夫が建設に関わっている事を理由に迷っている事をフィオナに伝えた。
エミリーは気まずい雰囲気でフィオナと別れた後、屋根裏に行き双眼鏡でドナルドの小屋を見る。小屋の屋根に「エミリー、明日の7時にここで夕食を」と書かれていたのであった。

近づくエミリーとドナルド

夕食を共にするエミリー(左)とドナルド(右)

ドナルドから夕食の誘いがあった日、エミリーはボランティアを終わらせると前々から欲しかったベレー帽を買い、それを被ってドナルドの元へ向かった。
小屋に行くと、ドアに書置きがあり裏には地図が書いてあった。地図を頼りに指定の場所に行くとドナルドが釣りをしていた。エミリーとドナルドは今夜の夕食の為の魚を釣り、小屋へと戻った。小屋の中には本や植物、ベッドに暖炉代わりのオーブンなど何でも揃っており快適で、素適な部屋であった。
エミリーとドナルドは外で食事をして、楽しく会話をしていた。エミリーはドナルドが襲われた事や、立ち退きを迫られている事うを心配し、何故何もせずに放っておくのかと尋ねる。しかしドナルドに逆にエミリー自身は何をしているのかと聞かれる。優柔不断で問題を先送りにし、好きじゃない友だちといて仕事をしていない事を恥じ、人生の目的を忘れている事をドナルドに言い当てられるエミリー。「君を知りたいが、中身がない」とドナルドに言われてしまい、痛い所をつかれたエミリーは怒って帰ってしまう。帰り際ドナルドが、雨になるからここで待機した方がいいと言うのを無視して帰ったエミリーは土砂降りの雨に打たれ、マンションに戻った。扉にはフィオナからの手紙が貼ってあり、中身は高級マンション建設計画への署名を求めるものだった。

翌朝、エミリーはエリックに手伝ってもらい小屋を守ろうというビラを作る。ドナルドの小屋を守る計画が始まり、町中にビラを貼ったりSNSで呼びかけたりした。この作戦は大成功で、ビラやSNSを見た若者やマスコミが森に集まり、ドナルドの小屋を守る運動が勝手に行われていた。それを見たドナルドは激怒し集まった人たちは勿論、エミリーの助けさえもいらないと突っぱねた。戦わなければ此処に住み続けれないと言うエミリーと、放っておいて欲しいドナルドは言い争いになる。
マンションに帰ったエミリーは、コンシェルジュから届け物の花束を渡される。差出人はジェームズであり、今夜会おうと言うメッセージカードが添えられていた。
その夜、エミリーはジェームズと夕食を共にしていた。ジェームズは好意を持つエミリーを旅行に誘ったり、エミリーの手を握ったりした。相変わらずはっきりとは断れないままのエミリーだった。
マンションに帰り、屋根裏からまたドナルドの小屋を見ると「7時にカールの所で。この前は悪かった」と屋根に書いてあった。ドナルドの小屋のすぐ傍にはエミリーの亡き夫の眠る墓地があり、そこには哲学者であるカール・マルクスの墓もある。カールとは何のことが初めはわからなかったエミリーだったが、墓地に建つカール・マルクスの墓を思い出したのだった。

翌朝、カール・マルクスの墓の前で待つドナルドの元にエミリーがやって来る。昨日のエミリーに対する態度を謝ったドナルドは、エミリーをピクニックに誘う。楽しく会話をしていたエミリーとドナルドだったが、小屋の話になると、助けを拒むドナルドだった。しかし、立ち退きの件で出廷命令が来ている事を知ったエミリーは、本気で家を守りたいかとドナルドに聞いた。守りたいがどうすればいいかわからないドナルドを、弁護士事務所に連れて行くことにしたエミリーは、ドナルドに小綺麗な格好をさせて弁護士事務所に向かった。
弁護士は、頼りにならなそうな大雑把でがさつな男である。弁護士の男からアドバイスを受けるドナルドだったが、直ぐに感情的になってしまう。弁護士曰く、「小屋が12年はあると証明する必要がある」と言われ、尚且つ「礼儀正しく賢くいかなければ負ける」と言われてしまうのであった。
弁護士に相談した後小屋に戻ると小屋が壊されており、板には出ていけと書かれている。エミリーは茫然としているドナルドを自分のマンションに連れて行く。エミリーが目を離した隙にドナルドは屋根裏に上がり、双眼鏡で外を眺めていた。やがて屋根裏にドナルドを探してやって来たエミリーは、屋根裏のベッドでドナルドと一夜を共にするのであった。

誕生日

エミリーのサプライズパーティーでウクレレ演奏するジェームズ(中央)

一夜を共にしたエミリーとドナルドは、朝同じベッドで目覚める。ドナルドは、エミリーに「このマンションは君には似合わない、君のではなく誰か他人の人生みたいだ」と言う。優柔不断で嫌な事から逃げ、偽りの友人に囲まれるエミリーに、中身や芯がないようにエミリーの住むこのマンション自体も高級だが中身がないということである。エミリーは多くの時間を無駄にしたことを後悔したが、ドナルドはやり直せばいいと優しい言葉をかけるのであった。
エミリーはドナルドの為に朝食を作り、ドナルドはバスルームで浴槽につかっていた。そこにフィリップが突然現れる。バスルームからおどけて出て来たドナルドは、フィリップと鉢合わせしてしまい気まずい雰囲気が流れる。フィリップは挨拶もそこそこに、逃げる様に部屋を出て行った。
その後小屋に戻ったドナルドを訪ねてやって来たエミリーは、エリックが壊れた小屋をドナルドと一緒に直しているのを目にする。あれだけ他人からの助けを拒んできたドナルドだったが、エリックの助けを借りていたのである。エミリーも小屋の修理に力を貸し、前より素適な小屋に仕上がるのだった。小屋の修理が終わったドナルドとエリック、エミリーは池に行く。ドナルドはアイルランドで産まれ、父親は小さな農場をしていたが、ヘマをして手放すことになった。その後母親が亡くなって、放浪の旅に出てロンドンでヴァレリーという女性と出会い恋に落ちた。しかしヴァレリーが癌になり精神的に疲れたドナルドはヴァレリーの元を去った事をエミリーに話すのだった。寂しそうに話をするドナルドにエミリーは、部屋の鍵を渡し「ご馳走を作るから今夜来て」と言うのだった。
エミリーが部屋を開けると、マンションの住人たちが部屋の中におり、エミリーのお誕生日のサプライズパーティーを開いてくれていた。そしてジェームズのウクレレ演奏の余興と、ハグや突然のキスに驚くエミリーだったが、今夜ドナルドとの食事の約束があるエミリーは早く皆に帰って欲しいのであった。しかし、皆の前でスピーチして欲しいと促され、皆に今日のお礼を言った後ドナルドとの事を話そうと決め「恋人ができた」と皆の前で発表したのだった。恋人とは自分の事を言っているのだと勘違いしたジェームズは喜ぶが、はっきりとドナルドであると言おうとした瞬間、屋根裏にドナルドが侵入したと騒ぎになる。ジェームズや住人たちは屋根裏に行き、ドナルドを見つけ不審者を見るような嫌な顔をした。ドナルドに話をしようとするエミリーをジェームズは遮り、エミリーをダーリンと呼ぶのであった。皆にはっきりと説明できずにいるエミリーを見て、その場を去るドナルドだった。ドナルドが去った後エミリーは住人たちに、ドナルドとの事を告白するのであった。
エミリーはドナルドを追いかけたが、ドナルドはジェームズがエミリーをダーリンと呼んでいたことに、嫉妬し傷ついていた。エミリーはお金の問題でジェームズに相談に乗ってもらっていたこともあり、好意を無碍にできず、気を持たせてしまった事をドナルドに謝る。ドナルドは「なにより一番辛かったのは、エミリーが自分といて恥ずかしそうにしたことだ」と言ったが、エミリーは「私は自分が恥ずかしかったの」と言う。エミリーが恥ずかしかったのはドナルドと恋人同士になった事ではなく、ドナルドにジェームズの事や偽りの友人たちの事で、自分がどう思われるかという事である。そしてそんな自分の今の姿を恥ずかしく思ったのであった。その事をエミリーはドナルドに伝えると、二人は仲直りをするのであった。

裁判の日

バスに乗るエミリー(左)とドナルド(右)

エミリーと、ドナルドは一回目の審判の日を迎え裁判所に向っていた。裁判所の前はドナルドを応援するために集まった人々と、マスコミが押し寄せていた。エミリーとドナルドは手を繋ぎ、裁判所へ入って行った。
裁判所にはマンションの住人たちの姿もあった。しかし、マンションの住人たちは、ドナルドがあの場所に住み始めたのはごく最近だと嘘の証言をするのだった。一方ドナルド側は17年あの場所に住んでいる事を主張したが、ブレヴォン社の弁護士スティーブ(アリスター・ペトリ)は「土地を使用していたのなら17年分の地方税を支払う義務がある」と言ってくる。ドナルドはスティーブに「自家発電や自給自足の生活をしている為食品ロスもゴミを出さず、運転をしないから二酸化炭素も排出しない」と言った。更にスティーブ程税金の世話にはなっていないと付け加えるのであった。いい感じで裁判は進んでいたが、ドナルドはスティーブにホームレス呼ばわりされた事で腹を立て思わず感情的になってしまう。人目を避けて来たから他人が長年住んできたことを知ってる筈はない。ドナルドは「他人からどう思われてもいいが、あの家を大切に思う気持ちは皆が家を大切に思う気持ちと変わらない」とうったえた。しかし17年住んでいる証拠がない為、裁判官(サイモン・キャロウ)は一旦休廷にし、裁判を明日に持ち込むことにしたのだった。
エミリーとドナルドは小屋に戻ったが、思うように裁判が進まずドナルドはすっかりと弱気になってしまっていた。エミリーはふと、以前ドナルドから聞いた暖炉がわりに使っている壊れたオーブンの話を思い出した。壊れたオーブンを貰った時、小屋のある場所まで運んでもらい小屋作りを手伝ってもらっていたのだ。早速エミリーとドナルドは、オーブンを譲ってくれたファイフ(フィリップ・ディビス)に証言してもらうために会いに行くのだった。

翌日裁判所では、昨日の続きが行われており証言台にはファイフが立っていた。終始不機嫌なファイフは当時、捨てた家具を拾っているドナルドを見つけてオーブンを運んだことを話す。ドナルドが小屋を作っていた為親切心で手伝ったにも関わらず、ドナルドは口うるさく文句を言いそれに腹が立ち、気が散って左の中指に釘を打ち付けてしまった事も話した。そして小屋の場所は廃病院の敷地内であったと証言した。
不動産会社側の弁護士スティーブは、ファイフに「なぜわざわざホームレスを手伝ったのか」と疑問を投げかけた。ファイフは「以前は自分もホームレスだったことがあったからドナルドを助けた」と答えるのであった。
そしてファイフは証拠として、中指に釘を打ち付けた日の病院の救急外来の医療記録を提出した。医療記録には日付や治療内容、怪我の理由などが書かれており、此れが決め手となりドナルドは土地に対する絶対的所有権を手に入れたのであった。

二人の行く末

小屋付きの船に乗るエミリー(右)とドナルド(左)

土地の所有権を勝ち取ったドナルドは、エミリーと穏やかな日々を過ごしていた。しかし、この先の二人の行方が気になるエミリーは「家を売って借金を返したら、残ったお金で新しい家に住もう」とドナルドを誘った。しかしドナルドは今の小屋を離れるつもりはなく、「エミリーも小屋で暮らせばいい」と言う。エミリーとドナルドの意見は噛み合わず平行線なまま、ドナルドはエミリーに酷い言葉を言い、しまいには「帰ってくれ」とエミリーを拒絶してしまう。

翌朝、家の物をオークションにかけているエミリーとフィリップ。家の中が空っぽになり心もすっきりした様子のエミリーであった。
エミリーはフィオナの所へ行き、借りていた修繕費を返し「嘘の人生を捨てる」とフィオナに言い、エミリーをいつも友だち呼ばわりするフィオナに自分の友達ではない事をはっきりと伝えた。
息子の車に乗ったエミリーは、新しい家に引っ越していく。
緑に囲まれた新しい家で、人生をスタートさせたエミリーは生き生きしていた。庭先で食事をしていると、ラジオからドナルドが所有地を売り大金を手にして、20歳も年下の女性と南フランスへ行ったと流れていた。

ある日、家の近くの池に奇妙な船がやって来るのを見かけたエミリー。船が気になるものの飼っている鶏のクロードが突然走り出してしまい、エミリーは慌てて鶏を追いかける。すると船から降りて来たドナルドが鶏を捕まえて、エミリーに鶏を手渡す。エミリーは鶏を受け取るとその場を足早に立ち去ろうとするのだった。「恋人とフランスじゃないのか」と尋ねるエミリーにドナルドは、誰かが流した噂だと誤解を解くのだった。ドナルドは土地と船を交換し、船の上に住んでいた小屋をそのまま乗せてエミリーに会いに来たのだ。「何故ここに来たのか」と尋ねるエミリーに、「愛してると伝えたかった」と言うドナルドであった。
エミリーはドナルドの船に乗って、楽しそうに話しをするのであった。

『ロンドン、人生はじめます』の登場人物・キャラクター

エミリー・ウォルターズ(演:ダイアン・キートン)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

チア・アップ!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『チア・アップ!』とは、2020年7月に公開されたハートフル・コメディである。余命が短いことを知った70代前半のマーサは長年住み慣れたニューヨークを去る。静かな余生を楽しむつもりで南部のバージニア州にあるシニアタウンに引っ越した。予想外の友情に恵まれたマーサは、高校時代に挫折したチアリーダーへの夢を叶えることを決意する。病魔と闘いながらかけがえのない絆で結ばれた仲間と全米チア・ダンスコンテストに挑戦する。その姿は老いに屈しない強い精神力への賛歌であり、長寿社会を生き抜くアイコンとなった。

Read Article

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』とは、2014年に製作されたアメリカのコメディドラマ映画である。 監督はリチャード・ロンクレイン。 カ―ヴァ―夫妻は、ニューヨークブルックリンの眺めのいいアパートメントの五階で、40年暮らしていた。 妻ルースの悩みは、アパートメントにはエレベーターがないことであった。夫婦共に歳を取り、階段の上り下りも楽ではなかった。ルースは思い切って長年住んだ部屋を売りに出すことにした。戸惑う夫アレックスを余所に売却の話はどんどん進むのであった。

Read Article

目次 - Contents